新・掲示板だよ、ピーナッツ!
2001年12月12日〜2002年1月12日
(ページの一番下から古い順です)

ラスト・コンサート 投稿者:フラッシュ 投稿日:2002/01/12(Sat) 03:13 No.645  

はじめまして!
僕は、現在24歳で、ザ・ピーナッツの現役時代をリアルタイムでは
全く知りません。母がとても好きで、幼い頃、
よくレコードを繰り返し聴いていました。

それで、最近、念願のラスト・コンサートのCDを入手しました!
本当に後半は、歌うのがやっと、という感じでしたね。
でも、全体的に、「これが最後」という緊迫感が漂っていて、
何となく、寂しさを感じます・・・。
1曲目からとちっちゃったりして、
そうそう、僕は、初めて、ピーナッツが話しているのを聞きました。
今までは、歌っている声だけだったので。
このアルバムの中では、やはり「情熱の砂漠」が一番好きですね。
「ローマの雨」も好きなのですが、このライブでの
歌い方が、いまいち好きになれません。
けど、本当に、スーパースターの引退公演なのに、
ノーカットじゃないということが、納得いきません。
山口百恵やキャンディーズは、完全収録されているものが、
出ているにも関わらず・・・。
こんなにカットされていては、物足りなさを感じますよね。
ただ、ずっとずっと気になっていた引退公演を、
今日、やっと聴くことが出来て、本当に本当に嬉しかったです。
また、新たなピーナッツを発見した感じがします。
こんな生々しい歌声は初めてなので!
テレビでさえ、あまり歌っているところを見たことがないので。

ラストコンサートがビデオになればいいのになぁ・・・。


Re: ラスト・コンサート ラ星 - 2002/01/12(Sat) 06:57 No.647  


フラッシュ さん、はじめまして!そして、ようこそ!!!
熱い思い、しっかり読ませていただきました。
多分、いろんな方が返事をしてくださると思いますよ。
僕は、もう朝なので寝ます。ははは。では!


Re: ラスト・コンサート みえち - 2002/01/12(Sat) 07:03 No.648


フラッシュさん♪
はじめまして、私の24歳で現役時代のピーナッツは
知らないのですがピーナッツ病にかかるくらい好きです。
そして、私も「情熱の砂漠」大好きです(^―^) ニコリ♪
私もラストコンサートの完全版のCD
そしてDVDを夢見ております。\(⌒▽⌒)/


Re: ラスト・コンサート みえち - 2002/01/12(Sat) 07:06 No.649


朝からあせってフラッシュさんに
>はじめまして、私の24歳で現役時代のピーナッツは
>知らないのですがピーナッツ病にかかるくらい好きです。
って書いてしまいました。
はじめまして、私も24歳で現役時代のピーナッツは
知らないのですがピーナッツ病にかかるくらい好きです。
が正しいです。ぺこ <(_ _)>
これから出勤☆行って来ます〜(⌒0⌒)/ ̄ ̄ ̄


Re: ラスト・コンサート インファントの祈願犬 - 2002/01/12(Sat) 18:54 No.650  


モニュメント(ラスト・ライブ)発売日:1996/10/23 キング KICS-8083

このCDを入手されたのですか? よく売ってましたね〜。
プライベートな喜怒哀楽を茶の間のお客様に見せなかったザ・ピーナッツさん達と
しては本当に異例の記録です。(ご本人たちにしてみれば不本意な面もあるかな?)
実は私もどぎっとしたのが、あの初っぱなのトチリのフォロー・コメントなんです。
ザ・ピーナッツさんたちのコントは沢山あってもトークというのは少ないんです。
だから単発ショーでは25曲くらい歌いまっくてしまうわけで大変だったと思う。
気のきいたおしゃべりや台本外のアドリブは出来ない方達だと思ってました。

でも、あの挨拶はなかなかのものじゃないですか、意外や意外でしたね。
引退されてから気づくこっちも相当お間抜けなんですが、そういう意味も含めて、
私達の世代はリアルに見てたから、全てを知っているということはないのですよ。
余計なものは見せなかったから何にもわかってなかったんだな〜と思いましたね。
それがザ・ピーナッツさん達の生き方、美学なんでしょうね。
ところで、このステージでのポップス・メロディーの超絶さは必聴。圧倒的ですね。
宮川先生とピーナッツだから出来る至芸じゃないかしら。ギネスブックもんだよ。
ソースがある筈だから、DVDにしてノーカットで視聴したいなあ!!!!!!!


Re: ラスト・コンサート ウシオ - 2002/01/12(Sat) 19:40 No.651


フラッシュさん

24歳ですか・・・。
お母様の影響でピーナッツを聴き始めた、とのこと。
なんと素晴らしいお母様!

> 「ローマの雨」も好きなのですが、このライブでの
> 歌い方が、いまいち好きになれません。

確かに、オリジナルの歌い方とライブでの歌い方が違うのって、なんとなく気持ちが悪いですよね。
ただ、変化する過程において、二通りあると思うんです。

ひとつは、長年歌ううちに歌手が自分の歌いやすいように、変化させてしまうこと。
もうひとつは、オリジナルより完成された形で披露するために、より良いものに作り変えていこうとすること。

ピーナッツの場合は、まさに後者だったのではないでしょうか。
二人がキャリアを重ねて、「ローマの雨」を成長させたんだと思います。そして、二人がプロとしてその時点での最高の歌を観客に聴かせるための歌唱法だったのではないでしょうか。
そう思いながら聴いてみると、また違った感想がでてくるかもしれませんよ。

そうそう、キャンディーズ好きの友人から聞いた話なんですが、キャンディーズのラストライブは完全版ではないんだそうです。完全版はトータルで4時間(!)にも及ぶそうですが、キャンディーズ自ら完全版の発売にNGを出したとのこと。
51曲も歌って、中には出来が悪かったものもあり、それを発売するのを拒んだ、という説もあるんだそうです。

僕も、ピーナッツラストライブの完全版を強く希望!


Re: ラスト・コンサート アンカートトロ - 2002/01/12(Sat) 20:12 No.652


フラッシュさんようこそ、よろしくお願いします。

ラストライブはねえ、ファンとしては完全盤を望むところなんですけど
いろんな権利関係とかがあって、ゲストの所はカットせざるをえなかったりとか大変みたいですね。

こないだキングレコードのホームページを見てたらこんな事やってました。

◆こんなCD欲しかった。アイデア募集企画スタート!!
というので、自分が企画プロデューサーになって
こんなCDを作ったらどうかと言うものです。
ここにみんなで「ザ・ピーナッツ・ラストライブ」を企画したらどうかな。
アドレスは
http://www.kingrecords.co.jp/
です。
実は僕はもうある企画を投稿しました。(それは秘密♪)
もちろんピーナッツのものです。



愛への祈り  #020 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2001/12/30(Sun) 20:22 No.582  

♪愛への祈り   1968.06 <恋のロンドのB面>
   作詞:橋本淳 作曲・編曲:すぎやまこういち 
   演奏:レオン・サンフォニエット

この曲、好きです。どうせピーナッツの歌なら全部好きなんだけどね。(苦笑)
どう好きなのか、といいますと。これ気品があるからなんです。趣味がいいんだ。
電気ベース(死語か?)のブン・ブブンという音をもし抜いたらクラシック調です。
どこか「花の首飾り」に似ている雰囲気がとってもチャーミングです。
すぎやまこういちさんはクラシックが大好きな方だと思います。(全く推測ですが)
そういう方でないとこの優雅で繊細で古典芸術の香り漂う編曲はあり得ませんから。

ピーナッツの歌と声音が、これがまたぴったりとムードに寄り添っている。
他の歌手でも味が出るような曲ではなくて、ピーナッツだけの世界だと思います。
これを聴いていると「リボンの騎士」のサファイア姫が眼に浮かんできます。
男とか女という生臭い言葉は出てこないプラトニックな純愛の世界なんです。
サファイア姫の子供は双子でしたね。あとで「双子の騎士」という漫画になった。
こういうのを宝塚歌劇でなぜやらないのかなあ?
帝国華撃団でやってもいいなあ(こら、またアニメ・オタクな事、書くな:謝)

今でこそ、ザ・ピーナッツはどこが素晴らしくって、何がそんなにいいのかなんて
冷静に分析したりしてますけど、15歳のインファント少年には「愛」優先だった。
ただ可愛いピーナッツが好き。そこには理屈など何もないんだ。
30センチの小美人に恋をしてしまったんだから、そこには性を超越した愛があった。
ピーナッツの歌が、その歌詞が、自分のピーナッツを思う気持ちとシンクロするのだ。
女性が男性を思う立場の歌なのに、こっちが女性になったかのように感情移入出来る。
そこには男も女もないんだな。不思議に男の作詞家が書いてても違和感なんかない。

アンカーさんも私と一緒で芸能活動だけを評価し、讃えているだけじゃないと思う。
確実に「愛」してるんだと思う。相手に何も求めない、という崇高の愛をね。
だから、ここはピーナッツへの「愛の博覧会」のバーチャル会場でもあるんだ。
無関心層から見れば、無価値なことをやってる、と言われるかも知れません。
でもそういう方は、何が価値あることなのか自問自答するべきだと思うのです。
ザ・ピーナッツ源泉の隠れ流行語は「ホリディ」「バカンス」があると思います。
これが、ザ・ピーナッツからの心の贈り物なんです。癒される愛のお返しですよ。

機械にだって「愛機」があります。新しい愛人のスピーカーが我が家に来ました。
1947年設計の旧愛機は「愛への祈り」を素晴らしく、それは上品に奏でました。
だから心配でした。最近の若いスピーカーにこの格調が出せるものなのか?
でも杞憂でした。ウィーン・フィルがフィラデルフィアに変わったような感じがあり、
ちょっと華麗になっちゃったけど、一緒に音楽を楽しむお友達になれそうです。
面白いことに現代のCDがとっても良く聴こえる。
以前のは打ち込み音楽なんて全然冴えない風にしか聴けなかった。楽しめなかった。
いわば、ザ・ピーナッツ(古い録音)専用機みたいなもんだったんだな。

いろいろ聴いてて、気づいたんだ。
今の女性歌手の歌って倍音成分が強いよ。基音が弱い。録音の傾向・流行なのかも?。
録音自体がドンシャリなんだ。(迷い猫さんにしか通じないオーディオ隠語:笑)
すなわち中音が張り出さない。ちょうどSP盤とは逆の現象。人声の温もりがない。
ザ・ピーナッツって一般的には高い声がよく出るという印象があるようなんだけれど
実際にはそうじゃない。中低音がしっかりしているんです。エネルギーも凄いんだ。
恐らく現役の頃、多少の電気的増幅系や音響特性の悪いホールでコンサートやっても
彼女らの声は遠くまで届いたと思う。そうでなければ歌手になれなかった時代かも。


Re: 愛への祈り  #020 アンカー - 2001/12/31(Mon) 08:57 No.588


この歌は元々「恋のロンドのB面」という意識しかなくそれほど聴いていませんでした。
でも数年前に発売されたビデオ「P−ナッツ」で歌っている映像を見てから
「恋のロンド」と同じくらい好きになっていたんですねぇ。
インファントさんがおっしゃっるように
◆気品があるからなんです。趣味がいいんだ。
◆他の歌手でも味が出るような曲ではなくて、ピーナッツだけの世界だと思います。
◆男とか女という生臭い言葉は出てこないプラトニックな純愛の世界なんです。
こんなところでしょうか。
普通こう言う歌を歌うと白々しく聞こえたりしがちですが
ピーナッツの歌はそれを感じさせないまさにピーナッツの世界なんですね。
他にもいっぱいあるヒット性のない歌を次々にたくさん作っていった
スタッフ側の純粋な音楽に対する姿勢と言うものが、今の音楽界にはなく
自分たちのイメージした曲を歌ってくれるのはピーナッツしかいない、
という状況だったんじゃないかと思えるくらい、聴いててもピーナッツに
よくあっていると思います。
当然ヒットしないものが多いけど。
昔はA面ばっかり、あるいはヒットしたものばかりしか聴かなかったけど
CD「シングルス」が出てからB面もまとめて聴く事が出きるようになったので
よく聴くようになって、あらためて再認識しています。

>インファントさん

新しいスピーカーも家具のような大きいものですか?


Re: 愛への祈り  #020 インファントの小型犬 - 2001/12/31(Mon) 12:01 No.596  


家具のような(笑)ものは、もう買えません。以前の愛機の仲間はこちら、

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4518/sub1.htm

今度のはこちら、サイズもお値段もコンパクトでしょう?

http://www.bose.co.jp/product_cat/464.html


Re: 愛への祈り  #020 ラ星 - 2002/01/12(Sat) 06:44 No.646  


インファントさん、ピーナッツ・シリーズにしばらくレスしなくて、すみません。さてこの曲、去年初めて聴いた時は、あまり印象に残らなかったのです。いえ、こういう曲が嫌いなのでは、ありません。

1968年、ザ・タイガースの「花の首飾り」にぞっこんだった13歳の僕は、同時に「なぜこんな夢見るような甘い歌にばかり心を奪われるのだろう」というジレンマにとらわれていました。自分が現実の何かから逃げようとしているのではないかという不安、なにか自分の中の女性性がふくらんで行くような、こんなことをしていちゃイケナイんじゃないかという思い。ま、そのどれもこれもが紛れもない自分なのだという心の決着を一応つけるまでに、その後10年ほどかかるのですが。(実際、これが僕にとっては大問題。「哀愁のヴァレンティーノ」にどっぷりはまったり、「男と女の世界」では♪男は誰 あなたよ と軽く突き放された気がして、かえってピーナッツに感謝したりで、大変な年月でした。ぐはは。)

しかしホントは決着など、生きている限り、つかないのでしょう。今日この曲を聴いた時も、ふと「甘い歌に心を許すまい」な〜んて思ってしまいました。長い前置きでしたが、どっと心を許して(?)聴いてみると・・・・・

前奏でジャランとチェレスタ(ハープシコード)が鳴ったのを受けて、お、ハープですねえ。京平さんだったら、そのままチェレスタで続けるのでしょうが。バロックふうなのを、ベースが現代的(当時)にしています。ピーナッツの秘めやかな歌声。♪まごころ のなんという切なさ。サビは、宮川さんならもっとドーンと盛り上げていくのでしょうが、すぎやまさん、成る程とても上品です。

間奏、素晴らしい!少女趣味的演奏に陥っていないのがいいですねえ。(脱線しますが、先日のNHK杯フィギュア・スケートで優勝した旧ソビエトあたりの女性選手、数年前は、なにやら「ねえ、おじさん、アタシの大切な物、見たい?」ってな感じの演技で、目を背けたくなったものです。今回はかなり、技術と大らかさに裏付けられた艶やかな演技になっていました。でも、“セクシー”ってのは、単に流し目を使う事ではないと思うんだけど。)

二番から後奏で面白いのが、右の高音ユミさんのバックに低いビオラ、左の低音エミさんのバックに高いバイオリンが付き、更に低いチェロが右奥で鳴っていることです。これはほんとにスリリング。歌、伴奏、それぞれの掛け合いが実にチャーミングで、手に汗握ってしまいました。そう、これが“セクシー”ってヤツじゃないでしょうか。(やっぱり、ちゃんと聴いてみるもんだ。)


クイズの正解です 投稿者:アンカー 投稿日:2002/01/07(Mon) 13:30 No.633

去年より一人多く回答をいただきました。
ヒゲ面のサムライたちがちょっと難しかったでしょうか。
中にはユニークな迷回答?もあって楽しかったです。
どうもありがとうございました。

(正解者も含めて)応募者が思ったより少なかったので
回答を寄せてくださった方全員に“みんなでスク・スク”お贈りします。
個別のメールはもうしばらくお待ち下さい。
順を追ってご連絡いたします。

今年も★PEANUTS HOLIDAY★をごひいきに。


そうだったのか… Tetsuroh - 2002/01/07(Mon) 21:38 No.634  


今回は諦めてしまいました〜
特に男性は全滅でした〜
グスン…ピー タロー サリーは
…だって今はおぢさんなんだもん〜
(失礼!人のふり見てですよね!!オロオロ…)



ラ星さんへのレス インファントの埼玉犬 - 2002/01/07(Mon) 22:28 No.636  


こっちに書くよ〜

> なになに、ヒントは、“忘れ物を届けてくれる方”? トトロみたいだなあ。
> あ゛っ !! そうかー、アンカーさんって、トトロだったのかー。

パロっただけなのに..もしかすると、これが真相かもしれないぞ〜。
オバケ仲間で青森魔境方面にいるUさんは「レトロ」で、古い歌を何でも知ってる。
小倉のAさんは「トロロ」で精力妖怪。パ○ツを干しておくと現われる伝承あり。
また迷い猫といういかにも妖しげな友人運転の猫バスで七国山病院に入院していた。
ザ・ピーナッツのユミさんの黒子はまっくろくろすけだった事を知っているらしい。
お年玉のCDは宅急便でキキが配達するようです。玄関前に箒の跡が残るはずです。
もしかするとそれは木の実で庭に植えると育って77曲CDになる? 木の実77?
(初仕事の後だというのに無駄に元気な犬だね〜)


11人中の4人より。 バクスター - 2002/01/07(Mon) 23:36 No.637


アンカーさん、皆さん、あけましておめでとうございます。
クイズの答あわせしました。ハズレまくり(笑)もしかして僕が最低点かも。
何かねぇI岸辺おさみM岸辺一徳って答えた自分に笑えました。
同一人物だったのねん。


Re: クイズの正解です みえち - 2002/01/08(Tue) 18:49 No.638


やった〜スクスク♪(^―^) ニコリ♪
クイズにはハラハラどきどきo(^o^o)(o^o^)o ワクワクでしたよ。
家族一致団結なんて久々です。
これもアンカーさんのおかげです。
ありがとうございます♪(^人^)感謝♪ 

先日、カラオケに「手編みの靴下」が入っていて感動しました。
\(⌒▽⌒)/
前にも書きましたっけ???( ・◇・)?(・◇・ )
最近、物覚えが悪くて・・・f(^-^; ポリポリ


Re: クイズの正解です ラ星 - 2002/01/09(Wed) 01:35 No.639  


こころやさしいトトロ・・・じゃなかった、アンカーさん、感謝です!
僕は字をいっぱい間違えたような気がします。(いやはや。)

インファントさん、もー、なんとレスしてよいのやら。(^^;
オバケ仲間にされてしまわれた方々、どうも、ご愁傷さまです。きゃはは。
今、便乗してお馬鹿なことを書きそうなのを、必死にこらえているんですよ!


Re: クイズの正解です アンカートトロ - 2002/01/11(Fri) 19:03 No.643


みなさん、クイズに参加して頂いてありがとうございました。
答えがわからず応募できなかった皆さん、ゴメンナサイ。
また次回面白そうな企画を考えます。

>みえちさん

>クイズにはハラハラどきどきo(^o^o)(o^o^)o ワクワクでしたよ。
>家族一致団結なんて久々です。

こんな風に楽しんでもらえて嬉しいです。
平成の家族の一家団欒に★ピーナッツ・ホリデー★!?

なお本日“みんなでスク・スク”発送しました。
楽しみにお待ち下さい。
その他の方で聴きたい方はご一報を。



Re: クイズの正解です ラ星 - 2002/01/12(Sat) 01:58 No.644  


アンカートトロさん(*^▽^*)今晩は!
“みんなでスク・スク”楽しみにしております。
本当に、業界じゅうでヒットを仕掛けたんですね。
なのに子供だった僕は、スクスクのスの字も知らなかった・・・。

えー、僕の方も、去年お約束した(もう、3ヶ月くらい前・・・) (^^;
全快お祝いを送らせていただきました。


青い麦  #022 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/01/10(Thu) 18:14 No.640  

♪青い麦    1968.12
   なかにし礼:作詞 すぎやまこういち:作曲 すぎやまこういち:編曲
   演奏:オールスターズ・レオン
 ピーナッツ・ゴールデン・デラックス《デビュー10周年記念盤》
 第4面 《ピーナッツ・ディスク・リサイタル》世界名作シリーズ 第2曲
 CD:恋するピーナッツ!〜Love You Peanuts〜

またまた「世界名作シリーズ」の曲ですので、シリーズ仕掛人のなかにし礼さんの
この曲の紹介文を先に引用します。
 コレット女史の作『青い麦』より。
 おとなの恋にあこがれるジェンカ。15才の少女の背伸びした無邪気な恋心を
 歌ってみました。
 すぎやまこういちの音楽は乙女心を思わせる繊細な揺れ動くようなモチーフで
 始まり、やがて小説の舞台である南仏ブルターニュ地方の明るい陽光の元へと
 移ってゆきます。

歌手はもちろん、作詞家、作曲家の代表作というものは大衆が決めるものですよね。
流行ったらそれが代表作であり、すぐに何らかの分類レーベルを貼りたがる。
音楽に限らずアートの世界は本来単純に何々派だとかに区別すべきではないと思う。
RPGの音楽大家というのはすぎやまこういちの一面なのであって全てではない。
誤解を覚悟で書くと、これは非常に教育水準の高い人が教養人向けに書いた曲である。
フーテンの寅さんが言うように「労働者諸君」である私に向いているものではない。
もし、これを加藤登紀子が歌ったとしたら永久に私が耳にすることはないだろう。

このシリーズの効用として、感性や感受性のレベルアップをした方が良さそうだな、
と自分に気づかせてくれた、という面があったと思う。
大好きなザ・ピーナッツのしていることが理解出来ない、こんなことでどうする。
恐らく作詞、作曲された方々が親しまれているであろうクラシック音楽。こういう
世界を難しそうだと敬遠していて一体何の良さがわかり、楽しむことが出来ようか?
そこで ♪一念発起でマネービル、は、坂本九でした。(金儲けしてどうする)
ちなみに私はこの悲しき60才を♪一年ボッキでマネービル..と歌ってたんですが
お袋が、そこはホッキだよと教えてくれて、いやはや、とんだ間違いに気づいた。
だって九ちゃんの歌、一念ボホッキ..って聴こえるんだよね。(爆)

え〜と、軌道修正しなきゃ..一念発起で勤め先の先輩にオペラとかクラシックとかの
愛好家が居られたので、僕もクラシックとかを聴いてみたいのだけど何を買ったら
いいのでしょうか?と聞いて、まずは三枚ほど買いました。
「展覧会の絵」「シェエラザード」「新世界より」の順で、好きになりました。
といっても直ぐにではなくって、いやになるのを随分と我慢して聴いてたんですが。
何が違和感があるかというとドラムが入っていない(笑)。これが大きいですね。
でも、これを聴き慣れるとマントバーニなどはむしろ親戚みたいで好きになる。
何のことはない、慣れだけの問題だったんです。
だけど語学はまるでダメだから外国語で歌われるのは苦手です。教養ないからダメ。

知らなかったのはこういう生オケのレコードは音の大小の幅が非常に大きいのです。
歌謡曲、ポップスのレコードは殆ど一定の音量で鳴るものが殆どだから別世界だ。
それと弦楽合奏がなまじの再生装置ではどうしてもそれらしく聴こえないんです。
だから私はオーディオに凝りに凝ったのですが先の音楽マニアの先輩は違った。
アンプをトランジスターのに変えても「音が明解になったし、直ぐ鳴るのがイイ」
とか「CDはいいね。煩わしくないし、すぐに音楽に浸れるところがいい」などと
意外な反応なので、へ〜とか感じてしまうのですが、真の音楽好きはそうなのかも。

(余談ですが:こればっかり:笑)
DVDでアニメを見るのに娘がいちいちiBOOKを持っていって繋ぐのが面倒そう
なのでDVDプレイヤーを買う事を検討していたのですが、今のCDプレイヤーも
ドリーム・ボックスが出た時に慌てて買ったので、そろそろ十年以上にもなります。
一昨日オーディオ誌を眺めていたら「デジタル機器で10年もしたら話にならない」
というようなことが書いてありまして、先日のスピーカーのダウングレード作戦が
期待以上に良かったので柳の下の二匹目のドジョウを狙ってSACDもかけられる
やつを今日ゲットしてきました。最新の機器はいい音がするだろうと思ってね。
ところが、がっかり、現行のSONY_X777ESの方が全然いいんだよ〜。あ〜あ。(泣)

もっと昔にCDの音をデモで聴いて、こんなもの聴けるか、と思ったんだけどね、
それよりはましだけど、その時の音を思い出させる輪郭強調の派手めの音だよ。
ひょっとしてSONY_X777ESが銘機なんかね〜。ま〜そんなことはないと思うんだ。
何がどう違うって、それは凄くはっきりしてるんだ。ザ・ピーナッツの声が違う。
深情けをかけられないんだもん。(これはどっかの借り物じゃない僕の表現だぞ)
ただ空虚に鳴られてはつまらないんだ。自分は誤魔化せないから辛いところです。
もちろん、DVDプレイヤーとしては画質も音質もパソコン接続の比ではないので
いいのだけど、それだけならば、もっと安価なものもあったのにな〜。(↓落込み)


Re: 青い麦  #022 みえち - 2002/01/10(Thu) 19:09 No.641


インファントの連載犬さん!!
>(余談ですが:こればっかり:笑)
>DVDでアニメを見るのに娘がいちいちiBOOKを
>持っていって繋ぐのが面倒そう
>なのでDVDプレイヤーを買う事を検討していたのですが
うちも今悩んでいるんです・・・。f(^-^; ポリポリ
私も父のiBookがないと見れないDVDに
面倒くさくなってきてしまって、購入を考えています。
インファントさん、iMacでDVDを見ていると
時々コマ送りみたいになりませんか???
σ(・_・)うちのiBookは時々あるんですよ。

今日、夢のシャボン玉ヒッツとナオミの夢の
アルバムを取り寄せてみました。
まだ在庫があるか連絡待ちでドキドキしております。
((○(^▽^)○)) ウキウキ


Re: 青い麦  #022 インファントのコマ犬 - 2002/01/10(Thu) 22:24 No.642  


> インファントさん、iMacでDVDを見ていると
> 時々コマ送りみたいになりませんか???

私のは娘のiBOOKよりも更にCPUの遅い(泣)時代のPowerMacG4 (AGP)なのです。
だからDVD作動中にマウスとか、どこかに触れると画面がモザイク模様になります。
安いメモリ買ってきて640MBまで増やしても同じでした。iBOOKでもなるみたいです。
やっぱり気分的にも専用機の方がいいみたいですね。(でも使わない機能が多いなあ)

> 今日、夢のシャボン玉ヒッツとナオミの夢の
> アルバムを取り寄せてみました。

みえちさん!! もう既に随分たくさん揃えましたよね。重篤のピーナッツ病ですね。
「チャリ〜ン」
聴こえましたか、お医者さんが匙投げた音が(笑)。でも命に別状ないからね〜。


クイズ難しい? 投稿者:アンカー 投稿日:2002/01/05(Sat) 17:13 No.622

イマイチ反応が少ないのでちっょとさみしい。
わからなくて間違ってるかもと思ってるアナタ、
間違ってても良いので答え送ってくださいねー。


Re: クイズちょっとだけ難しいよ 迷い猫 - 2002/01/05(Sat) 19:22 No.623  


そうですかぁ〜。
反応が少ないって事は、正解者もひょっとしてまだいないの?
応募の方もメチャ少ないって事なんだー。
ほんじゃー 迷回答(解答でない)でも送りますね〜。
違っていても笑っちゃ〜いかんよ! アンカーさん。
<ヒント>
昔々△□☆あゆみは、浜崎あゆみよりズーッと綺麗だった。
77ちゃんは、○×警部補役でTVドラマで活躍中!
あとは、教えない。



Re: どきどき みえち - 2002/01/05(Sat) 19:45 No.624


クイズ♪
難しかったけどヒントをいろいろ教えていただいたので
なんとか回答できました。
結果がドキドキですよ(〃∀〃;)


Re: 9番は誰なの? インファントの迷い犬 - 2002/01/05(Sat) 19:54 No.625  


私もさっき送りましたよ。(こんなの朝飯前じゃなくて、夕食前に)
9番だけがず〜とわかんなかったので、多分、これは不正解(泣)。
正月に妹に合ったら写真見せようと思ったけど体調不良で来なかった。
家内は当時、7歳だからわかるわけないし。迷宮入りで〜す。


Re: クイズ難しい? ラ星 - 2002/01/06(Sun) 07:08 No.626  


もう遅いけど、賀正!
クイズの締め切りが、迫っているのですね。
(僕も仕事の締め切りが・・・!働け!ひぃぃ。)

アンカーさん、7番の人のヒント、「小指」なの?
どうしよう、僕は「セニョリーナ」の人だとばっかり思って・・・。

迷い猫さん、77ちゃんって、誰!?

インファントさん、え、9番・・・?
なんだか自信がなくなってきました。
え?○ュ○ーじゃないの?

みえちさん、おぢさんも、ようわかりまへん。
今回は難しいわ。2番の人なんか、美空ひばりに見えてきちゃうし。
「とっとと、お帰りっ!」って言われそうっす。
そうなんですよ、目のあたりのくま取りで、ほくろが見えないでしょ。
こりゃ、あいまいな答えを出して、アンカーさんに泣きつくしかないな。
アンカーさんっ、うえ〜ん!(←違うだろ!)

でも、スクスクを20パターン集めちゃうアンカーさんって、一体、何物!?

一番上の写真の八人の名前を当てるほうが、よっぽど簡単かも。
(この写真、みんなの表情がてんでバラバラで、すげえ面白い。
ピーナッツとみちよさんだけ「ダンス習った人」ってのが歴然。)
と言いつつ、左奥の人、大形久仁子さんに見えちゃうんだけど。


Re: クイズ難しい? アンカー - 2002/01/06(Sun) 08:01 No.627


>ラ星さん

>と言いつつ、左奥の人、大形久仁子さんに見えちゃうんだけど。

左奥の人は岡田恭子と言う人です。
僕はこの人全然知りません。どう言う人だったのでしょうか。

それでは、引き続きクイズの答えお待ちしております。


Re: クイズ難しい? インファントの小物犬 - 2002/01/06(Sun) 09:33 No.628  


> え?○ュ○ーじゃないの?

顔は近いのだけど...特徴のホクロがない...息子? も意味がわかんない?
それで思考が袋小路へと.....
ラ星さん、今年もよろしくね。
昨日のトキワ荘のアーカイヴス見ましたか?

> 左奥の人は岡田恭子と言う人です。
> 僕はこの人全然知りません。どう言う人だったのでしょうか。

♪それはだあ〜れ それ はひみつ ひみつ ひみつ ひみつのアッコちゃん

 ↑みんな知ってるこの主題歌(第1期:1969.1.6←今日だね〜94話放映)
  を歌った方のようですね。
  先月の22日の「NHK家族で選ぶ日本の歌」でこれを歌ったのは、
  第2期(1988〜)でこの主題歌を歌った堀江美都子さんでした。

> スクスクを20パターン集めちゃうアンカーさんって、一体、何物!?

下記の中から正しいものを選べ(複数回答可:巣区素苦中学入試問題)。

1.大物 2.化け物 3.なま物 4.失せ物 5.見物 6.店屋物 7.お届け物

ヒント:忘れ物を届けてくれる方です。←いいコメントだ(自画自賛:笑)。


Re: クイズ難しい? ラ星 - 2002/01/07(Mon) 00:46 No.632  


インファントさん、

>...息子? も意味がわかんない?

この方の息子さん、もう二十歳近いのでしょうか。
まさか、ジャニーズ事務所に!?・・・そういう話でも・・・ないのかな。

>ラ星さん、今年もよろしくね。昨日のトキワ荘のアーカイヴス見ましたか?

こちらこそ、よろしくお願いいたします!
見ましたよ、トキワ荘!!!これだけの才能が一同に会したというのも驚きですが、
社会的な地位など関係無く、それぞれが必死にこだわって生きていらっしゃる、
それが胸を打ちました。しょうもないほどドラマチックでしたねえ。
中でも、赤塚不二夫さんの生き方に、ため息。真似できないけど。
今度は、ナベプロ物語なんて、だれかやってくれないかなあ。
ドキュメントでもドラマでもいいんだけど。
でも、なんだか落ち着いて観る自信、ないなあ。
(ん?民放で、やりましたっけ?)

>>スクスクを20パターン集めちゃうアンカーさんって、一体、何物!?
>下記の中から正しいものを選べ(複数回答可:巣区素苦中学入試問題)。
>1.大物 2.化け物 3.なま物 4.失せ物 5.見物 6.店屋物 7.お届け物

また難しい問題を! (^o^)
なになに、ヒントは、“忘れ物を届けてくれる方”? トトロみたいだなあ。
あ゛っ !! そうかー、アンカーさんって、トトロだったのかー。
さ、ぐっすり眠れるぞ。(←だめだめ、まだお仕事!)


今年もありがとうございました 投稿者:アンカー 投稿日:2001/12/31(Mon) 09:21 No.591

今年は例年になく思い出深い年になりました。
ホームページを通して新しい出会いも数多くありました。
また、9月のオフ会も思い出に残っています。
自分でもまさかオフ会をやるなんて思ってもいませんでした。
オフ会という言葉は他人事のように思っていました。
インターネットの力と言うか威力を感じた年でした。

いつも書き込みしてくださる皆さん、書きこみは苦手だけど
毎日のように覗いて下さる皆さん、ありがとうございます。

ザ・ピーナッツのファンは今も世界中にいると言う事を実感できる
幸せなひとときをこのホームページで感じる事ができ、嬉しいです。
これからもできる限り続けていければと思います。
みなさんの思いをこれからも綴ってください。
どうぞよろしくお願いします。


Re: 今年もありがとうございました インファントの出腹犬 - 2001/12/31(Mon) 10:42 No.595  


楽しかったオフ会、来年もまたやりたいですね〜。皆、ウンチク凄いもん(笑)。
今年は逢えなかったけど、他の常連さん達とも是非お話がしたいです。
ウシオさんは肩幅が広いらしいので一緒だと新幹線の座席が狭くなるかな?
私は腹幅が広いので凹凸がちょうどいいかも知れません。


Re: 今年もありがとうございました ウシオ - 2002/01/06(Sun) 22:42 No.629


> ウシオさんは肩幅が広いらしいので一緒だと新幹線の座席が狭くなるかな?

えっ、インファントさん、僕のためにグリーン車取ってくれるんですか?しかもお弁当つき!
新年早々いい話いただいちゃった〜っと。
・・・飛躍しすぎ。


Re: 今年もボケましておめでとう インファントの竜童犬 - 2002/01/06(Sun) 23:57 No.631  


グリーン車&お弁当? そんなこと書いたかな?
♪30年前なら覚えているが、数日前だとちとわかんねえなあ。
 あんたインファントの何なのさ。
 (年寄りというのは、こんなもんです。)
♪悪いが、他あたってくれないか?


やっと! 投稿者:Tetsuroh 投稿日:2001/12/28(Fri) 21:38 No.573  

キング創業70周年記念 ビッグスターシリーズ1500
やっと買うことが出ました。
ビンボー人の私にとって1500円はありがたい!


Re: やっと! ラ星 - 2001/12/29(Sat) 04:54 No.575  


しょっちゅう来ているのに、音源の情報にウトい、ラ星。
それって、やはり買わなきゃいけないものなの・・・?(よく解っていない。)


Re: やっと! アンカー - 2001/12/31(Mon) 09:01 No.589


これの最大の「買い」は1968年に出た2枚組アルバム
「ピーナッツ・ゴールデン・デラックス」にしか入っていない
新アレンジの「ウナ・セラ・ディ東京」が入っていることなのです。
僕は一番最初のシングルバージョンの「東京たそがれ」とこの時の
「ウナ・セラ・ディ東京」が一番好きだったので嬉しかったのですが
まあ、ここまで買うのはピーナッツき○がいの人だけでいいかもしれません。
でもこの「ウナ・セラ・ディ東京」良いよ〜♪


Re: やっと! インファントの黄昏犬 - 2001/12/31(Mon) 10:27 No.594  


宮川先生のアレンジでは普通の歌謡曲ではあまりやらない対位法裏旋律が多用される。
この再録バージョンではそれが特に際立ってます。
 ♪街はいつでも...のところからのストリングスの部分をピーナッツの歌に沿って、
  ハミングで歌ってみてください。
ほ〜ら、凄いですね〜。音楽ってやっぱりいいもんですねえ。


ねえ〜!!!いいねぇ〜 Tetsuroh - 2001/12/31(Mon) 18:05 No.597  


「ピーナッツ・ゴールデン・デラックス」の
「ウナ・セラ・ディ東京」実はこのCDではじめて聴きました!


Re: やっと!私も買っちゃった! みえち - 2002/01/04(Fri) 13:59 No.621


私も買っちゃった!!(^―^) ニコリ♪
それにしても可愛い花と情熱の花、
ウナ・セラ・ディ東京のアレンジいいですね〜♪
私、情熱の花にハマっています。
もちろんウナ・セラ・ディ東京も次にハマっていますよ♪
新☆堂を見てなくて
やっとたどり着いたタワーレコー○に売っていました。
見つけた瞬間(・_☆) キラーン っとしてしまいました。


降雪お見舞い 投稿者:インファントの樺太犬 投稿日:2002/01/03(Thu) 23:41 No.618  

ニュースでは名古屋にかなりの大雪が降られたようですが、もう降り止んだのでしょうか。
名古屋市内の状況を伝える記事では、
●1月としては1961年の19センチに次ぐ17センチの積雪を記録した。とか、
●1月の積雪としては1975年の15センチ以来、27年ぶりの大雪となった。
という風に表現されていました。
ウシオさんや、ラ星さんなら、雪のうちに入らん。と、笑われるかもしれませんが、
雪のある生活に慣れていないと私など、朝、凍結した道は恐くて恐くて..(笑)。

何気なく記事の降雪記録の年号を眺めているとどうということはないのですが、
1961年:モスラが作られたり、スクスクを歌った年だったんだなあ、とか、
1975年:ピーナッツさんが引退された年なんだなあ、と連想しちゃいます(爆)。


Re: 降雪お見舞い アンカー - 2002/01/04(Fri) 08:08 No.620


心配して頂き恐縮です。
前日の夜から降りはじめ、朝起きてみたらビックリギョーテン。
こんなに積ったのは初めての出来事です。
実家(岐阜の山奥)にいた頃は時々あったけど、名古屋市内ではね。
幸い市内の大きい道路では午後には雪も解けて普通に通れるようになってました。

それよりもインファントさん、

>1961年:モスラが作られたり、スクスクを歌った年だったんだなあ、とか、
>1975年:ピーナッツさんが引退された年なんだなあ、と連想しちゃいます(爆)。

かなり重症です。(笑)私同じ(爆)


あけましておめでとうございますー! 投稿者:Tetsuroh 投稿日:2002/01/03(Thu) 00:38 No.613  

アンカー先生、インファント先生、ラ星先生、皆々様
あけましておめでとうございますー!
今年も仲良くしてください〜よろしくお願いいたします。

※去年と同様、クイズわかんないのがたくさんあって
頭抱えてますー


あけましたが、クイズが難しーい! 迷い猫 - 2002/01/03(Thu) 03:19 No.614  


アンカーさん
前回のアノ3名さんは、いったい誰だったのでしょうか?
 (どこかに解答あるのですか?)
今回の14名様は、半分ちょいまでは簡単だったのですが、
後の5人がなぁ〜。ウ〜ン!もうちょいと悩もーぅ。

HDD載せ変えて(容量UP)再インストールして、PCの内部の
ホコリを掃除したら・・・超高速マシーンによみがえりましたヨ。
  (それにしてもCPUクーラーファンが、スゴかった!)
ついでにケース用と電源用のファンもエアダスターで飛ばしてやった
ら静かになったし、その他ドライブ部分・基盤類も大掃除!
アホな事してたらスプレー使いすぎてカラになり、手が凍傷になった。
えらいこっちゃー とうしょう?
年末にレジストリのゴミ片付けしてたら、ストライキしてしもたので
ちょうどイイ時期でしたよー。
これでDVD−RAM/Rを迎える準備ができました。
+RWや−RWと迷っていましたが、やっぱりビデオカメラと共通
にしますワー。


Re: あけましたが、6行目からが難しーい! インファントの迷訳犬 - 2002/01/03(Thu) 04:51 No.615  


↑難解な南海ポリネシア猫言語で書かれているので中条博士に訳して頂きました。

円盤型外部記憶装置を大容量の物に交換して、それに基本的運用制御運転仕組商品
(通称「複数窓」とも言う)を再格納して、個人用電子計算機内部の埃を掃除したら
・・・超高速機械に蘇った。(それにしても中央処理装置冷却換気扇が、凄かった!)
ついでに匡体用と電源用の換気扇も空気噴射器で飛ばしてやったら静かになったし、
その他制御運転部分・基盤類も大掃除!
お馬鹿さんな事してたら圧縮空気収納缶使いすぎて空になり、手が凍傷になった。
大変なことになったよ〜。とうしょう?(これは意味不明:とうしょうもない)
年末に各種基本設定・初期設定の不要記述書類を片付けしてたら、主人無視自主中断
してしまったので、ちょうどイイ時期でしたよー。
これで光沢円盤型映像見たり作ったりとってもええぞ〜機を迎える準備ができました。他の光沢円盤型映像見たり作ったりとってもええぞ手段エミユミと迷っていましたが、
やっぱりビデオカメラと共通にしますワー。(これは翻訳せんでもわかるワー)

いっそうわかりにくくなったって! ♪まるで喜劇じゃないの〜


オールスター年忘れの答え アンカー - 2002/01/03(Thu) 08:53 No.616


書くの忘れてましたね。
もう写真無くなっちゃったけど、左から
小山ルミ、山本リンダ、あべ静江、ザ・ピーナッツ、でした。
何人かの皆さんの答えを合わせると正解が出てましたね。

新春企画の答えは、、、難しそうですね。
今回はすぐにわかっちゃうんじゃないかと思ってたけど・・・
5.6.7番の人は「キカンボ娘」と「ロンパールーム」と「小指」の方です。
ああー、ここまで言っちゃったー。
もうヒント無しね。
では頑張って回答送って頂戴ませ。


Re: あの・・・・。 みえち - 2002/01/03(Thu) 19:39 No.617


今回のクイズ難しいですよ〜(^_^;
あの・・・実に言いにくいのですが・・・
クイズの最初のお二人♪
もちろん、お二人あわせてのお名前はわかるのですが・・。
どちらがどちらか?!わからないです〜。ヾ(>y<;)ノうわぁぁ
帰って頂戴ねって言わないでね〜〜〜〜〜〜〜!!「(≧ロ≦)


お年賀CDありがとうございま〜す!? 迷い猫 - 2002/01/04(Fri) 05:01 No.619


あぁ〜 アンカーさん!
ほとんど「答え」言ってるじゃないですか〜。
あそこは、スリーグレイセスで考える方が凡人なんですが・・・?
(全く似てないですけど・・・)
お年賀のCDが不足するぅー・・・えっ!正解者全員にくれるの?
じゃー許す。(でも アレから忙しくて進展してない)
みえちさんといっしょで、@とAの位置が定かでないよ(悩む)。
あららっ!私も帰って頂戴っておっしゃるのですか〜?(グッスン)

>インファントさーん ほとんど奇々怪々な翻訳で、よけいに
頭プッツン(脳みそ硬直)になりそうです。
一昨日夜から名古屋もそうですが、こちらもめちゃくちゃ気温
が下がってきて、外へ行くともう動脈硬化起こしそうな・・・
「老猫」には、危険すぎますよー。(マイナス1℃)
やっぱりピーナッツ・ホリデーのクイズを考えながら、こたつで
ミカン喰って丸くなり「ガメラのTV」見るのが一番ですよぉ〜。
(現在テレビ愛知で放映中)
暖かいおしるこの素と渡辺ジュースの素(粉末)を湯で溶いて・・
お酒飲めない「迷い猫」にはコレ一番也。

>♪まるで喜劇じゃないの〜
あっちこっちで、それとなく嬉しくなるような書き込み・・・
うひょひょひょ! お心遣いサンキュー!!です。
さすが 大先輩!これで暖かくなってきたよ。
坊主の足元に敷くギリシャ産の代理石をプレゼントしますよ。
あーっと アレは、専用脚があったのですね?じゃー不必要。
名古屋まで持っていっても新幹線で持ち歩くと、おそらく家まで
帰れない重量だから・・・やめときます。(腰いわすしー)


  


#021 謹賀新年 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/01/03(Thu) 00:32 No.612  

♪愛を求めて   #021
 WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE 
  詩/曲:B.Bacharach,H.David  編曲:クニ・河内 
  演奏:オールスターズ・レオン (コーラス)フォー・メイツ
LP:フィーリン・グッド<ピーナッツの新しい世界>(初出)
 SIDE 1 ■バート・バカラックとザ・ピーナッツ:3曲目

この歌を、このLP(CD)を、サブタイトルの<ピーナッツの新しい世界>を
意識化しないでいきなり聴くと、びっくりしてしまいます。
「うちのステレオ壊れたんじゃないのか?」そう思っても不思議じゃないですね。
だって左チャンネルからしかピーナッツの歌声が流れないんだからさ!
従来の歌謡曲やポップス愛好家からは、これはないだろう、と怒られそうな手法。
でも自称オーディオマニアだった私は狂喜乱舞。「やったぜ、ベイビー」でした。

メインボーカルを片寄せにしちゃうというのは溝を刻むには厳しい条件じゃないのか
と思いましたが、問題など無く仕上がってました。勿論、CDなら無障害ですよね。
ピーナッツのLPは理由はわかりませんが、30センチ盤になると飛躍的に盤質が
向上したと思います。25センチLPはどうも不安定でビリつく感じがしてました。
だから、この頃の音質は勿論グッドでとても素晴らしかった。

さて、肝心の歌なんですが。やはりLPアルバム全体として表現が行われているので
一曲だけを云々というのも妙なことになります。全部聴いてみようとしか言えない。
とにかく、この類いは得意中の得意なわけでして、聴かなきゃソンソン。
加えて、NEW DIMENSION OF THE PEANUTSなわけでして、新世界どころか新次元なの。
こういうのが入っていなくて何故<ザ・ピーナッツ全曲集>なんて名前のCD出すの?
商品の表示に関して、今、最も適正化がなされていないのがこの音楽産業だろうね。

今や音響機材なんかは特別な質を望まなければ割と安価に揃えられる時代になったし、
いきなりアルバムデビューなんかも出来るし、ありきたりなのかも知れないけれど、
当時、このような実験的なLPを作るのはスタッフの目的達成意識が凄かったと思う。
とにかく跳んでてカッコイイんだ。こういうのを芸術といったらおかしいかい?
こういうと誤解を招くけど、下手なオリジナルより、これが、ザ・ピーナッツなんだ。
これこそが、ザ・ピーナッツの真骨頂だ。と高らかに宣言したい。

ここからが矛盾するんだけど、仮にこのLP(CD)一枚しか買わないとするとですね。
それもまたザ・ピーナッツが可哀そうな気もするんです。
例えばこのジャケット。LPなら写真が大きいからまだしも、部品化してるよ(笑)。
以前にも書いたことだけどピーナッツはデザインのパーツになってるわけなんだよね。
実際、中身の音楽でもそういう扱いであって、それが効果的で斬新さに繋がっている。
それまで沢山の主役をジャケットでも楽曲でもこなしているからこれでいいのだ。

脱線するけど、昨年末のNHK紅白を見ていて、つい思ったことなんで書きますが、
Kiroroさんの衣装があれでは気の毒だなと感じてしまったんです。
普段着が持ち味であろうことは百も承知ですが、演出云々別に「女の子なんだもん」。
芸能人ではなくたって(普通は)一生一度はウエディングドレスを着たいでしょう。
晴れ舞台には晴れ姿ではないのかしら。毎年出れるとは限らないし。罪な事だと思う。
容姿とか似合うとか関係なく女性ならば誰でも松田聖子みたいな恰好をしてみたいと
思うものではないのでしょうか。たった一度でもその思い出は貴重じゃないかしら。

ザ・ピーナッツさん達は16回も紅白に出られたので、可愛い恰好や色っぽいのまで
ファッションショーのような華やかさを振りまいて女性冥利に尽きたと思います。
男のくせに何を馬鹿なこと書いてるんだ、脱線にも程がある。とは薄々感じますが、
このLPこそがピーナッツだとはいいながら、やっぱりシングルの歌やアイドル風の
ジャケットのレコードもあって、それからこれがあるという面も無視出来ないよね。

ということでピーナッツ愛慕犬は新年も相変わらずの寝ぼけ話シリーズを続けます。
あまりまともに読むと狂犬病が感染しますので、くれぐれも御注意ください。
今年は世界が、みんなが、明るく幸福でワンだふるな年でありますように...。


あけましておめでとうございます 投稿者:アンカー 投稿日:2002/01/01(Tue) 00:47 No.599

2002年の幕開けです〜!

今年も★ピーナッツ・ホリデー★どうぞよろしくお願いします。

紅白、何年ぶりかで全部見てしまいました。
ここ数年ちゃんと見てないのです。
なんだか良かったね。
すぐに無くなったけど番組の最初の頃の、
後ろにひな壇があったのも感激。


最後の安部アナウンサーの涙に思わずもらい泣き。
こう言う感動が良いですネ。


Re: あけましておめでとうございます インファントの正月犬 - 2002/01/01(Tue) 01:02 No.600  


> 紅白、何年ぶりかで全部見てしまいました。

偶然です。私も本当に久々に見ました。だからまだ起きてる(笑)。
思ってた以上に面白かったし、どこがいいのか判らん、という歌がなかったです。


Re: あけましておめでとうございます ウシオ - 2002/01/01(Tue) 02:34 No.602


宮川先生、今年も豪華2本タクトで「蛍の光」でした・・・。
大爆笑。
なんか、ほっとする紅白でした。
地味?と思っていた両アナもいい感じで司会してたし。

そのあと、「いろもん」という番組を見たんですけど、奇術の松旭斎すみえ師匠が出演してて、彼女が日本ではじめに「オリーブの首飾り」をマジックのBGMとして使用した、というエピソードが紹介されたんです。
それ以前は、その時々のヒット曲を使っていたんだそうですが、彼女が真っ先に挙げた曲が「ピーナッツさんの「情熱の花」。鼻歌入りでコメントしていましたよ。


Re: あけましておめでとうございます 迷い猫 - 2002/01/01(Tue) 04:23 No.603  


皆様 おめでとうございま〜す。
ア〜ァ!どっと疲れちゃったよ。
大晦日の深夜に約100km移動して 結局!!
他人宅にて年越えをしてしまいましたよ〜。(ミジメー)
 
>紅白、何年ぶりかで全部見てしまいました。
>ここ数年ちゃんと見てないのです。

アンカーさん すっご〜い!
    ・・・(小声で)けがの功名ですかぁ〜?
私は最終9時過ぎに書類ができて、それから4件走り廻って
いたので、サッパリ見られませんでした。
でも行き先のお宅は、全て紅白を見ていたので「松田聖子」
や「森 昌子」のワンシーンは見られましたよ。
皆さん あまり歳をとってないような・・・って感じ。
「ドリフターズ」のメドレーもチラリと・・・
コッチは、皆歳くったなぁ〜!
おっ! 早くもポストマンがやって来たぞー。
年賀状でも持ってこよーぅっと。
今年も脱線しちゃうだろうけれど よろしくネー!


Re: 左右対称:末広がりで目出度いナ インファントの正月犬 - 2002/01/01(Tue) 08:31 No.604  


今年は2002年で昭和77年? 左右対称の年であります。\(⌒▽⌒)/
すなわち、ザ・ピーナッツの年がやってまいりました。(そんなアホな)
あの左右対称マニアの宮川先生もニ本タクトを紅白で振ってましたね〜。
なにかいいことが起きそうな...門松だってニ本立ってるし。(毎年だ:笑)

紅白を観てから寝たせいか、ピーナッツが演歌歌手でカムバックした夢を見た。
いや、もしかすると、昨夜、こまどり姉妹を見たせいかも知れないな。
当然代表的ヒット曲「ソーラン渡り鳥」を歌うと思ってたし、期待通りだった。
あの息が合わないで歌うところが日本調の神髄だとか、昔も言われていたけど、
ちっとも変わらないところが良かった。(皮肉ではありません:笑)


Re: あけましておめでとうございます みえち - 2002/01/01(Tue) 10:26 No.605


あけましておめでとうございます\(⌒▽⌒)/
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

新春企画クイズで遊ぼうを年末から楽しみにしておりました☆
写真を見ているだけで幸せな気分になります。
がんばって答えますよ〜(^―^) ニコリ♪

Macユーザーの方♪インファントさん、
クイズの数字が(日)(月)(火)になっていますよね?
私だけかな?!( ・◇・)?(・◇・ )


Re: 化けましておめでとうございます インファントの翻訳犬 - 2002/01/01(Tue) 10:59 No.606  


> クイズの数字が(日)(月)(火)になっていますよね?

そうだよね、順番に並べると...
(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(祭)(祝)(自)(至)(代)(呼)(株)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
で、これは多分、マックでは、
・・・・・・・・・・・・・・ の装飾数字または、
・・・・・・・・・・・・・・ ではなかろうかと...

WINDOWS(DOS)のマシンでは、これらは何に見えるのかな?
クイズより面白いぞ。(会社へ行けばわかるんだが、お休みだあ)


Re: あけましておめでとうございます イソピヨ - 2002/01/01(Tue) 12:44 No.607  


アンカーさまお元気ですか?
去年はお互い色々ありましたけど、お会いできて嬉しかったです!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Re:あけましておめでとうございます 小倉の英 - 2002/01/01(Tue) 12:45 No.608  


 昨日は紅白見ないで「猪木軍VSK1」を見てました。
(^^;;;(最近紅白はVTRに取って後から見てます。)
この年末はバタバタしていました(^^;;;が、ようやく
ザ・ピーナッツのベストアルバムと新星堂の「ゴール
デン・ハーフ」と「ガール・グループ天国」という2
ヶ月程前に出たCDを買うことができました。中古レ
コードの方は、カテリーナ・ヴァレンテの「情熱の花」
(LED(T)-125・・・一番最初に出た盤?)1枚ぐらいし
か収穫がありませんでしたが、この3日間でゆっくり
と楽しみたいと思います。では、本年もどうぞよろし
く!(^^)/


Re: あけましておめでとうございます アンカー - 2002/01/01(Tue) 19:29 No.609


皆さん、書き込みありがとうございます。

>みえちさん、
>クイズの数字が(日)(月)(火)になっていますよね?

新年早々ご迷惑をおかけしております。
マック・ユーザーの方にはいつもすみません。
先程直してみましたので、「更新」ボタンなどをクリックして
最新の情報にしてみてください。


Re: ありがとうございます♪ みえち - 2002/01/01(Tue) 22:41 No.610


アンカーさん、ありがとうございます♪(^人^)感謝♪
ちゃんと見られましたよ♪(^―^) ニコリ♪

今、クイズとにらめっこしております。
がんばっておりますよ〜♪
φ(. ...)メモメモ ¢( °°)ノ°O o マチガエター
            ↑
こんな感じです。(爆)


Re: ありがとうございます♪2 インファントの小澤犬 - 2002/01/01(Tue) 23:00 No.611  


反主流派のためにお気を遣わせてしまって、どうもありがとうございます。
数字は殆ど見当ついてたんですけど(笑)、9番の彼がわかんないよ〜???
プリントして頭にマジック塗ってみたり(爆)もう大変..知恵熱が出そうです。

先程、ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートの生中継が終わりました。
ピーナッツ・ホリディには関係なさそうな話題ですが..日本人として初めてこの
コンサートの指揮台に立った小澤征爾さんの奥様がちと関係あるのです。
あのシャボン玉ホリディの元名物美人カバーガールだった入江美樹さんが客席で
聴いていましたよ。白い和服でね。ちらっと映っただけだけど懐かしかったな。
(こういう不純な動機でクラシック聴いてはいけないのかな?)
あ..とても素晴らしい演奏でしたよ。(本当にわかってるの???)


最近TVを観てわかったこと 投稿者:ウシオ 投稿日:2001/12/31(Mon) 04:00 No.583

1.宮川先生のアレンジにおけるサービス精神

「宇宙戦艦ヤマト」を聴いてて思ってたんですけど、あれこそ「あれもやりたい、これもやりたい」の宮川精神が息づいてる作品ではないか、と。
ピーナッツはそんな宮川先生から多くを学んで、ステージやレコーディングに活かしてたんじゃないでしょうか。
ピーナッツと宮川先生の間で「利害関係」ならぬ「理解者関係」が成り立っていたのかなあ。

2.ミエ&ゆかりさんのピーナッツカバー

やっぱり物足りない。
二人が歌う「恋のバカンス」聴いてて思ったんですけど、最後の
♪バ〜カ〜ン〜ス〜〜〜〜ウ〜〜〜ウ〜〜〜〜
の部分、ミエさんとゆかりさんの声質が違いすぎるから、シンクロしてないことに違和感を感じるんです。
他人の二人が歌うんですから、そんなことしょうがないことなんですけど、この部分であれだけ声を張り上げても、二人の声がぴったり重なったままエンディングに突き抜けていくあの「爽快感」がないんですよね。

と、取り留めのないことを書いてみました。
2002年もアンカーさんはじめ、みなさま、よろしくお願いいたします。


Re: 最近TVを観てわかったこと アンカー - 2001/12/31(Mon) 09:12 No.590


宮川先生って基本的にサービス精神旺盛な人なんでしょうね。
どうやったら聴いてくれる人が喜ぶか、をいつも考えてるんでしょうね。
時々飛ばしすぎて自分が一番目立ってるけど、それはご愛嬌で。


Re: 最近TVを観てわかったこと インファントの大和犬 - 2001/12/31(Mon) 10:14 No.592  


> 1.宮川先生のアレンジにおけるサービス精神

●こんなかっこいいイントロ空前絶後だと思います。歌謡曲が一段低く見られるのは
 前奏が始まってもまだぐじゃぐじゃしゃべってるアナの姿勢にあると思います。
 そういう意味で紅白なんかの構成も好きじゃない。前奏も音楽だと何故判らんのか!
●女声スキャットが入らなくては台無しですが、最近はちゃんと入れるので納得。
●電子音も必須! ピシュ〜〜♪銀河を離れイスカンダルへ..が正解。これもOKだ。
 NHKはこういうところはきちんとやるから感心する。
●ザ・ピーナッツ>宮川泰<ちあきなおみの姻戚構図の謎が知りたいな?
 「そして歌は誕生した」で「夜へ急ぐ人」の生誕の経緯をやってくれないかな。
 予備知識まったく無しで家内が紅白映像を先日観て、あれは凄い! と感心しきり。

> 2.ミエ&ゆかりさんのピーナッツカバー

●ピーナッツの歌真似は至難の技だと思います。音符が合ってればいいというものじゃ
 ないところがねえ。あのシンクロは異次元の境地なんで再現は無理だと思います。 そうかといって、別のいい味というのも出ないし...。
●同時に放映されたスリー・グレイセスの「ウナ・セラ・ディ東京」が興味深かった。
 三重奏だとこうなるのか、という点と、サビを静かに盛り上げたのが新鮮でした。
 ただ、こういう風に歌われるとピーナッツの歌じゃない気がして、♪とても淋しい。
●「さ」の欠落は懐かしのポップス番組には痛い所でしょう。
 坂本九とザ・ピーナッツが居ないのは、あまりにも空虚で時代が戻ってこないなあ。
 あ、こういうこと書くと自分で自分を寂しくしちゃう。♪お馬鹿さんなの私...。


小田急ピポーの電車(^^) 投稿者:くじら 投稿日:2001/12/30(Sun) 11:46 No.580

アンカーさま 
今年もたいへんお世話になりました。来年は元気になって、ぜひレコ買いツアーを決行しましょね(^^)

ところで、この間レコ友達とTELしてたら なんと「小田急ピポーの電車」のレコードをゲットしたそうです。
詳しい事はわからないのですが、キングの自主盤らしき番号で、シートではなく「レコード」だそうです。

コピーを送ってくれるように頼んでおきましたが、時間かかりそうです。情報入り次第連絡しますので、申し訳ないのですが 気長にお待ち下さい。(って云うか、もう存在知ってました?)

来年はなんとか明るい年になりますように(^^)ではでは…


Re: 小田急ピポーの電車(^^) アンカー - 2001/12/31(Mon) 08:40 No.587


こちらこそいろいろお世話になりました。感謝!
「小田急ピポーの電車」がレコードがあったことは知ってましたけど
現物を手に入れた人がいるなんてすごいなあ。

将来のための「ピーナッツ博物館」のために譲ってもらえないでしょうかネ^^;

もう何年も行ってないから東京も行きたいですね。
機会を作って是非行きましょう!よろしくお願いします。


見逃しちゃ〜後悔するよ! 投稿者:迷い猫 投稿日:2001/12/27(Thu) 04:04 No.553

年末のスペシャル番組は、毎度楽しみですね〜。
なかなか見ている時間無いけれど、忘れずにビデオだけはSETしてます。
映画のジャンルが減った分(ほとんど収録済み)幾分か楽になりました。
以下、音楽関連の推薦番組です。(詳細はURL)
@27日 NHK-BS2 午後9:10〜11:10 懐かしのフレンチ・ポップス大全集
(出演)シルビー・バルタン.アダモ.ブリジット・バルドー.ミッシェル・ポルナレフ他
A27日 NHK総合 深夜0・15〜1・35 スペシャル再「世紀を刻んだ歌」
イパネマの娘〜青春のメロディーの栄光と挫折〜
B28日 NHK-BS2 午後10:00〜深夜0:00 オールディーズがやって来るスペシャル
(出演)平尾昌晃.ミッキー・カーチス.山下敬二郎.中尾ミエ.森山加代子.田辺靖男.九重佑三子.
田代みどり.デューク・エイセス.守屋浩.ジェリー藤尾.エミー・ジャクソン.尾藤イサオ.
C28日 NHK総合 深夜0:15〜1:35 スペシャル再「世紀を刻んだ歌」
マンボNo.5〜流転する情熱のリズム〜
D29日 NHK-BS2 午後後5:00〜7:00.後7:30〜11:00 あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白
E29日 NHK総合 深夜0:15〜1:35 スペシャル再「世紀を刻んだ歌」
ヘイ・ジュード
〜革命のシンボルとなった名曲〜
F31日 NHK総合他 後7:30〜11:45 第52回 NHK紅白歌合戦
出演者・曲目(進行順)は、こちら↓を参考に。
http://www.nikkansports.com/news2/entert2/2001kouhaku/hyou.html
過去歴は、こちら↓に記載。
http://www.nikkansports.com/news2/entert2/2001kouhaku/history-menu.html
そう言えば、紅白歌合戦ってもう20年くらい見ていないなぁ〜。
録画は、確か昭和51年?分から保存してます。(βT・βU・VHS)
今「永遠のアイドル大全集」見てますが、なつかしいなぁ〜。
よく似た番組を民放でもやっているけれど、今やCMカットができない。
でも昔のビデオをたまに見ると、CMもなかなか面白いものだ。


Re: 見逃しちゃ〜後悔するよ! ラ星 - 2001/12/27(Thu) 21:40 No.563  


年末は特番が多くて大変。昨夜の「永遠のアイドル大全集」、
珍しいフィルムも出て来て、満足。でも橋幸夫さんの時代から、
しかもデュエットの部まで設けるなら、なぜピーナッツも出さないの!?
とテレビににじり寄ってしまいました。

録画したテープを溜め込みたくないので、つい他の事をしながら
見てしまうのですが、
今も、「シルヴィ・バルタン、めっちゃかわいいじゃん!」とか、
「フランソワーズ・アルディ、どんどん美しくなってる!」と、忙しい。
この後も、「ハリソン・フォード・インタビュー」や「イパネマの娘」があるし!
すごい!今、シルヴィの「レナウン娘」が出てる!!!


Re: 見逃しちゃ〜後悔するよ! インファントの陰謀犬 - 2001/12/27(Thu) 22:59 No.566  


> しかもデュエットの部まで設けるなら、なぜピーナッツも出さないの!?
> とテレビににじり寄ってしまいました。

私も見ていて思わずゾ〜としてしまいました。これは国家的、国際的陰謀ですぞ。
何か巨大なプロジェクトでの人類改造計画が密かに進んでいるんです。きっと。
その暗黒の計画にとって、ザ・ピーナッツの歌声は人類に愛を思い出させてしまい、
大変な障害になるのです。ザ・ピーナッツはこの世に存在しなかったことにしたい!
それが彼等の狙いです。このピーナッツ・ホリディも地下に潜らないとアブナイ。

既にキ●グレコードでは編曲者も判らない担当へと人事粛正が進んでいるようだし、
N●Kでは、昭和38年紅白を誤って放映した担当は青森支局にとばされたという。
「小美人」などとつぶやくと憲兵につかまってピーナッツの踏み絵をさせられるのだ。
最近ピーナッツの音声と画像だけを破壊するウイルスがメールで我が家に届けられた。
幸い、我が家はDOSではなくて、京都OSの「舞子どす」なので感染しなかった。
これからは暗号で書き込みしないと危険だ。⊇∋≡・∽・∨∂√МЮфЖ........〆


Re: 見逃しちゃ〜後悔するよ! ラ星 - 2001/12/28(Fri) 00:08 No.570  


>私も見ていて思わずゾ〜としてしまいました。

まったくです。司会が中尾ミエさんで、初代スパーク三人娘(ナベプロ三人娘。
最初、園まりさんは入っていなかった。)の写真まで出て来たというのに。

でもインファントさん、だ、大丈夫?僕は心配で心配で・・・
あ、「イパネマの娘」が始まる。じゃね!


懐かしのフレンチ・ポップス大全集はすごかった アンカー - 2001/12/28(Fri) 05:59 No.572


何がすごいって、シルヴィ・バルタンの「レナウンワンサカ娘」が出たこと。
これって権利の問題でたしか去年出たCDにも入らなかったんですよね?
しかもNHKで♪レーナウーン、レナウン レナウン レナウン娘が〜
なんて企業名までバッチリでて、今現在の彼女も♪ワンサカワンサ ワンサカワンサ〜
とサービスたっぷりで、驚きました。
しかし、フランソワーズ・アルディ、フランス・ギャル、シルヴィとみんな今のほうが
きれいになってたのにはビックリ!

男性人も普段めったに見られないエンリコ・マシアス
「恋心」「想い出のソレンツァーラ」など聴けたしついつい見入ってしまいました。
テープの関係で5倍録画したんだけど再放送あったら標準で入れ直そ。

ところで進行役のアナウンサーがフランスのカフェのような所から中継してた時に
画面のついたジューク・ボックスのような機会の事話してたけど、
ああいう昔の映像が見られる機械って、今もあるのかな?
日本にもあったら毎日通っちゃうぞ。
スポニチ芸能ニュースなんかは映像の宝庫だし。

ところで前日の「永遠のアイドル大全集」も面白かったけど
やっぱりザ・ピーナッツに関しては意識的にはずしたとしか思えませんでしたねー。
デュエット・ハーモニー部門で取り上げないのはおかしい。
ミエさんの「恋のシャロック」の振り付け講座も楽しかったです。


懐かしのフレンチ・ポップス大全集はすごかった  ラ星 - 2001/12/29(Sat) 04:49 No.574  


>エンリコ・マシアス

出掛けた先の近くに古レコード屋があったので入ってみると、
なんとエンリコ・マシアスの「わかっているよ(日本語版)」が!
欲しかったのだー。(一緒に由紀さんの「春の嵐」もゲット!幸せ。)

>画面のついたジューク・ボックスのような機械

あれは、本物!?トリックかと思ってしまいました。

>ミエさんの「恋のシャロック」の振り付け講座も楽しかったです。

以前、ウシオさんと会った時のこと。古い話で申し訳無いと思いつつ
僕が『ミエさんのマイ・ベストは、「恋のシャロック」。』と言ったら、
すかさず♪ハニー、ハニー・・・と歌い出したウシオさん。
僕より十幾つも年下なのに、なんでそんなによく知ってるの?


Re: 見逃しちゃ〜後悔するよ! ウシオ - 2001/12/31(Mon) 04:08 No.584


ビデオに録画して最初の5分くらいしか見てないんですけど、皆さんの感想見てると、なんかすごい番組そう・・・楽しみです。

ラ星さん

> 僕より十幾つも年下なのに、なんでそんなに
> よく知ってるの?

前世が、歌謡曲系のシングル盤を満載したジュークボックスだったんです(爆)。


Re: 見逃しちゃ〜後悔するよ! ラ星 - 2001/12/31(Mon) 06:39 No.586  


どっひゃー、ウシオさんも(迷い猫さん言うところの)フクロウ族ですか?
僕はこれから新幹線で青森へ向かいますよー。(連絡しなくてごめんね。)
吹雪で列車が止まるかもしれないから、食料を持って乗れって、家族に言われたよー。
青森って、日本じゃないみたいじゃん。

>前世が、歌謡曲系のシングル盤を満載したジュークボックスだったんです(爆)。

(そういえば、やたら肩幅が広かったよなあ・・・関係無いか。)
ひょっとして、来世も、じゃない?(^o^)/


教えてください 投稿者:アンカー 投稿日:2001/12/20(Thu) 17:33 No.519

最近、よく“サバービア”“オルガンバー”“モンド”などと言う言葉を目にするんですが
その意味がさっぱりわかりません。
関連項目と言う事で“ボサノバ”や“ソフトロック”
“ジャズボーカル”なんかも一緒に括られているみたいです。
ちょっと前までは2〜3000円で買えた60年代の中古レコードが
そのせいなのかわかりませんが一万円近くに跳ね上がってしまい
とても買えなくなってしまいました。
これってブームなのでしょうか?
どなたかこれらの言葉の意味と、その音楽について教えてください。


Re: 教えてください ラ星 - 2001/12/31(Mon) 06:15 No.585  


凝り性のラ星、いろいろ資料を集めてモンド・ミュージックについて調べてみました。

1962年に封切られたイタリア映画「世界残酷物語」は、嘘か誠か世界の奇習を集めた映画として大変な話題を呼びました。原題は「MONDO CANE」で、「犬の世界」とか「奇妙な世界」という意味だそうな。以降、怪しげなドキュメンタリー映画をアメリカで“モンド・ムーヴィー”と呼ぶようになりました。(「世界・・・」の主題歌「モア」は、アンディ・ウィリアムズの歌などでヒットした、とても美しい曲なのですが。)

1990年代に入って、日本のミュージシャン鈴木惣一郎氏が、自分のバック・グラウンドにある音楽、好みの音楽の総称として、「モンド・ミュージック」という言葉を用い始めます。風変わりで奇妙でエキゾチックな音楽。

一つのキーワードになるのが、「スペース・エイジ・バチェラー」。つまり、60〜70年代の気楽な独身男が、勝手に気に入った音楽で盛り上がる、といった感じ。
または、当時のFENで放送された音楽のほとんどがその範疇と言っても良さそう。FENといえば、「火星人襲来!」なんてアホくさいラジオ・ドラマを真面目にやってくれたかと思うと、がらっと変わってクラシックやハワイアン、カントリー、ラテン、ボサノバ、ジャズ、ソウル、ロック、ポップスなどをほとんどゴチャマゼに放送していました。(だから、僕も音楽のジャンルの飛び越えが、ほとんど苦にならない。)
で、その中の、“真面目にやってるんだけど、どこか本流からはずれている”とか“この、いかがわしさがたまらない”あるいは“(音楽要素や演奏法など様々なタイプの)ミス・マッチが絶妙(または変テコ)”といったことを楽しむ、それが「モンド」の世界・・・らしいのです。

B級映画主題歌、宇宙音楽、電子音楽、アシッド(これも定義が難しい)、テレビ主題歌、冗談音楽と、いきおい、そこに挙げられるのはほとんどヒットしなかった曲が多いのですが、単にカルトな音楽に片寄っていないのが面白いところ。

音楽のジャンルを越えて混沌と洗練を繰り返して行くジャズやポップス。洗練の極致のアカペラ・コーラス。ハーモニー・ポップスの宝庫である、アメリカ宗教音楽。時流に乗る事を拒んだかのような孤高の音楽、等など。
そして、鈴木氏がこだわる、ラウンジ・ミュージック。言ってみれば、ホテルのロビーやエレベーターでかかっている音楽。

ここで僕が思い出すのが、オードリー・ヘプバーンの映画「暗くなるまで待って」。盲目の人妻がこれから凶悪事件に巻き込まれるとも知らずに家事をする場面で、部屋のラジオから軽い、実に軽い音楽が流れて来たのです。(ヘンリー・マンシーニが作った主題歌の、それこそラウンジ・ミュージック・ヴァージョン。)
その頃の僕は、主にヒット・チャートをにぎわすようなポップ・ミュージックが大好きだったので、「一般家庭で、こんなヤワな音楽をあえて聴くだろうか?」と、大変な違和感を持ったのです。

鈴木氏が言いたいのは、正にそこ、なのでしょう。つまり、「これほど美しい音楽を、なぜ評価しないのか」と。
氏いわく、「徹底して現実の半分だけを夢見て生きる事が許された、古き良きアメリカのワン・シーン・・・モンド音楽は、その家庭のリビングで何気なくかかっていた音楽のことだ。」

とまあ、こんなところなのですが、氏のモンド関連の本(4冊も有る。ひぃぃ・・・!)に出て来る音楽の世界の、なんと広いこと!大勢の執筆者が自らの“モンド”を披露しているのですが、そこに挙げられた中の日本人は、中村八大さん、浜口庫之助さん、寺山修司さん、聞いた事の無いお名前のみなさん、そして、「ロカビリー剣法(美空ひばり)」「非情のライセンス(野際陽子)」「ダニエル・モナムール(辺見マリ)「恋人中心世界(小林啓子)」「旅立つ朝(江利チエミ)」「男のこころ(由紀さおり)」「さよならマカオ(小川知子)」等など。
な〜んだ、なんでもありの、ちょっと面白い試みの音楽だったらどれでもいいのね!!!って感じ。ほんま、どっと疲れました。

いえいえ、彼および彼らには、ちゃんとしたコダワリがあるのです。そして、「うん、それもモンドだね」と鈴木氏が微笑んでいらっしゃるのです。

で、ラ星もモンドの世界へ飛び込む決心をしたのかって?いーえ!明日にでも新たな世界へ旅立とうとは思いません。だって、まず、宮川さんとピーナッツが、めいっぱいモンドしてくれてるもん。それに、ヒッチコックもソフト・ロックも三木トリローもブラジル音楽も大好きだもん。少しずつ世界は広がって行くでしょうけど、僕はまだ、今の世界を楽しみ尽くしていないもんで。
(それにしても、なぜピーナッツやクレージーはモンド本に出てこないのだろう。不・思・議。)

あー疲れた。しばらく田舎へ帰省します。アンカーさん、皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください!インファントさん、どうぞ、いいトシをこいてください!(うひゃは!)ロンドンのMistyさん、日本は一足先に新年を迎えますよ。


インファントの娘さん 投稿者:パンプ 投稿日:2001/12/29(Sat) 14:01 No.578  

え〜、ミカリンさん初めまして。パンプです。
おとうさん始め、アンカー組の皆さんに御世話になっております。
今回の「セーラー・ムーン」での書き込みで
そうそう「ほたる」ちゃんだったと、セーラー・サターンの
人間での(?)名前を思い出しました。
「ほたる」って名前、はかなげで好きなんですよ(汗)へへ

また何かの話題で参加できるようなら
おとうさんに負けないで書き込みお願いしますね。
若者のパワーで盛り上げてください!
(ま、充分に盛り上がっていますけど!)

風邪の具合はいかがでしょうか?
早く治してくださいね。
インファントの心配おとうさんが気の毒ですから(笑)


Re: インファントの娘さん インファントの娘(ミカリン) - 2001/12/30(Sun) 13:47 No.581  


はじめまして、ミカリンです☆
ほたるちゃんは名前もかわいいけど、顔もかわいくて好きです。
あの黒い髪に紫の瞳というのが好きです。
運命のような大きなモノを背負っていて他の皆とは何かが違っていて。

はい☆また何か参加できそうなのがあれば書き込みさせて頂きます☆☆

風邪はもう治りました!!
元気ピンピンです! 元気100倍、勇気100倍…(笑)
治ったから、今日は父と映画(アニメ)を観に行きました。
『サクラ大戦 活動写真』を観ました。
父も私も前々から楽しみにしていたので、とても楽しかったです。
父は「音楽が良かった!サントラを買おう!」とか言いながら、帰りにサントラを買っていました。
でも、買うのは父、レジへお金を払いに行くのは娘(笑)
レジへ行くのは私の役目ですから(笑)

にょにょ?!また長くなってきてるような(汗)
でわ、この辺で。


ザ・ピーナッツ全曲集 投稿者:げんまいちゃ 投稿日:2001/12/27(Thu) 21:27 No.562  

げんまいちゃです。
『ザ・ピーナッツ全曲集』を見ました。やはり全曲オリジナル・シングル音源ではなかったのが残念!

これはピーナッツに限らず演歌・歌謡曲系歌手は『全曲集』であるものの、内容はコンプリートではない全曲集が大半を占めています。
せめて全曲集にするなら、シングルA面完全オリジナル音源収録にすればいいのに。

『シングルス』ですが、やはり洋楽レーベルからの2作品はないし、シングルジャケットも白黒縮小ジャケットで、しょぼい気がしました。
どうせなら、シングルジャケットをフルカラー&CDジャケットサイズで載せれば幸いです。


Re: ザ・ピーナッツ全曲集 インファントの愚痴犬 - 2001/12/27(Thu) 23:37 No.568  


心情がよく伝わってきます。頭蓋骨中でハウリングを起こしてます。
企画時の目的意識があいまいだと感じます。ポリシーは何なのかが伝わってこない。
どうせ仕事をやるなら仕事に(この場合はザ・ピーナッツに)惚れ込んで欲しい。
コストの問題とか苦労はあるのだろうが、手間も惜しんでいるように感じられる。
プロならプロの「いい仕事」をして頂きたいなあ、と思ってしまいます。
オリジナル・シングル音源でなくても意図したものがあればいいと私は思います。
「ベスト・テイク選集」という意味合いなら、そのように謳えば、良い企画だと思う。
また『シングルス』というのは、それ自体は本当に素晴らしい企画だったと思います。
全『シングルス』お買い上げの方にフルカラーCDジャケットサイズ小冊子プレゼント
などという特典をつけるとか、ファン心理をつかんでほしいなあ。
コストはおまけの「可愛いピーナッツ」CDよりもかかってしまうんだろうけどね。
「一日営業企画部長」をさせてくれないかなあ〜。70年の歴史が一日で潰れるかな?


Re: ザ・ピーナッツ全曲集 げんまいちゃ - 2001/12/29(Sat) 16:05 No.579  


>インファントさん
それはわかってはいます。私が理想とするベスト盤は、

シングル曲ほぼ完全網羅+アルバム1作品まるごと収録+ピクチャーレーベル+1曲レビューや作者・スタッフクレジットなどを掲載したブックレット+LPジャケットサイズの両面印刷ピンナップ

でどうでしょうか?
“ファン心理をつかむ”というより“ただ営業利益を重視しつづける”といった立場をファンから見ると、納得がいかないようです。

>アンカーさん
ところで、1977年発売のキャンディーズのLP『キャンディー・レーベル』の付録の17cmレコードですが、ソノシートだったでしょうか?
7インチビニールレコードだったでしょうか?
しかも私は後追いなのでピクチャーレーベルなのかピクチャーレコードなのかカラービニール+ピクチャーレーベルなのか全く持って不明です。


赤い靴 投稿者:テクニカラー@シネラマ 投稿日:2001/12/29(Sat) 11:11 No.577  

この映画ピーホリの皆さんにぜひお勧めです。 

音楽やダンスに詳く観る目をもった
ピーホリの皆さんに強くお勧めします。

興味をもたれた方はぜひ借りてみてください

もしレンタルビデオ屋さんで見つからなかったら
ぜひレコード店などで注文してみてください。
3800円は高くないと断言できますよ


HEUT ABEND 投稿者:テクニカラー@シネラマ 投稿日:2001/12/29(Sat) 11:00 No.576  

60年代テイストたっぷりの名曲でしよね。
こんな名曲が何で未発表曲になってしまったんでしょうね?

この曲って新しいCDには収録されているんでしょうか?
もしされていないんでしたら、かなり残念です。


小美人 投稿者:パンプ 投稿日:2001/12/22(Sat) 16:50 No.522  

「ゴジラ・モスラ・キングギドラ・・」観てきました!
インファントさん観たかなぁ?

まだこの掲示板では話題になってないので、
書けない内容ですね。
でも、新山千春さんの演技には驚きました。
予想以上に素晴らしかったので・・(汗)
それから、「小美人」を彷彿させるアノカット・・
ドキッとしたと同時に感動すらしてしまいました。
すごく印象に残っています。
我々小美人ファンには嬉しい演出だった・・あっ、語り過ぎてる?

昨日は「地球最大の決戦」のDVDをゲット!
若林さんのコメントがキュートでグッドです。
ピーナッツへのコメントも勿論あります(笑)
「モスラ」「モスラ対ゴジラ」も是非欲しいです!

話は変わりますが、「犬夜叉」ってアニメ観てるでしょうか?
妖怪が出てくるシーンでは、
よく怪獣映画にも使えるようなBGMが流れるんですが、
最近「マハラモスラ」に良く似たものがあり
感心して観ています。
機会があったら是非!あっ、もう放映は来年になっちゃうけど・・


Re: 小美人 インファントの夜叉犬 - 2001/12/22(Sat) 19:36 No.523  


> 「ゴジラ・モスラ・キングギドラ・・」観てきました!
> インファントさん観たかなぁ?

小美人無視じゃ俺は行かないと拗ねて、娘が一人で行くことにしてたのですが..
この書き込みを見て、急遽大撤回! 行く行く、僕も行きます。
さあて、これと見逃せない「サクラ大戦」をハシゴしなきゃいけないかなあ。

> 話は変わりますが、「犬夜叉」ってアニメ観てるでしょうか?
> 妖怪が出てくるシーンでは、
> よく怪獣映画にも使えるようなBGMが流れるんですが、
> 最近「マハラモスラ」に良く似たものがあり
> 感心して観ています。
> 機会があったら是非!あっ、もう放映は来年になっちゃうけど・・

たまたま今日、超特別編犬夜叉SPの放映があり、ビデオをチェックしたら、
「竜骨精」という妖怪怪獣が登場する場面でマハラモスラ風旋律が流れました。
ほとんどパクり(笑)ですが、いいアニメなので許してあげましょうね。
現代ではアニメの劇伴ほど豪勢な生オケを使うものは他になくなりましたので、
超良心的だなあ!! と驚いているんです。また、どの監督も力量が凄いと思う。
やりたいことをやってる人間のパワーって恐ろしいとつくづく思いますね。


Re: 八美人 インファントの難民犬 - 2001/12/23(Sun) 17:28 No.530  


現在、娘のアニメイト総勢8美人がクリスマスパーティーを茶の間でやってます。
話している内容は多少判るのでありますが、私はパソコンの前に避難しております。
モー娘状態でお邪魔出来ません。こういう場合父親というのは結構情けない存在です。


ラスト・デイト インファントの坊主犬 - 2001/12/23(Sun) 17:33 No.531  


といっても、ザ・ピーナッツの引退とは関係はありません。些細な私事です。
4半世紀以上私と苦楽を共にしたタンノイスピーカーと年末をもってお別れなんです。
 ●燻し銀の音〜仮想現実(virtual reality)が高度な芸術性を醸し出す。
 ●Tannoy 劇場-良いホールの二階前列中央席。
 ●DualConcentric故の定位の良さ(ボーカル・モノ録音)。
 ●楽器型スピーカー(弦楽器のリアルな胴鳴り)。
 ●真綿の弦を絹でなでる音(Violine等のふくよかな音)。
このような非現代的な音質とそのサイズで居間を占拠してましたが、さすがに主人と
同様に寄る年波には勝てず、エッジの張り替えなどしましたが限界迄老朽化しました。

ある意味で「枯れた音」ですが、家内や娘の聴くジャンルには明らかに不向きです。
そこで180度毛色の違う、BOSE Model464というスピーカーに変える事にしました。
サイズも価格も3割くらいに縮小しましたが、またこれはこれで明るく楽しい音色で
ピーナッツの声もパッピイな感じにリフレッシュされるだろうと思います。
引退まであと数日ですが、今日もピーナッツのクリスマスソングを懸命に奏でてます。
日テレ・波瀾万丈「村田兆治伝」を見ていて川崎球場での超速球を思い出しましたが
同時に、我が家のタンノイ嬢も長い間よく頑張ったよな〜と胸が熱くなりました。

一足先に昇天した超重量級メイン・アンプとも来年はあの世で再会するのかも...
そして、天国で、いい時代の音色で歌うのかもしれません。
オーディオ機器にも御先祖を供養するように、お墓参りする所があればいいのにな。
「堪能威美音奏楽大姉」とか戒名をつけて、お経は「よこがお」がいいかなあ?
歌うのは坊主(BOSE)だから、迷わず成仏すること間違いないね。

つまんないこと書いてすみません。今、何にもすることがなくって...(笑)。


Re: 小美人 パンプ - 2001/12/23(Sun) 22:57 No.532  


あっ(汗)!で、でも、あまり期待しすぎると、
以前の「井上陽水」のCDのようにガッカリさせちゃうかも・・
後でビデオとかTVで放映されてからでも
「なるほど(笑)」と頷いてくだされば・・(^^;)

それより「八美人のクリスマス・パーティー」が気になる〜!!


Re: 小美人 ラ星 - 2001/12/24(Mon) 00:30 No.538  


パンプさん、観て来たなんて、速い!
書店で映画の写真集を見た時は、小美人がどこにも出て来ないのでがっかりしてました。
新山千春さん、数少ない青森出身の芸能人なので、陰ながら応援しております。
青森の有名人って、相撲の関取ばっかりなんだもん。(そうでもないか?)
役名の“由里子”というのが、ゴジラ・シリーズの星由里子さんを連想させて、良い!

>それより「八美人のクリスマス・パーティー」が気になる〜!!

こりゃ、たまりませんなあ。
あ、ラ星おぢさんは、「セーラームーン」のヒロインの名が“うさぎ”であることを、
今朝初めて知りました。(^^;)☆!

モー娘状態といえば、今のモー娘。の歌、
かつてのナベプロ娘が総勢で♪お、ど、り、ま、せ、ん、か!なんてやったら、
さぞや皆さん、張り切っちゃうだろうなあと想像してしまいます。
一番がんばるのが、梓みちよさんのような気が。


Re:小美人 小倉の英 - 2001/12/24(Mon) 23:32 No.540  


>>それから、「小美人」を彷彿させるアノカット・・
>>ドキッとしたと同時に感動すらしてしまいました。

σ(^^;もようやく今日観てきました。あのカットは
「なるほど、これか。(^^;;;」と思いました。(笑)
金子監督が撮っただけあって、登場人物だけ見てると
「この映画はガメラか?」と。(激爆!)これ以上は
まだ語らないでおきます。(^^ゞ


Re: 小美人 パンプ - 2001/12/25(Tue) 11:47 No.541  


>小倉の英さん
ね、ねっ!
「なるほど、これか。」ですよね!
だけど、そう・・「ガメラ」からの登場人物が多いですよね。
そして・・まだ語れない(^^;)

>ラ星さん
実は、わたしは途中から「セーラー・ムーン」にハマりまして、
毎週ぐらい観てました・・(*^_^*)
「うさぎちゃん」も可愛かったけど、
「セーラー・サターン」がカッコ良かったです!
(あ〜、人間疑われそう・・)


Re: 小美人 ラ星 - 2001/12/26(Wed) 10:28 No.545  


パンプさんもセ−ラームーンを!? ごーん!
なんだかこうなると、僕だけ遅れているような気がしてくる。
僕は凝り性なので、ハマるとそれを中心に毎日が動いてしまうので怖いです。
セーラー・サターンって、うさぎちゃんのハートを奪おうとしたヒトですか?
なんか、やたら艶っぽかったような気がするなあ。あれが、悪魔?
♪あなたがー 悪魔ならー 怖ーくない〜  (おるっ!?違ったか?)


セーラー・サターン(笑) パンプ - 2001/12/27(Thu) 11:12 No.556  


ラ星さん、ちょっと残念(笑)
セーラー戦士って、それぞれ星を守護星に持つ彼女達で、
サターンは確か「土星」でした。
他の戦士とは登場も変わっていて、
凛とした姿勢にドキドキしてました(笑)

何がきっかけだったか忘れちゃったけど、
それぞれの作品の中でのシリアスな部分と
デフォルメされた彼女達のコント的な表情と内容。
それらにハマり、徐々に没頭してった次第であります(*^_^*)


Re: 小美人 インファントの娘(ミカリン) - 2001/12/27(Thu) 11:24 No.557  


おはようございます。
またお邪魔します…

ラ星さん>
再放送で観たのなら、セーラーサターンはまだ登場していないはずです。
サターンは『セーラームーンS』の最終話あたりで登場する戦士なので。
確かSの再放送は先週の日曜日あたりに始まったばかりだから…
出てくるのはまだまだ先だと思います。
サターンの変身前の名前は『土萌(ともえ)ほたる』というので
すが、それは物語後半(?)から結構出てきます。
でも、変身後のサターンがちゃんと出てくるのは最終話ぐらいしか…。
土萌ほたるちゃんことセーラーサターンは、土星を守護にもつ
破滅と誕生の戦士。(他の戦士も守護星をもっています)
はい、うさぎちゃんのハートを奪おうとしたのが敵です♪
もうセーラームーンのことならまかしてください♪(自分で言うな!)
一応、私は本放送の頃からのファンなので♪(ファン歴8年)
……あ、でもお父さんも結構詳しいかも。
私はムーン・ウラヌス・サターンの3人が大好きですv


……お父さん、ごめんなさい(汗)
大事な出番を取ってしまって(汗汗)


Re: 小美人 インファントの娘(ミカリン) - 2001/12/27(Thu) 11:38 No.558  


にょにょにょ!レスが微妙にかぶってしまいました(汗)
投稿してから気付きました…

パンプ さん>
私も何がきっかけでハマったのか覚えてません。
当時は小2だったので覚えてなくてもしょうがないかもしれませんが。
やっぱりセーラームーンがかっこよく思えたんだろうなぁ。

にょ?!これ以上長くいると、また長々と語ってしまいそうなので去りま〜す。
でわでわ。


Re: 小美人 インファントの親犬 - 2001/12/27(Thu) 12:20 No.559  


親子でお騒がせしております。親はお仕事中であります(こらっ!)。
私はセーラー・マーキュリーこと亜美ちゃんがご贔屓です。(ノーマルだね:どこが)
あ、電話だ。それじゃ。


Re: 小美人 ラ星 - 2001/12/27(Thu) 23:14 No.567  


>パンプさん、
わーい、サタンとサターンは違うのね〜。
単に「かっこいい!」という思いだけでなく、セーラー戦士に対して
なんというか愛情が感じられますねえ、パンプさん!

>ミカリン
出たー!ミカリンだー! ははは、失礼。レディに対して“出た”はないよね。
うーん、そうすると、ビーナスとかマースもいらっしゃるのかな。
このまま僕も夢中になってしまったら、どうしよう。可能性が高いだけにコワイ。

>……あ、でもお父さんも結構詳しいかも。

↑ いないよなあ、こういう親子・・・。
あ、ビデオ止めなくちゃ。それじゃ。


Re: 小美人 インファントの精勤犬 - 2001/12/28(Fri) 00:07 No.569  


え〜、言い訳です。いつもは会社では仕事しかしていません。勿論ピーホリ見ません。
昨日ミカリンが熱を出したので、医者(まだ小児科:笑)へ行った結果を知りたくて
家へ電話したら、ピーホリに書き込んだというので、ついつい、覗いただけなんです。
布団の中で書き込んだんでしょう。(汗)(汗汗)のおかげか熱は下がったようです。
♪もう〜いくつ寝るとお正月。 風邪をひかないように寒い夜は早寝しましょうね。


オールスター年忘れビッグパレード 投稿者:ラ星 投稿日:2001/12/27(Thu) 03:45 No.552  

このクイズの答えですが、左はしの女性が、わかりませぬ!
女優の村松英子さんにしか見えないのですが・・・


Re: オールスター年忘れビッグパレード 迷い猫 - 2001/12/27(Thu) 04:33 No.554  


まだ起きとったんですかぁ〜。まるでフクロウ族?
何のことかわからんだもんで、表へ廻って玄関へ入ってみた。
フムフム、オールスター年忘れビッグパレード(昭和48年)ねぇ〜。
小山ルミ?・山本リンダ?・小柳ルミ子
どぅ? ヤッパ違いますかねぇ〜。
 


Re: オールスター年忘れビッグパレード アンカー - 2001/12/27(Thu) 08:12 No.555


ふっふっふっ、まだ正解が出てません。
左から三人目、小柳ルミ子ではありません。


Re: オールスター年忘れビッグパレード みえち - 2001/12/27(Thu) 15:15 No.560


こんにちは〜♪
この答えはアンカーさんにメールを出すのですか???
掲示板で答えてしまっていいのですか???
私も一番左がわからないです〜(;>ω<)/ ひぃ〜


Re: オールスターもう忘れたよ!ピーナッツ。 迷い猫 - 2001/12/27(Thu) 16:00 No.561  


うわーぃ。職人さんのまね事していたら本業がおろそかに・・・。
必死こいて本年度の精算しておりま〜す。
(今、休憩中!)
左から三番目は、髪型にだまされたよ。
よく見ると「松阪のしーちゃん」やんかぁ〜。(あべ静江)
えっ!? また違うの〜?


Re: オールスター年忘れビッグパレード インファントの迷答犬 - 2001/12/27(Thu) 22:12 No.565  


懐かしい写真ですね。三波伸介さん、とっても温かい人でしたね。
機転、アドリブのきかないピーナッツさんがこの手の番組に出たのは珍しい。
三波さんの上手いフォローがあるとは思いましたが、ひやひやしてた覚えあり。
こういうのに向いていないんだよな〜と自分の身内のように心配してたから。
でも、無難に終わったような感じだったと思います。(いまでも、ホッ...)
ただし、ピーナッツさんたちの課題は面白くもおかしくもなかったような。
二人ではやらずにひとりづつだったような...よく覚えていないなあ。
他の出演者かあ..小山ルミ、ちあきなおみ、あべ静江、かな? わかんないよ。


昨日書くべきでした 投稿者:アンカー 投稿日:2001/12/25(Tue) 17:20 No.542

今日午後3時15分から6時まで昭和38年の紅白を放送しています。
今、テレビ見ながらこれを書いています。
ピーナッツはわりと終りの方の出番で、まだ出てません。
今柳家金語楼さんと黒柳徹子さんのやり取りの最中。
この年の紅白って会場からなのか歌手からなのかよくわかりませんけど
ロカビリー時代からのなごりでしょうか、黄色い声援がよく聞こえるんですね。

ご覧になった方、感想など書いてくださいませ〜。


シンプル いず BEST 深海 - 2001/12/26(Wed) 00:18 No.544  


アンカーさん、大変なご無沙汰でした。
元気そうで何よりです。
観ていますよ!思い出の紅白。
シンプルで良いですね。
今の紅白みたいに「これでもか、これでもか」って言う
ド派手な演出も無くて心地が良いです。
この年のピーナッツの映像は有名ですが
出ている歌手がやっぱり豪華!
今の紅白は「辞退するのがステータス」
でもこの時代は出て当然の歌手が多くて
見ていて飽きが来ません。
スタンダードナンバーを歌う歌手の歌唱力の凄さは
圧巻そのもの。
今日は52年ですよね。
個人的にはそう、紅組応援のビューティペアです。(^^)

あっそうだアンカーさん、ミエさんのCDの件なんですが
やっぱりインディース扱いでした。
入手方法なんですがミエさんの所属事務所が
「アミーパーク」って言う所で、問合せはそちらで
してくれるようです。これらの情報はゆかりさんの所属事務所
「小澤音楽事務所」より丁寧なメールを頂きました。
私はまだ問合せしていないんですが電話番号等は
後程、メールにてお知らせしますね。



恋のバカンス ラ星 - 2001/12/26(Wed) 13:09 No.547  


観ましたよー!ビデオに録って、あとでと思ったのですが、
ミコさんの歌の素晴らしさに引き寄せられ、そのまま最後まで。

ピーナッツのお二人の表情が、わりと何度も画面に出て来て嬉しかったです。
ずっと舞台にいるのは大変だったでしょうが。
美空ひばりなんて、全然いなかったもんなあ。好きだから許すけど。
チエミさんの司会からすると、もうあの頃から「歌謡界の女王」って言ってたんですね。
女王かあ・・・。歌もちょっと雑だったなあ。

ヒットの度合いからいっても、越路さんがトリだと思うんだけど。
いいですねえ、あの、大人のエンターテインメント。
決して、いわゆる歌が上手な人とは思わないけど。
でも、なんで越路さんの歌がワン・ハーフなのだ?
坂本スミ子さんが、あの大長編なのに。
しっかし、坂本“おスミ”さんの素晴らしいこと。
「奥様、お手をどうぞ(邦題)」があんなにセクシーだったとは。
あのドレスの背中の開き具合を見て、「あ、これ見た!」と思い出しました。
あの程度でも、八歳の男児には強烈でした。むちむちでしたしね。

むちむちと言えば、ペギー葉山さん!
まるで、仙台銘菓「萩の月」って感じでしたね。
そう、あのまーるいふっくらしたお菓子を包み紙から半分だけグイッと引き出した感じ。
両手を横にぱっと広げた時なんぞ、二の腕が今にもたぷたぷしそうで、
ハラハラしてしまいました。
でも、たぷたぷ揺れなかったのは、やはり若かったんですねえ。
わたしは一体、なにを書いているのでしょうか。

さて肝心のピーナッツですが、すみません、どうにも冷静に語れないのです。
他の方にお願いいたします。ああ、汗、汗。
ひとつだけ。間奏で二人がぱっと広がって、回るように踊った時の
なんと素敵だったことか!ああ、卒倒しそうです。
顔を見合わせた、指揮の原信夫さんの笑顔も良かった!

順番がめちゃくちゃですが、松山“お恵ちゃん”、いい歌じゃないですか、
知らなかったー。三沢あけみさんも、あんなに上手かったとは。
こまどり姉妹、美人!(福島の狸さん、この歌を、ネクタイ頭に巻いて
歌ったのですね!?うはは。あれ、違ったかな。)
トリオこいさんずも、スリー・グレイセスも、驚異的な上手さ。
「ウエスト・サイド物語」を細部まで生き生きと表現。
上手いって言葉、あんまり好きじゃないんだけど、上手い。
(子供の頃ですが、スリー・グレイセスの右はしの地味なお姉さん、
他の派手な二人にいじめられてるんじゃないかと心配でした。)

上手いといえば、園まりさん!立派!!!たまりません。再認識。
そして楠木トシエさんの見事なこと!!!稀有のエンターテイナーだったということが
改めてよくわかりました。変な歌だったけど。「銀座かっぽれ」???
(対抗した森繁さんの歌も、やたら達者で凄かったけど。でも、森繁さん、
あまり好きになれないッス。そこはかとなく下品で。ファンの皆さんごめんなさい。)
あー、欲求不満。誰かが彼女を“日本のキャロル・バーネット”と言っていましたが、
キャロルさんには申し訳無いけれど(愛してますよ〜!)、楠さんのほうが
芸の幅は広いと思う。彼女の鼻がもう少し高かったら、
日本のショウ・ビジネス界はもっと変わっていたと思うんだけど。
彼女で「マイ・フェア・レディ」を観たかったなあ。
喜びも悲しみも、あの演技と歌唱力で、物凄い振幅で表現できたでしょう。
前半の下町娘なんか、最高!でも、後半のレディになってからが・・・
だめだ、笑っちゃいそう。やっぱ、ボツ。

しかし、素晴らしかったのはやっぱり雪村いづみさんでしょう。
ホント言うと、日本の歌合戦で外国曲を外国語で歌うのを聞かされるのは
ちょっと抵抗があるんだけど。あれだけ責任持ってやってくれたら、許す!いい!
歌い終えてからの茶目っ気も、あの歌のあとだからこそ可愛い。
ちょこっと書くつもりが、ああ疲れた。


昭和38年の紅白は何度見ても良いねっ! アンカー - 2001/12/26(Wed) 14:35 No.548


>深海さん

ご無沙汰しております。
やっぱり出てる歌手全員が、紅白のために精一杯やってる、という意気込みが
見ていてひしひしと伝わってきますよね。
もちろん今年の出場者達もそうなんでしょうが、司会者、バンド、会場の人達、
お茶の間の応援など当時の雰囲気はなんだか独特のものがあるような気がしました。

今日の52年も楽しみです。
ピーナッツはもう引退していないけど新人からベテランまで平均して
現役で活躍していた最後の紅白のような気がしてます。
佐良さんの最後の司会だし。
某ちあきの部屋でおなじみの「夜へ急ぐ人」も必見です。
ビューティー・ペアも出場歌手以上にインパクトのある登場の仕方で
歌も歌ってくれて大サービスです。

あ、そうそう、早速ミエさんのCDをアミーパークのホームページから注文しました。
検索したらすぐに見つかりました。ありがとうございました。
ネットでしか注文できないんですね。到着が楽しみ♪


>ラ星さん

長い感想ありがとうございました。疲れたでしょ?
僕もトップバッターのミコちゃんから最後まで釘付です。
途中でやめられないんですね、この年の紅白は。

>美空ひばりなんて、全然いなかったもんなあ。好きだから許すけど。

この時出ていた高石かつえさんが、後で話していたのを読んだのですが
ひばりさんはオープニングも途中もずっといなくて、自分の出番の頃に
会場にやってきて、歌い終わったらスーッと帰っちゃったそうです。
で、彼女は「私もあんな歌い手になれたら良いなあ」と思ったとか。
女王だからこそ許されたのか・・・
この年からひばり母から「トリでなければ出ない」と云われたそうで。

トリオこいさんず、僕も大好きです。
和風のスタイルで歌はとってもハイカラなかんじ。
ハーモニーもついてるし、良い!
まとまったCD出ないかなあ。

ピーナッツの歌っているときに後ろで倍賞千恵子さんが
じっと見つめている映像が頭から離れないんです。
何を思って見ていたのか・・・
彼女は和服で「下町の太陽」を歌ったけど、
本当はピーナッツのようなポップスを歌いたかったんじゃないだろうか
と思っているんですけど。
まあ、2年後には「さよならはダンスの後で」がヒットしたから良かったね。

園まりさん、後ろの二人(ゆかり&ミエ)がなにやってるのか知ってたのかな?

チエミさんの「マイ・フェア・レディ」はオードリーのようなレディになってからの
上品さには欠けるかもしれないけど、下町娘の頃の演技はきっと最高だったと思います。舞台を見たかった!
番組が始まった時に淳美清さんが聖火を持って外を走っている時
隣りの劇場に「マイ・フェア・レディ」の看板がかかっているのを見つけました。
あれってチエミさんの舞台のものだったのかなあ。

ともかく見所満載の昭和38年の紅白なのでした。
また思いついたら書きます。


昭和38年の紅白は何度見ても良いねっ! ラ星 - 2001/12/26(Wed) 19:06 No.551  


(さっき、昭和52年の紅白が終わったところです。またどっと疲れた。)
アンカーさんすみません、司会のチエミさんについて一言も触れずに。

>番組が始まった時に淳美清さんが聖火を持って外を走っている時
>隣りの劇場に「マイ・フェア・レディ」の看板がかかっているのを見つけました。
>あれってチエミさんの舞台のものだったのかなあ。

はい、その年が明けてすぐ、同じ舞台(東京宝塚劇場)で、
チエミさんの「マイ・フェア・レディ」が再演されたはずです。
僕はNHKの劇場中継でその前半をちょこっと見ただけでしたが
(なぜ最後まで見なかったのだろう。不思議。残念。
どうもその頃、ミュージカルってあまり好きじゃなかったみたい。
お話がいいところに来ると、皆歌ったり踊ったりしちゃうもんで。)、
後に舞台写真を見た限りでは、チエミさんのレディ姿、充分気品がありましたよね。
アンカーさんも、ご覧になったこと、あるでしょうけど。

ちなみに、チエミさんのイライザに思いを寄せる青年フレディに扮したのが、
あの藤木孝さんでした。昭和37年の夏、日本版「ウエストサイド物語」の主役で
大スターにしてやるという誘いに乗ってナベ・プロから“謎の引退”。
しかし新しい事務所から出したレコードはあまり売れず、
映画の企画も流れてしまい、大変な時期につかんだ大役だったとか。
フレディの母親役の深緑夏代さんに歌の特訓を受けて舞台に立ったそうです。
「僕は歌も芝居もなにも出来ない人間だったと痛感した」とは本人の弁。

・・・こんな裏話を知ってても、今まで何の役にも立たなかったのだけど、
少しはここのページの賑わいになっているでしょうか。
え?一人でにぎわっていて、チトうるさい?すみません。どーも歯止めが・・・。


映画「夢で逢いましょ」の中で 投稿者:くにちゃん 投稿日:2001/12/25(Tue) 21:35 No.543  

昨日、スカパーの日本映画専門チャンネルで放送された映画「夢で逢いましょ(S37)」の中で、ザ・ピーナッツが2曲歌っていました。
「ふりむかないで」「イエスサリー」の2曲です。
ザ・ピーナッツの貴重な映像を見て感激しました。
特に「イエスサリー」歌っているピーナッツ見るのは初めてでしたので。
明日23時20分からリピート放送があります。
見れる人は必見です。


Re: 映画「夢で逢いましょ」の中で ラ星 - 2001/12/26(Wed) 10:42 No.546  


くにちゃんさん、こんにちは!(なんか、妙な呼び方になってすみません。
くにさんって書くと、「北の国から」のお父さんが出てきそうで。)

いいなあ、スカパーが入る家って。いいクリスマスになりましたねえ!
そういえば昨日の「思い出の紅白・昭和38年」に応援で出て来た
永六輔さんが、ちゃんと例の首を横にかたむけるあいさつをなさってましたね。


Re: 映画「夢で逢いましょ」の中で アンカー - 2001/12/26(Wed) 14:43 No.549


くにちゃんさん、
書き込みありがとうございました。
僕もスカパー入っていないので普段は見られません。
でもどうしても見たいものがあった時は頼んで録画してもらいます。「夢で逢いましょ」は以前の放映で見ました。

大好きな「ふりむかないで」を歌っている頃のピーナッツが見られるだけでも感激です。
もちろん「イエスサリー」も貴重なもので嬉しいです。



Re: 映画「夢で逢いましょ」の中で アンカー - 2001/12/26(Wed) 14:47 No.550


追加・・・

そう言えば「夢で逢いましょ」の最後の場面で全員が舞台でフィナーレを
歌っている時に歌われている歌「夢を育てよう」はその後坂本九ちゃんが
「明日があるさ」のB面に入れていたものだったんですね。
最近知りました。


喝采 投稿者:インファントの大賞犬 投稿日:2001/12/22(Sat) 23:30 No.524  

題名は「ちあきの掲示板」と間違えたんじゃなくて(笑)アンカーさんに喝采です。
海外盤LP DIE PEANUTS/SOUVENIRS AUS TOKIOの御紹介記事、
  ◆ユーロビジョンの大晦日特別番組
   “ニューイヤーズ・イブ”にホステス役として出演。
色々とつじつまも合うし、信憑性のある記事だと思います。
ピーナッツにとって重要な出来事でプロフィールでも触れたらいいな、と思いました。

喝采といえば、レコード大賞(もはや死語か?)の時期ですね。
昭和39年の大賞は「愛と死をみつめて」より『ウナ・セラ・ディ東京』だと思うし、
昭和41年の大賞は「霧氷」じゃなくて『君といつまでも』じゃないのかなあ(笑)。

ところで、氷川きよしさんと、えなりかずきさんが一緒に出て来るラーメンのCM。
キハーダを使ってましたが、最近は、ヴィブラスラップに楽器が変わりましたね。
こういうことを書いているHPは世界広しといえ、ピーホリだけだよ。ね。ラ星さん。


Re: 喝采 ラ星 - 2001/12/22(Sat) 23:55 No.525  


今、外からなのですが、なーんか呼ばれたような気がして
近くのインターネット・カフェに入ってみたら、なんと!

>キハーダを使ってましたが、最近は、ヴィブラスラップに楽器が変わりましたね。

うーん、よく覚えていないんですけど・・・。すみません!
ずっとヴィブラスラップだったような気も・・・。


Re: 喝采 インファントの顎骨犬 - 2001/12/23(Sun) 01:30 No.526  


あ、失礼。説明不足でした。
音色じゃなくって、画面で持っている楽器です。以前は骨のでしたよ。
(この二人にして、このレスの早さは、まるでチャットルームです:笑)


Re: 喝采 ラ星 - 2001/12/23(Sun) 16:08 No.527  


今、起きたところですー。忘年会、全部終わりました。
久し振りに高校駅伝や全日本アマレスをボーッと観ながら。
(山本聖子、優勝おめでとう!深海さんや小倉の英さんも喜んでいらっしゃるのでは?)

これまで大勢の方に不義理をしてしまったので、少しづつ連絡いたします。
インファントさん、もしかして、氷川さんが骨(キハーダ)、
えなりさんが木と金属(ヴィブラスラップ)なのでは?自信無いけど。

>昭和39年の大賞は「愛と死をみつめて」より『ウナ・セラ・ディ東京』だと思うし、

今ではレコ大と言ってもドキドキしなくなってしまいましたが、
この時が、ピーナッツにとって最大のチャンスだったかもしれませんよね。
でも、相手が社会現象まで起こした物語の主題歌だったからなあ。

>昭和41年の大賞は「霧氷」じゃなくて『君といつまでも』じゃないのかなあ(笑)。

この年は、舟木一夫さんの「夕笛」でほぼ決まりという所を橋さんの「霧氷」が大逆転。
ビクター恐るべしと言われたようで。
ま、舟木さんは総合的な活躍に対してという印象だったし、
受賞後の「霧氷」もそれなりに流行ったし。でも、橋さんの三度受賞は多過ぎ?
世間はとっくに加山雄三さんの時代でしたけどね。
当時は“格”とやらを、やたら重んじたとか。

平凡や明星の表紙を見ると、ピーナッツと、布施さん加山さんが
とても気が合っているように思えたのですが。まるで弟分のように。


Re: 喝采 インファントの顎骨犬 - 2001/12/23(Sun) 17:06 No.528  


> インファントさん、もしかして、氷川さんが骨(キハーダ)、
> えなりさんが木と金属(ヴィブラスラップ)なのでは?自信無いけど。

あ...そうなのかも...とにかく映るのほんの一瞬だから、音も一瞬だからラ星さんが
書くまで、そこで鳴っているのも知らなかった位。ところで、どこのラーメンだっけ?

紅白やレコード大賞って、昔は茶の間でも会社でも話題になりましたね。
最近は視聴者が賢くなって、どうせ、あっち側の都合でやることだから関係ないやと
いう感じですね。インチキであっても民意を反映していると錯覚してた頃が懐かしい。


Re: 喝采 ラ星 - 2001/12/23(Sun) 23:56 No.535  


ハウス食品の、ごくつゆラーメンかな?


Re:喝采 小倉の英 - 2001/12/24(Mon) 00:17 No.537  


To ラ星様

 こんばんわ。最近ザ・ピーナッツネタが無くて何
も書きこめないのが辛いっす。←どこかに「ザ」の
字だけでもないかといつも目を皿のようにしてはい
るのですが。(爆)

>>(山本聖子、優勝おめでとう!深海さんや小倉の
>>英さんも喜んでいらっしゃるのでは?)

 ええい、ネタが無い時にでも何か絡んでおかない
と忘れられちゃう!(笑)もちろん、大喜びしてま
す!次の五輪ではいよいよ正式種目ですものね。>
女子アマレス(^^)そして、彼女達の何人かがゆくゆ
くは女子プロにきて活躍して欲しいものです。映画
のGMKは今日観に行く予定。小美人へのオマージュ
が感じられるシーンってやはり聞いた話通りにある
みたいですね。どんなのか、楽しみ楽しみ!(^^)

 P.S.週末には近所にJWP(乱立する女子プロ団体
   の一つ(^^;)が来るので見に行きたいっす。


Re: 喝采 ラ星 - 2001/12/24(Mon) 03:01 No.539  


>彼女達の何人かがゆくゆくは女子プロにきて活躍して欲しいものです。

浜口京子は、来るでしょうね。格闘技系で。
山本聖子は、「プロレスは、相手をぶったりするから・・・。」とのこと。
どうなるやら。
(JWP、しぶといですねー!天野も戻ってるようで。)

脱線ついでなのですが、女子フィギュア・スケートの村主章枝、宿願の
オリンピック日本代表おめでとう!村主姉妹の涙に、思わずもらい泣き。
長野代表だった荒川静香が、やたら艶っぽくなっていたのも驚き。

で、いつも思うんだけど、
どうしてピーナッツのような女性ペアってのが出てこないの!?どうして!?
これを言うと皆笑うんだけど、そんなに変? 
難しいリフトなんてしなくていいからさあ。
「哀愁のヴァレンティーノ」「月影のナポリ」「恋のフーガ」のメドレーをバックに。
んもう、最高! ラストは、パヤッ!で決める。
「モスラの歌」「山小屋の太郎さん」「あれは十五の夏祭り」
ってメドレーだと、ちょっとたじろぐけど。


やったあ! 投稿者:インファントの感動犬 投稿日:2001/12/15(Sat) 23:48 No.497  

アンカーさん! ありがとうございます!!! あったんだ。1968年版のCD。

ウナ・セラ・ディ東京(1968年版)
キング創業70周年記念 ビッグスターシリーズ1500

ここに入っていたんですかあ!!
即刻、ネットで注文してしまいました。
こういうことがあるんで購入を見送るのは恐いんだよなあ。
だから、ザ・ピーナッツ全曲集 KICX-2731 2001/12/05 も注文しちゃった。


Re: やったあ! ウシオ - 2001/12/16(Sun) 01:26 No.499


先週、「愛のゆくえ」のスレッドで昭和43年バージョンの話が出たばかりだというのに・・・。
超うれしいっ!

このCD、一応限定盤なんでしたっけ?
早いとこ買っとこうっと。


Re: やったあ! アンカー - 2001/12/16(Sun) 12:21 No.506


ウシオさん、
CDには特に「限定盤」とは書いてありません。
でもこのCDの作詩・作曲・編曲者のクレジットはいいかげんです。
「情熱の花」の作詩は音羽たかしになってる。(ホントはダイヤモンド・シスターズ)
「ウナ・セラ・ディ東京」の編曲が服部克久になってる(ホントは宮川センセ)
もうこの辺をチェックして商品化する人はいないのでしょうね。

でも毎年毎年似通った全曲集が出るから、こちらとしては買いませんよね、やっぱり。
だけど時々違う音源が入っているから要チェックなんで困ったものです。


Re: やったあ! みえち - 2001/12/16(Sun) 15:55 No.508


インファントさん!!
>アンカーさん! ありがとうございます!!!
>あったんだ。1968年版のCD。
>ウナ・セラ・ディ東京(1968年版)
>キング創業70周年記念 ビッグスターシリーズ1500
>↑
>ここに入っていたんですかあ!!
>即刻、ネットで注文してしまいました。
このウナ・セラ・ディ東京って
ファイナルコンサートで歌った感じですか???
かなり気になります。
私、ファイナルコンサートのウナ・セラ・ディ東京の
アレンジが大好きなんですよ♪
教えてください!!


Re: やったあ! インファントの特撰犬 - 2001/12/16(Sun) 19:11 No.510  


> 私、ファイナルコンサートのウナ・セラ・ディ東京の
> アレンジが大好きなんですよ♪

この録音と同じアレンジのバージョンは無いんです。これはかけがえのないものです。
ピーナッツのステージバージョンのアレンジなんだけど、更にスペシャルものだから。
それにこんな熱気のある演奏はそうそう聴けるものじゃない。ブラスは咆哮してるし。
これは単なるお仕事じゃない、高橋達也と東京ユニオンのはなむけの大熱演ですよ。
それはそれとして、
この1968年バージョンは私は素晴らしいと思います。個人的には一番好きです。

SKK-475-6
この録音は恐らく録音スタジオではなくて都内のどこかのホールを借り切ってますね。
これだけの大編成の弦楽器の広大で繊細な自然な響きは狭い場所では出せません。
歌謡曲の伴奏とは思えぬ位のシンフォニックで芸術的な香りが漂う美中の美の極みです。
ふつうここまでやりません。どんなに褒めても褒めたりない。宮川芸術の粋。
これ1曲でも1500円のお値段以上の価値がある。私はそう信じます。お薦め!!!


Re: やったあ! みえち - 2001/12/16(Sun) 21:10 No.511


インファントさん♪
ファイナルコンサートは特別ですもんね〜f(^-^; ポリポリ
インファントさんの一番好きなバージョンなのですね〜♪
1968年バージョン!!
私も気になってきました(^―^) ニコリ♪

>可愛い花(1967年版)
>情熱の花(1967年版)
って今までのと違うのですか???
気になってきました・・・・( ̄ー ̄)ニヤ...


Re: やったあ! インファントの販促犬 - 2001/12/17(Mon) 02:19 No.512  


> >可愛い花(1967年版)
> >情熱の花(1967年版)
> って今までのと違うのですか???

SKK-394

これに収録されていたバージョンです。
「可愛い花」は絶品です。お洒落です。これは未聴だったら、即ゲットすべしです。
「情熱の花」は好き嫌いはあるかも知れませんが、マリアッチ風の軽快バージョン。
      歌詞もいいし、情熱の花を聴く時は大概はこっちを愛聴してますよ。
「ウナ・セラ・ディ東京」も含めて、ああ、買って良かったとなること間違いなし!!
これじゃまるでキングレコードの販売促進担当者だね。(爆)


Re: やったあ! おでん - 2001/12/17(Mon) 20:21 No.516  


私も、2枚とも昨日すぐに注文しちゃいました。
情報ありがとう。


Re: やったあ! インファントの入手犬 - 2001/12/20(Thu) 23:35 No.521  


ウナ・セラ・ディ東京(1968年版)入りのCD到着しました。
アナログレコードから作った自家製のCD-Rより、商品はやっぱりいいですね。
でも少しメリハリ効いててキツメかな。案外と自家製も捨て難い。なんちゃって。

ザ・ピーナッツ全曲集 KICX-2731 2001/12/05も到着。特色ないがジャケはGOOD。
でもこのCDの作詩・作曲・編曲者のクレジットもいいかげんです。
「情熱の花」の作詩は音羽たかしになってる。(ホントはダイヤモンド・シスターズ)
「ローマの雨」の編曲が服部克久になってる。(ホントは1968年版なので宮川センセ)
もうこの辺をチェックして商品化する人はいないのでしょうね。
あれれ、どこかで見たような文章だな(手抜きでコピーしたくせに:笑)。

しかし、なんでこれが「全曲集」なんでありましょうか?
インファント連載犬監修『アイ』で始まるタイトル全曲集なら「愛のフィナーレ」を
二世代入れるとして、合計22曲だから、ちょうど一枚作れるよ。(苦笑)


教えてください 投稿者:おでん 投稿日:2001/12/15(Sat) 21:43 No.495  

ピーナツの歌で、歌詞がうろ覚えですが、題名がわかりません。

ある日、喫茶店の隅っこで彼氏が言うのには
君とはこれでお別れ バイバイグッバイさようなら
あまりの事にびっくりして  どうして嫌いになったのか
○  ○ ○ ○
君は色が黒い

あとはわかりません。

もしも、題名を知っている人がいれば教えてください。

もうひとつ
歌詞の途中で
「英語は アイラブユー」
「フランス語は ジュ タイム」
「ドイツ語は イッヒ リーベ ディッヒ」
「知ってるのはそれだけ」○ ○ ○
というような、歌詞でした。以前家にレコードがあったと思うのですが、
ブルー色のLPだったような気がします。
今は見当たりません。
題名をご存知の方がいれば教えてください。


Re: 教えてください みえち - 2001/12/15(Sat) 23:28 No.496


おでんさん、こんばんは♪

>「英語は アイラブユー」
>「フランス語は ジュ タイム」
>「ドイツ語は イッヒ リーベ ディッヒ」
>「知ってるのはそれだけ」○ ○ ○
この曲は「あなたに夢中」ですよ。
私もこの曲が好きで今毎日聴いております♪

もう一曲はわからないです〜どなたか教えて!!


Re: 教えてください インファントの降参犬 - 2001/12/16(Sun) 00:51 No.498  


> ある日、喫茶店の隅っこで彼氏が言うのには
> 君とはこれでお別れ バイバイグッバイさようなら
> あまりの事にびっくりして  どうして嫌いになったのか
> ○  ○ ○ ○....君は色が黒い

この歌詞のものは、また、これに近い詞もザ・ピーナッツ・レパートリーには
見つかりません。
詞が若者っぽく、洗練もされていないので当時のプロ作詞家の「詩」ではない、
そんな感じです。ニュー・ミュージック系とかフォーク系にはありそうですね。


Re: 教えてください ラ星 - 2001/12/16(Sun) 08:55 No.500  


9本目の忘年会を終えて(あと5本残ってる。)、なんだか気が晴れなかったので
「ハリー・ポッター」をオール・ナイトで観て来ました。
さあ、夕方までぐっすり眠ろう・・・と思ったら!

おでんさん、僕、なぜかその歌知ってます!題名は知らないんだけど。←おいおい!
僕が覚えているのは、大塚製薬かロート製薬のCMソングで、
「クイーン・シロー」という美白飲料(確かアンプル剤)のものでした。
一応、著作権とかあるかもしれませんが、書いてしまって良いですか?

 ある日、喫茶店の隅っこで 彼氏が言うのには
 君とはこれでお別れ バイバイグッバイさようなら
 あまりの事にびっくりして どうして嫌いになったのか
 (立ち去りぎわに)彼の言うことにゃ 君は色が黒い

 シロシロシロシロシロ クイン・シロー
 シロシロ クイン・シロー とってもおいしいクイン・シロー
 シロシロ クイン・シロー  チューーーッ! 〔チャチャチャ!〕

 日月火水木金土 クイン・シロー毎日飲んだら
 やがて色が白くなってきて 我ながら ほれぼれ
 自信満々 彼と会って 「どう?きれいになったでしょ。」
 「おお、僕は君が大好きだ。」 めでたく仲直り

 チューーーッ! <以下、シロシロ くり返し>

というものです。ユミさんがタキシードにシルクハット、
エミさんが黒っぽいドレスから白いドレスに替わります。メイクも、いくぶん白く。
(立ち去りぎわに)というところは、振り向きざまにだったかもしれません。
振り向いたユミさんが、人差し指をエミさんに向けて「君は色が黒い」と歌います。
椅子にすわったままのエミさんは、「まあ!」という表情で両手をほほに。

で、突然アンプル剤をストローでチューッと飲む場面に。
「とってもおいしい」というのが、なにやら妙ですし、
そもそも、色白になる薬というのも、黒いから別れるという話も謎でした。
しばらくすると、最後に二人そろって「男性用にはキング・シロー!」
と言うバージョンになって、ますます不思議なCMでした。
歌の中では「クイン・シロー」と聞こえるのですが、
たぶん「クイーン・シロー」なのだと思います。

後半のシロシロのところで、大きな噴水をバックにして
スマイリー小原さん指揮する楽団が登場し、
その前でピーナッツのお二人が軽やかに踊っていたような・・・・・。
もっぱら、クネクネと日本人離れした動きのスマイリーさんに目を奪われていました。
それにあの、三島由紀夫の顔を思いっきり上下に引っ張ったようにニカッ!と笑った
スマイリーさんの表情。夢に出てきそうでした。

もうひとつ珍しいなあと思ったのは、ピーナッツが別々の衣装を着ていたことです。
じゅんとネネのように男役と女役に分けるというのも、
ピンク・レディのように微妙に衣装が異なるということも、ほとんどなかったので。
そういうの、もっとやれば良かったのにね。


Re: 教わりました。 インファントの降参犬 - 2001/12/16(Sun) 09:31 No.501  


これですね。このCMソングなんですね。
そういえば、この扮装のCMの話題が名古屋に集まった時に出たような...
私はハマ・フォームのCMしかピーナッツ実写フィルム版を知りません。
また、これも地域性があるようで、他の人は見たことが無いとか...
とにかくインファント犬は天上天下唯我独尊、知らないことはそもそもこの世に
無かったことである、という思い込みがある困ったお人でして。ごめんね。


Re: お礼 おでん - 2001/12/16(Sun) 10:32 No.502  


有難うございました。
CDで持っていました。「ザ・ピーナッツ・シングルス」のDISK-2 の1曲目でした。
いい曲ですね、題名を忘れていました。
ちえみさんも皆さんも
「まめ(ピーナッツ)で暮らせ」!

 ある日、喫茶店の隅っこで 彼氏が言うのには
 君とはこれでお別れ バイバイグッバイさようなら
 あまりの事にびっくりして どうして嫌いになったのか
 
 クインシローデラックスのCMだったんですね。

 2曲とも頭の中で、浮かび上がってくるので。
 有難うございました、気がすっきりしました。


Re: 教えてください ラ星 - 2001/12/16(Sun) 11:52 No.504  


おでんさん、二曲とも判明して、よかったですね!

インファントさん、それです!
うわあ、“コマーシャルだよピーナッツ”のページをチェックするの忘れてました!
そうです。オフ会の時に、「非対称の衣装」を話題にした際、このCMの話も。
アンプルじゃなかったですね、すみません。それに、「クインシロー」でした。
エミさん、ユミさんも逆だったようで。

CMのピーナッツ実写フィルム版ですが、僕の今のところの記憶では、あと二つ。
ちょうど、その「クインシロー・デラックス」の下に出ている、
味覚糖・チョコハイディ。
残念ながら、どうしてだか画面を忘れてしまっているのですけど、
絶対に宮川さんが作・編曲したと思われる、派手でセクシーでパンチの効いた歌でした。

 キャンディーに抱きしめられた チョコレート
 ハイディ ハイディ チョコハイディ

♪チョコレート のところが突然、とろけるようにセクシー!!!
スリリングに上から降りて来るストリングス。
♪ハイディ・・・ は力強いハーモニー。

もうひとつが、味覚糖・バターボール。これは、歌わないのですが。
なぜかお二人が、一頭の象に乗って登場(本物。今考えると恐ろしい)。
キャンディをほおばりながら、

 エミ 「バターボール。」
 ユミ 「ベターボーレ。」
 エミ 「バターボール!」
 ユミ 「ベターボーレ!」
 エミ 「味覚糖・バターボール。」
 ユミ 「べた惚れ!」

というもの。だけど、青森のテレビには出ていたのに、
神奈川で放映されなかった(?)のは、どーして!?
逆に、ハマ・フォームのCMは、見た事がありません。


Re: 教えてください アンカー - 2001/12/16(Sun) 12:13 No.505


ラ星さん、なんでそんなに覚えてるの?
すごいですね。

「バターボール〜ベタボーレ」はなんとなく記憶の片隅にありそうでなさそうで・・・(どっちなんだ!)
でもピーナッツとむすびついてません。


Re: 教えられてばかり インファントの時超犬 - 2001/12/16(Sun) 14:11 No.507  


> だけど、青森のテレビには出ていたのに、
> 神奈川で放映されなかった(?)のは、どーして!?

この謎は簡単に解けると思います。放映が単にインファント犬の記憶にないだけです。
インファント暦でのザ・ピーナッツ・ビッグ・バンは、1961.7.30(モスラ封切日)。
これ以前の出来事は「無」なんです。なぜかシャボン玉は欠かさず見ていたのですが。
その「無」の時代の資料が沢山出て来るからピーホリは凄い。新世界ルルです。(?)


Re: 教えてください ラ星 - 2001/12/23(Sun) 23:42 No.533  


アンカーさん、
>ラ星さん、なんでそんなに覚えてるの?

自分でも不思議です。青森の民放は一局(フジ・日テレ系)だけだったし、
歌謡曲を歌うと怒られるような家だったのです。(「シャボン玉ホリデー」は別!
父が、なぜか“およびでない?”の植木さんのファンだった為。)
その反動でしょうか、許された時間に見るテレビは、
吸い取り紙のように記憶に残ることになりました。
その後、北海道の民放がいっぱい入る地区へ引っ越したので、
こっそりと歌番組を見るようになって。(深海さんと話が合うのは、その為。)
インターネットを始めていなければ、こんな記憶など、
何の役にも立たなかったでしょうに。
どうか、このページを見ているだけのファンの方々も、
どんどん入って来てくださいますように。


愛ふたたび   #019 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2001/12/19(Wed) 06:42 No.517  

♪愛ふたたび   1972(推定)
   作詞:谷川俊太郎 訳詞:朝吹由起子 作曲:浜口庫之助 
   編曲:? 演奏:?

この歌のことを何も知りませんでした。ピーナッツで初めて聴きました。
これでは解説もどきの事は何も書けません。だれか助けてくれ〜。
超著名作家が名を列ねているところから、さぞかし有名な曲なんでしょうね?
「愛ふたたび」で検索しても、元歌を歌った「鹿島トモ子」で探してもCDは無い。
名前で検索してたら、○○○真理教関連公判のHPが出て来たのでビックリした。
とにかく手がかりがないんです。(インターネットもこの程度のもんなのかなあ)
これではまるでピーナッツが歌い継いでいるという奇妙な現象となっているよねえ。

そこで視点を変えて、カバー歌謡一般論といきますか。
この歌は、ザ・ピーナッツ・カバー・ヒッツ「わたしの城下町」というCDに収録
されています。最近出た、ドリームCDボックスにも入っています。
音源はナベプロ系列のアポロン音楽工業の録り下ろしです。その解説から、
「当時、ミュージック・テープの需要と言えば、大半がカー・ステレオ用であった。
 免許を持っていない十代が買うことはまずなかった。したがってポップスものより
 歌謡曲・演歌もののミュージック・テープの方がどうしても多かったのである。
 ジャズ・スタンダードから民謡まで巾広いレパートリーを持つピーナッツだが、
 さすがに日本の歌謡曲をカバーするレコードを出したことはなかった。
 これはミュージック・テープだからこそできた企画といえよう」(抜粋)
ということで、これはかなりの珍盤なんであります。(よく発掘したもんだ)

実際に耳にするまではこのCDを手にしても、ちょっとした嫌悪感がありました。
おいおい、ザ・ピーナッツともあろうものが歌謡曲のカバーなんかすんなよなあ!
第一なんだよ、この選曲はよお、すんげえ趣味悪いじゃんか、冗談じゃないぜ...
...ところが、結構これ、いけるんですよ。意外、意外。
編曲は宮川先生だと思うんだけど、歌唱指導はどうも最小限みたいでピーナッツの
主体性に任せているような気がします。好きにやったら、みたいな感じで(笑)。
しかし流石に腐っても鯛(良い喩えじゃないか)というかクオリティの高さは凄い。

最近、固有名詞は避けますが、昔の歌をリニューアルして歌う方がおられまして、
そのCDを購ったんですが、聴いてすぐに飽きてしまいました。
所詮、御隠居の道楽みたいで、仲間と打ち込み音源で遊んでいるという感じです。
商品としては大量に売れたのでしょうし、企画大成功で結構なことですが...。
それに比べ、このピーナッツCDのひたむきさはどうでしょう。感涙もんだよ。
カバーとはいえ、なかなかどうしてこの生オケの分厚さは尋常じゃないですよ。
こんな立派な伴奏は最近とんと聴けません。ほんとだよ。営業的には疑問だけど。

昔は良かったなんて、つまらんこと言いたくない。今でもやれば出来るんだから。
バンドの技術自体はどの楽器でも今の方が上手なんだよ。きっとそうだと思う。
なのにさ、打ち込みばかりじゃ悲しいよ。作り手側の思っている完成度という点は
レベルが凄く高く理想的にはなるよね、人間技を超えることだって可能なんだし。
でも、こんな録音はとっても大事なものを失っているような気がするんだ。
音楽媒体を売る産業自体がこれではいずれダメになるような予感もする。
恐らく録音だけという商品は売れなくなって、映像主体の付随音楽になるのかも?
みんな長編CMみたいな映像を繰り返し眺めるのか。つまんないことになるな。


Re: 愛ふたたび   #019 アンカー - 2001/12/19(Wed) 22:32 No.518


この歌は元歌を知りませんでした。(今も)
で、ピーナッツの「カヴァー・ヒッツ」の中で演歌調のものが
多く入っている「私の城下町」の中でもちょっと苦手な部類です。
あんまり情感を込めて力いっぱい歌う歌ってちょっと。
もっぱら「ナオミの夢」の方ばかり聴いてました。

で、インファントさんの書き込みを読んで、あらためてじっくり聴いてみました。
この歌にハーモニーを付けて歌う事が既に奇跡だなあと思いました。
二人の声が同じメロディーを歌っていてもそれぞれ独立して聞こえ、
且つ一つに聞こえる(意味がわからなくなっている)。
今までリズムもの中心に聴いていたから、ピーナッツて
こんなに感情込めて歌う歌手っだったっけ?と思ってしまいました。
そうなんですね。
「愛のフィナーレ」だって「ウナ・セラ・ディ東京」だってこもってました。
それと以前話題にも出たと思いますがオーケストラの楽器と同じく
ピーナッツの声もその一部として曲が成り立っているんだということ、
あらためて感じました。
カラオケで歌うんじゃなくて生のバンドと一緒に歌ってこそ
相乗効果というかその歌が生きてくるのでしょうね。


初めまして・・・ 投稿者:Kuni 投稿日:2001/12/17(Mon) 11:55 No.513  

すいません。お邪魔いたします。
ワタクシ、愛知県安城市に住む(結婚前は岡崎市)1958年生まれの本当はロック&ブルース(洋楽)好き30年にもなる主婦です。
実はワタクシの出入りしているロック系のHPの中に「私的音楽史」というコーナーが始まり、ソレに参戦するため記憶の糸をたぐっていくと
3歳ぐらいのころ両親が映写機で録ってくれたフィルムの中にTVの画面に「ザ・ピーナッツ」さんが写りその前に母のペチコートを着て踊っていたのがあったと思い出し、その後は「ザ・ヒットパレード」も見て
アメリカからウォーカー・ブラザースという3人組(アノ当時ビートルズぐらい?人気あったです!)が出て初めて洋楽を好きになった・・と
書いてしまいました。

あとローカルの渥美町にあった(今でもあるか分かりませんが)
「あかまる味噌」のCMのコマソンをピーナッツさんが歌っていたのを
覚えています。もうとっくに話題で出てるかもしれませんが・・・
こりゃあ、またしっつれいいたしやしたぁ〜!!


Re: 初めまして・・・ アンカー - 2001/12/17(Mon) 12:50 No.514


Kuniさん、はじめまして。
管理人@アンカーと申します。
書き込みありがとうございます。
ロック系というとピーナッツの歌はあまり聴かれませんか?
いですよお〜、ザ・ピーナッツ。

ところで「アカマル味噌」の件、初めてです、このことを書いてくださった人。
実はホームページを始めた頃からいろんな人に聞いてまわり
掲示板でも尋ねたり、自分でも調べたのですが知ってる人は誰もいなかったのです。
やはり東海地方ローカルだったんですね。
歌詞は僕が覚えている限りでは

♪味もすっきり すばらしい
♪アカアカアカマル いいお味噌
♪朝の楽しい食卓に アカマルゴールドいい感じ
♪アカマル アカマル そのマーク
♪アカマル アカマル そのマーク

っていうんですが、あってますか?
もしご存知でしたら教えてください。
やあ、嬉しいです。「アカマル味噌」のことが聞けて。


「アカマル味噌」の歌、完璧だと思われます! Kuni - 2001/12/17(Mon) 14:23 No.515  


レス早速有り難う御座います!
ピーナッツは子供の頃はTVのみでしたが聴いておりました。
パヤ、パヤパヤ〜の「恋のフーガ」が好きでしたね!
GSも好きでしたので(特にタイガースのジュリーが・・)
ちょっとショック(笑)なこともありましたが・・・・

「アカマル味噌」は子供の頃、ウチで使っていました。
10年位前までは売ってたような気がするんですが・・・
「アカマル アカマル そのマーク」のトコだけは
しっかり覚えてまして今でもフシ付きで唄えますよ!!

またお邪魔いたしますね!まずは、お礼まで・・・・


おおっ! 投稿者:Tetsuroh 投稿日:2001/12/13(Thu) 22:07 No.490  

アンカー殿!お体の調子はいかがでござるか?
久々の海外盤のアップに小生ただただ感動しているでござる!
すげえっす!!!こんなのもあったんだー!!


Re: おおっ! アンカー - 2001/12/15(Sat) 06:55 No.492


Tetsurohさん、こんにちは!
ドイツ語盤も8枚全部紹介し終わりました。
こんなに出してたこと自体驚きなんですが、全部通して聴いてみると
ハインツ・キースリングと言う人が、とにかくザ・ピーナッツのことが好きで好きで
ピーナッツのために彼女達の魅力を最大限引き出せるような曲作りを
考えていたんだなあと思うんです。
宮川先生と同じで、ピーナッツのためならエンヤコラ。
ピーナッツって周りの人にそうさせる何かがあるんだな、きっと。


Re: おおっ! インファントの模糊犬 - 2001/12/15(Sat) 12:56 No.493  


おおっ! それは私がセブン・シーズ・レコード(日本発売元:キング・レコード)
盤のピーナッツを店頭で見つけた時にも発した声でもありました。なんてね。
一聴して、この作曲家はピーナッツ病にかかったな(笑)と直感しました。
ドイツだけではなくアメリカへ行っても演出とか振付けとかそういうスタッフに
滅茶苦茶気に入られたという記事をあちこちで目にします。
歌、踊り、演技、全てにわたってチャーミングなものに映ったと思いますよ。
キースリングさんも次々に楽しいアイディアが、楽想が浮かんで来たのでしょう。
日本語盤も出た「二人の恋人は」「スーベニール東京」なんかは白眉です。名曲だ!
これらを知らずして一生涯を終わる方は御不幸です(そんなことはないか:笑)。

久しぶりにこのレコードを眺めてたら、先日書いた「ショー・ビジネス・イン・ジャパン」
のテレビ放送の件。私は勘違いしているのかも知れないとフト思いました。
それはレコードの解説に、
●1964.11.26「スマイル・イン・ザ・ウエスト」主演のために旅立つ。
●この番組は同年大晦日にユーロビジョンを通じて全ヨーロッパにオン・エア。
●75分間の番組作りに一ヶ月ものスケジュールが組まれた。
ということが書かれています。
私がNHKで見て強烈な印象を持ったのは、恐らくこっちなのでしょう。

原宿テレビさんから教えて頂いた、3部構成ではなくって、ピーナッツばかりが
出ずっぱりの75分間であったと思うからです。
不思議なのは「ショー・ビジネス...」「スマイル・イン....」のどちらもが
1964年の大晦日に放映されたとしたら、ヨーロッパはピーナッツに占領されたと
いう凄まじい状態になってしまった(笑)と思うので、それはないと思うんです。
とにかく記憶は曖昧です。何か正確な記録が残っていたらいいのですが。

余談ですが...
ザ・ピーナッツが初めてヨーロッパへ旅立つ日、心配で(ウソ)羽田空港まで
お見送りに行きました。文字どおり豆粒みたいにしか見えないピーナッツさんに
手を振ってまいりました。(馬鹿だねえ...今もか...)



愛は永遠に   #018 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2001/12/13(Thu) 23:55 No.491  

♪愛は永遠に  1966.05
   作詞:岩谷時子 作曲・編曲:宮川泰 
   演奏:レオン・サンフォニエット

とこしえに...タイトルからしていかにも岩谷時子さんらしいです。
こういう書き方はもっともらしくて実は何も表現してない狡い逃げ方でダメか。
難しいんです。この岩谷時子&宮川泰コンビの作品の持ち味を言い表すのって。
ここ一週間くらい通勤電車の中で首をひねってました。
少女趣味というのが近いかなとは思うのですが、この言葉も印象が分かれるしね。
愛おしい詩と曲と言えば適切かなあ。健全な哀感とでも言いましょうか?

世俗的でどろどろした刺激的な歌詞。人生の苦労を一手に引き受けたような歌詞。
そういうしぶとさがない。キャッチフレーズがない。汚れがない。そこがいい。
人間が素直でないと。なかなかこのような穏やかな詩は書けないのではないか。
可憐な女学生(死語?)がノートの片隅に書いた詩のようで、とっても愛らしい。
宮川先生も完璧にチャイコフスキーの生まれ変わりみたいになってしまっている。
こいうのがお好きなんだろうなあ。文句あんか〜、宮川だ。(青島、谷風)

この周波数に、またピーナッツが、その歌声が、パシッと乗っているんだ。
たまりませんわ。この世界に入り込んだら最後、抜けられませんよ墓場まで。
ドリーム・ボックスほかで未発表曲の「あの空の向こうには」が入ってました。
商品として売り出せなかったであろうことは一聴瞭然。流行歌にはならないよね。
これが、1966.03収録だから「愛は永遠に」はこれのバージョンアップでしょうね。
捨て難いフレーズが幾つか使われてます。それをしつこく使い回ししたいその思い..
実に良くわかるんだな、この感覚。ああ..文章も千々に乱れてしまいます(笑)。

ヒットした宮川作品も勿論いいのだけれど、流行らなかった曲にこそ神髄が窺われる。
宮川作品に駄作はない。捨てるところなど何もない。宝の山だと思っていますよ。
ただの音符を並べただけなんだけれど、宮川節には暖かい心情が滲み出ているんです。
音楽の形式としてはきちんと常道を踏まえている。人間の感性を苛立たせず自然だ。
だけど平凡ではない、心惹かれる旋律が非凡だ。この曲も例外ではありません。

お得意の編曲においても、弦のピチカートが多用されて、儚くも美しい演出が素敵だ。
あの大ヒット「恋のバカンス」では、まだ譜面を見て練習して間もなく吹き込んだと
いうような感触をどことなく感じるんだけど、全然流行らなかったのにこっちの方が
ピーナッツの歌はメロディーを的確につかんでいて実にしなやかに歌いこなしている
と思います。こういう出しゃばらない曲にはそれなりの存在意義を感じてなりません。
こういうのを、いいな〜、と聴いていると、世間から取り残されてしまったような、
物悲しさまで身内に漂って、超然とした世捨て人の気分を満喫出来ます(笑)。
自分だけ違う時計で生きているようで、むしろ痛快でもありますね。


すみません、しつこく“今池音頭”です。 投稿者:アンカー 投稿日:2001/12/11(Tue) 21:23 No.478

9月に行われた“今池祭り”協賛“今池音頭”新アレンジ募集で
選ばれた曲を“ステージ101”のホームページで聴く事ができます。
アドレスは
http://www.stage101.com/
で、HOMEの更新履歴の9月24日のリンクへ行ってみてください。
ザ・ピーナッツのオリジナル版と新アレンジ版の両方を聴く事ができます。
MP3かリアルオーディオ方式の2種類あります。

僕とラ星さんはこの新アレンジで舞台で踊ったのですよ♪


Re: すみません、しつこく“今池音頭”です。 ラ星 - 2001/12/12(Wed) 01:54 No.481  


いやあ、はずかしいです。もう、そんなことすっかり忘れておりました。
てっきり、オフ会参加者全員が踊るものだと、正直に信じていたのです。
新しいアレンジ、変なことになってたらイヤだなあと思っていたのですが、
ほとんど違和感がなく、「お、いいねえ。」なんて思ってしまいました。
会場で聞くと、若々しく力強くて。
なぜか、ぶっつけ本番の踊りもぴったり合ってしまい、びっくり。
互いに「ここで、ちょっと待とうか。」と目で合図しあったりして、
いっちょまえに、踊りのおねえさん方と交流をしてしまいました。
皆さん、ありがとうございました。

でも、僕は四日くらいかけて練習したのに、
アンカーさんは、いきなり見よう見真似で踊ったんですよ!
踊りながらアンカーさんのなめらかな動きを見て、思いましたよ。
「俺の努力は一体、何だったの!?」と。やっぱラ星、時間のかかる奴なんだわ。


Re: すみません、しつこく“今池音頭”です。 インファントのMP3犬 - 2001/12/12(Wed) 22:12 No.486  


NEW今池音頭! 期待以上に良かったですよね。
明らかに打ち込みっぽい演奏ですが、それがあまりイヤミがなくってね。
ダウンロードして聴いたら、名古屋の一日を懐かしく思い出しました。
当日、でっかいPA装置でピーナッツのオリジナル音頭が鳴ったのでそれだけでも
ハッピーな気分になりましたが、リアレンジは元歌を凌駕する出来でした。
原曲は渡辺晋とシックス・ジョーズのコンボ演奏だから余り迫力はなく物足りない。
盆踊りとかお祭りの歌なんだから、おNEWの方が盛り上がりそうです。
...と...いつの間にか娘が背後霊のように後ろで聴いておりました。
「こっちの方が全然いいよ」だってさ。(ちょっとショック:泣きベソ親父)
「でも歌はピーナッツが上手だね。声もいいし」(ニコニコッ:単純親父)


Re: いやいや“今池音頭”楽しいです。 迷い猫 - 2001/12/13(Thu) 07:24 No.488  


アンカーさん! おはよう。
リンク先へ行って来ました。(しっかりダウンロード)
どちらもイイです。アレンジは、誰が歌っているの?
今風の英語チックな発音のように感じるのだが・・・。
そういえば今池音頭の映像(動画)は、UPしないのですか〜。
ちっちゃくすれば小容量だし、あんまりわからへんと思うのですが・・・。
っと言っても、こちらもまだDVD−RAMのカメラ:未編集です。
デジカメの映像もPCへ取り込んだまんま:時間出来たら送りますね〜。
下記は、オマケ↓番組紹介 興味ある方は見てちょーよ。
    http://www.mietv.com/03_music.html
TV東京系列 歌って最高!12月17日(月)=テレビ愛知
   (リンク先は田舎放送局の為、遅れて放送しますネン)
22:00〜22:54放送 テーマは師走!
▽こまどり・その人生と今 ▽布施明・シクラメン秘話 ▽氷川未公開映像
▽いつも元気な真知子ちゃ〜ん!(これウソッ!)・サーカス共演「迷い道」


Re: すみません、しつこく“今池音頭”です。 アンカー - 2001/12/13(Thu) 07:41 No.489


>迷い猫さん
>そういえば今池音頭の映像(動画)は、UPしないのですか〜。

ウチのパソコン、動画(テレビ画像なども)取り込めないのです〜。
もちろん編集もできへんの。ビデオキャプチャー付いてないから。
最初からMPEGになっていれば見ることはできるけど・・・

でも僕の踊りを載せてもねェ。ソッポ向かれそう。


「ショウビジネス・イン・ジャパン」の記憶 投稿者:アンカー 投稿日:2001/12/12(Wed) 19:59 No.485

インファントさん、また大勢のザ・ピーナッツ・ファンの皆様、
この度、ある方から私宛にメールをいただきました。
この方は「インファント氏が番組の目撃者が現れないことを
嘆いていらっしゃる」ので、当時のテレビ番組を見ていた人間が
他にもいるという事をお知らせしたかった。とおっしゃっています。
ただ、掲示板に書き込むのはためらわれるという事で
私宛にメールを下さいました。とても控えめな方です。
では以下その内容です。

***********************************************************

1964年にドイツのババリア放送協会が制作し、
その年の年末特別番組として放送されました。
35ミリのフィルムで撮影されたモノクロ番組です。

全編は3部からなり、第一部は宝塚のスター、
那智わたると麻鳥千穂が出演する「宝塚ショー」でした。

第二部はフランスのジルベール・ベコーと
カテリーナ・バレンテの弟のシルビオ・フランチェスコのシャンソン、

そして第三部がザ・ピーナッツの歌と踊りで構成されています。

制作のタイミングがちょうど東京オリンピックの開催と同時期でしたので、
「東京からのおみやげ」などのオリジナルも歌われました。
この三部作はそれぞれ別に制作されて、後で一本に編集されたため
各編の出演者が一緒になることはなかったようです。
また、番組がどのような意図で企画されたのかは明確ではありませんが、
少なくともエキゾチズムをメインテーマにしていないことは明らかです。

このフィルムは翌65年、NHKで一部削除した特別番組として放送されました。
担当は「ミッチと歌おう」や「アンディ・ウイリアムズ・ショー」などを
日本に紹介した調達番組部の吉村祥子ディレクターです。

◆36年も前の記憶ですので、間違いが含まれる可能性が大であります。
もう少しよく思い出して、そしてできればどこかに記録がないか調べて、
またお知らせします。
私自身はこの放送を見ていますが、なかなかきちんと思い出せません。
内容は完全に私の記憶だけで、証拠はありません。
間違いに気が付いたらまた訂正させて頂くかも知れません。

by.原宿テレビ

************************************************************

以上です。
インファントさん、他にもこの番組見ていた人が現れましたよ!
また一つピーナッツの輪が広がりましたねー。
少しずついろんな情報が集まり、嬉しいです。
原宿テレビ様、ありがとうございました。
また何か思い出したら、メール送って下さいね。


Re: 「ショウビジネス・イン・ジャパン」の記憶 インファントの感謝犬 - 2001/12/12(Wed) 22:15 No.487  


> また一つピーナッツの輪が広がりましたねー。
> 少しずついろんな情報が集まり、嬉しいです。

この時期は渡辺プロのタレント友の会の会員をやめてしまったので海外での活動など
全然わからなかったのです。いつまでもピーナッツ狂いじゃダメだよなあ、などと、
インファント青年は自己の構造改革に心掛けたのでした。が..しかし..
手塚治虫とピーナッツは脳の構成要素になっているようでもう死ぬまで治りません。

名古屋で外国盤を見せて頂いたとき、元の持ち主の方が何度も針を通された品物が
多いのがピーナッツの出物の特徴だという話を聞いて、そんなに何回も聴いてくれる
人が海の向こうに沢山いらっしゃるということが実感出来て嬉しかったです。
もう既にミーハー的な人気者ではなかった彼女たちの活動が芸能ニュースなんかでも
あまり大きな扱いにはならなかったのが残念でした。

NHK紅白の司会者は業界仲間なので良くご存知だから、世界のピーナッツみたいな
紹介をしたのだけれど、視聴者はただのお飾りのお世辞だなと感じたかも知れません。
ザ・ピーナッツの芸歴の中でも一番の晴れ姿の時期でありながら資料不足で無念です。
アンカーさんもプロフィール・コーナーでこの時期を詳しく伝えたいのでしょうね。
原宿テレビさん、また何か情報があったらぜひお知らせください。