第3回 ピーナッツ・ホリディ


1962年(昭和37年)6月1日〜8日




 出演者

 ザ・ピーナッツ 伊藤エミ 伊藤ユミ
 飯田久彦
   *
 鹿内タカシ
 園 まり
 伊東ゆかり
   *
 中島 潤
 クレージィ・キャッツ
 ハ ナ  肇
 谷     啓
 犬 塚  弘
 安 田  伸
 桜 井  センリ
 石 橋  瑛太郎
 植 木  等
 渡辺晋とシックスジョーズ
 スマイリー小原とスカイライナース
 日劇ダンシングチーム
 東宝混声合唱団
 日劇オーケストラ
 指揮 多 忠修
 スタッフ
 構成演出・・・・日高 仁
 振   付・・・・竹部玲子・竹部 薫
 音   楽・・・・宮川  泰・林   一
 装   置・・・・小林雍夫
 衣   装・・・・吉村倭一
 照   明・・・・村井嘉兵衛
 舞台監督・・・・広田康男
 製   作・・・・池田豊和
 制作補・・・・・・鈴木 勲
第3回の「ピーナッツ・ホリディ」のプログラムを見ると、出演者に若い人が増えて、第2回までの内容と比較するとより「アイドル志向」というか、にぎやかなお祭という雰囲気がします。
別に不真面目というわけではありませんけど、第1回目は実にまじめなプログラムを組んでいたように思えるんですね。うまく言葉で表現できないんですが、きちんとした作り方だと感じました。
それに引き換え第3回ともなると、今でいうゴールデン・シックスティーズの真っ只中の楽しさいっぱいのショウだったような気がします。
私は個人的にはオチャラケではないまじめなピーナッツが好きなので、(決して不真面目ではなく、いつもまじめな取り組みをしていたと思いますが)きちんと稽古を重ねて、最高の舞台を見せてくれたであろうこの舞台も素晴らしいものだったと思います。よくいわれることですが、アドリブのきかない、どちらかというと不器用な二人であったという事もそれがあったからこそ、観客に最高のものを見せたいという気持ちから、稽古に時間をかけていたんでしょうね。

出演者の中では、5月にデビューしたばかりの園まりがこの大舞台に出てますね。シングル盤として8月に発売される「マッシュ・ポテト」を披露しています。
■第一景 ハロー!ピーナッツです

演奏 スマイリー小原とスカイライナース
○振りむかないで(ザ・ピーナッツ)
○ローマの恋(ザ・ピーナッツ)
○二人は幸せ(ザ・ピーナッツ)

■第二景 若さと唄が一ぱい!
 
○花咲く街角(飯田久彦)
○悲しきクラウン(伊東ゆかり)
○アップ・レイジー・リバー(鹿内タカシ)
○ヴォラーレ(ザ・ピーナッツ)

■第三景 ラテン・タッチ

○ヴァイヤ・コン・ディオス(ザ・ピーナッツ)
○チュンガ(おたかい男)(北村昇平)
○クワンド・クワンド・クワンド(中島 潤)

■第4景 マッシュ・ポテト紹介

○マッシュ・ポテト(園 まり)

■第五景 私と私?

○寸劇
 社長令嬢     伊藤エミ
 新入女子社員  伊藤ユミ
 社長        ハナ 肇
 社員        植木 等
  =@        谷   啓
  =@        犬塚 弘
  =@        石橋瑛太郎
  =@        安田 伸
  =@        桜井センリ
 青年        中島 潤
○私と私(ザ・ピーナッツ)
○はい!それまで(植木 等/クレージィ・キャッツ)   

■第六景 幸福のシッポ

○寸劇(第五景と同じ出演者)
○赤坂小唄(中島 潤)
○幸福のシッポ(ザ・ピーナッツ)

■第七景 タカシは歌う

○人間狩り(鹿内タカシ)

■第八景 シックス・ジョーズと一緒に

○バンド・プレイ(渡辺晋とシックス・ジョーズ)
○大人になりたい(伊東ゆかり)
○トゥナイト(中島 潤)
○トランジスター・シスター(飯田久彦)
○モスコーの夜は更けて(ザ・ピーナッツ)
○グッド・ラック・チャーム(ザ・ピーナッツ)

■第九景 チャールストン時代

○クレージィ・キャッツ
○ザ・ピーナッツ

■第十景 唄のカレイド・スコープ!

演奏 スマイリー小原とスカイライナース
○ミュージック・ミュージック・ミュージック(音楽 宮川 泰)
  ザ・ピーナッツ/中島 潤/鹿内タカシ/伊東ゆかり/園 まり  
○コーヒー・デート(飯田久彦)
○新五万節(クレージィ・キャッツ)
○夕焼けトランペット(ザ・ピーナッツ)
○アニーヴァー・サリー・ソング(ザ・ピーナッツ)
○フィナーレ/ピーナッツ・ヴェンダー(音楽 林 一)
 ザ・ピーナッツ/出演者全員  

(なお、表記についてはプログラムそのままにしました)  
★掲載にあたり、映画の宣伝(女性自身/藤山陽子主演と、どぶ鼠作戦/加山雄三主演)のページ、および日劇ダンシングチームの活動便りのページを割愛させていただきました。

★ピーナッツ・ホリディの次の公演は佐川ミツオ主演の「若者よ恋をしよう/歌う佐川ミツオ」と題されたステージ・ショウで、特別ゲストに柳家金五楼を迎え清原タケシ、平野こうじ、田代みどり、伊藤アイコなどが出演するショウで、こちらも楽しそうなものですね。
 
★インファントの住人さん所有のザ・ピーナッツ後援会会報にこの時の舞台観劇記が載っていますので、あわせてここに掲載します。
第三回ピーナッツ・ホリディ観劇記・・・・・岡田 清輝

■第一景 ハロー・ピーナッツです
おなじみスカイラーナースの演奏で幕があがると、ハート型のブランコにのったピーナッツが「ピーナッツ・ベンダー」を歌いながら降りてくる。そして日劇ダンシング・チームの踊りをバックに「ふりむかないで」「ローマの恋」「二人は幸せ」を歌う。

■第二景 若さと唄が一ぱい!
飯田久彦、伊東ゆかり、鹿内タカシがそれぞれ一曲ずつ歌い、ピーナッツが最後に「ボラーレ」を歌う。

■第三景 ラテン・タッチ
チュンガ(おたかい男)という踊りを北秋昇平以下日劇ダンシング・チームがはなやかに踊りまくる。そして中島潤が一曲歌う。

第四景 マッシュ・ポテト紹介
新しい踊りマッシュ・ポテトの群舞で、園まりが歌う。

■第五景 私と私
コント、配役は社長令嬢(エミ)新入女子社員(ユミ)社長(ハナ肇)社員(クレージィ・キャッツ)青年(中島潤)。
社長令嬢のエミちゃんには好きな青年がいたが、ガンコ社長が結婚を許してくれないので家出をしてしまう。
そこで社長に娘を探してくれと頼まれた社員は、新入社員のユミちゃんが令嬢にそっくりなので、社員を令嬢に仕立てて、いろいろとイザコザが結局はハッピーエンドになるというもの。
最後に二人で新曲「私と私」を歌う。
植木も新曲「ハイそれまで」を歌う。

■第六景 幸福のシッポ
コントの続きで、中島潤の歌と、ピーナッツは新曲「幸福のシッポ」を歌う。

■第七景 タカシは歌う
人間狩り 鹿内タカシ

第八景 ジョーズと一緒に
シックス・ジョーズの演奏で伊東ゆかり、中島潤、飯田久彦が一曲ずつ歌い、最後にピーナッツが新曲「グッド・ラック・チャーム」を歌う。

■第九景 チャールストン時代
クレージィが女装して珍妙な踊りで笑わせる。
ピーナッツは新調のイカス衣装、ビーズでキラキラ輝くスラックス・スタイルで「ミュージック・ミュージック・ミュージック」を歌いながら踊る。

■第十景 唄のカレイド・スコープ
演奏はスマイリー小原とスカイライナース、ピーナッツは今度は頭に金ピカの冠、念願のイブニング・ドレス、優雅なスタイル、日劇ダンシング・チームの群舞も最高潮、飯田久彦が「コーソー・デート」を歌い、ピーナッツは新曲「夕焼けトランペット」を歌う。そしてパレードに移り「ふりむかないで」の次に「悲しき16才」「キサス・キサス」「情熱の花」「スクスク」の四曲を歌いまくり、出演者全員が登場して、はなやかなフィナーレとなって幕が降りる・・・。

 
★以上が実際に舞台を見た人の報告でした。
プログラムに印刷されていた内容と実際には少し違っていたようで、このことはファンからのお便りコーナーでも指摘されていて、プログラム通りの曲目を演奏して(歌って)欲しかった、という意見もありました。

★鹿内タカシの歌う「人間狩り」というのはどんな歌だったのか聴いてみたい歌であります。
「人間狩り」というとピーターの曲を思い出しますけど、ここで歌われたものは鹿内タカシのシングルが出ているんですね。
調べたらトニー・ダララがオリジナルと云うことで、だとすればイタリアの曲ですね。
★日劇でのピーナッツ・ホリディも数えて3回目となり、ピーナッツの表情にも余裕が感じられ、歌い踊る姿が実に楽しそうです。

オープニングのブランコに乗って降りてくる様なんかは本当に可愛らしく綺麗ですよね。こんな舞台を間近で見られた人は幸せです。

第九景のチャールストン時代の衣装なんかは今見ても古くなくかっこいい衣装だと思いますよね。このころからセンスがどんどん良くなっていったのか、素敵になっていきました。

容姿もそれまでのどちらかと言うとポッチャリからスマートに変身していきましたね。

プログラムには印刷されていない、第十景のピーナッツのヒット・パレードはやっぱり必要だと思い急遽加えられたのかな。たしかに曲目を一通り見ると、ピーナッツ・ホリディなのにピーナッツのヒット曲が少ないような気もしますものね。
そしてピーナッツのテーマソングである「ピーナッツ・ヴェンダー」はやっぱりオープニングでは欠かせないものだったんですね。後期のショーなどではあまり歌わなくなっていたようなので、実際に歌っていたのか気になっていたことのひとつでした。

このころのピーナッツは新しいことをどんどん吸収して、歌に踊りに芝居にと次々に挑戦していた頃で何をやっても成果が表れて、向かう所敵なしという時代だったと私は思っているんですけど、昭和36年にマンネリが囁かれて伸び悩んだと言われていましたよね。どういうことだったのかよくわかりません。今から思うとどこがマンネリだったのか。このあたりの事を知ってる方はまた、聞かせてください。

プロフィールへ戻る