新・掲示板だよ、ピーナッツ!
2002年3月16日〜2002年5月19日
(ページの一番下から古い順です)

お知らせ&お願い 投稿者:アンカー 投稿日:2002/05/16(Thu) 15:08 No.1046  

みなさん、こんにちは〜。
いつも遊びに来ていただきありがとうございます。

実はつい最近PCをWindowsXPに買い替えました。
今までWindows98だったんですが何気なく作っていたページなども
XPになって初めて気付く不具合があります。
トップページのカーソルにあわせて星がキラキラと付いてくるものも
MACユーザーの方には申し訳ありませんでしたが
それなりにきれいだったのでそのまま使っていましたが
XPになったら最初にエラーメッセージが出るようになったので
はずしてしまいました。

また各ページも、あらためて見てみると改行が変なとこで行われていたり
左寄せにしていた文章がなぜかほとんど全部中央寄せになっていたり
いろいろおかしいところが出てきています。
そういうページを見つけ次第直していこうと思いますが
なかなか一度というわけにはいかないので、みなさんが
気が付いたところを教えてくださると、ありがたいです。
また画像などもひょっとしたら見ることができないものもあるかもしれないので
そういうものが見つかったらご一報ください。

今、パソコンのデータの移動で悪戦苦闘しているところです。
なんだか面倒な問題がたくさん出てきて
98では問題なく動いていたのにXPにしたらソフト自体が
対応していないというものもいくつかあって、
結局そういうものは新しく買わなくちゃいけなくなって、たいへんです。
ホームページビルダーも最新版を買いました。
いやんなっちゃう。
どうぞよろしくお願いします。


Re: お知らせ&お願い インファントの激励犬 - 2002/05/16(Thu) 23:30 No.1047  


> 実はつい最近PCをWindowsXPに買い替えました。

今は色々大変みたいですが「苦あれば楽あり」と言います。頑張って!!

届きました〜♪からですが、
> 手続きとかは簡単でしたか?(日出チャンの質問)
> 簡単でしたよ〜☆(みえちさんの答え)

信じて..先ほど、私も注文してしまいました。(笑)二冊あってもいいよね〜。

あれれと思ったのは、注文後、トップに戻ったら....
●Amazon.co.jp のおすすめ
レッツ・ゴー ピーナッツ!, ザ・ピーナッツ
ザ・ピーナッツ・カヴァー・ヒッツ〜わたしの城下町〜, ザ・ピーナッツ
だってさ!!
びっくり、アマゾンって人工知能が動いてるの?
じゃなければ、私のディスクにハッキングかけたとか?(まさか:笑)。


Re: お知らせ&お願い 迷い猫 - 2002/05/17(Fri) 12:37 No.1048  


みえっちさん!
田舎には本屋さんってあらへんし・・・
わたいも代引きで買うわ〜。
名古屋から帰ってきてから申し込みしよぅーっと!
さぁ ぼちぼち食事してから、出発しますよー。
アンカーさん そちらへ到着は3時半頃かな?
雨降りやさかい ゆっくりピーナッツ聞きながら行きます。


Re: 今頃☆ みえち - 2002/05/17(Fri) 21:15 No.1049


今頃、アンカーさんと迷い猫さんは
楽しんでいるんだろうな〜(^―^) ニコリ♪
名古屋から帰ってきたら
アマゾンですねd(>_・ )グッ!


アマゾン・どっと混む!? 豆だぬき - 2002/05/18(Sat) 00:36 No.1050  


みえちさんの影響でアマゾンは忙しそうですね。実は私もアンカーさんを通じてこの本を知った時、三冊も本屋さんに注文したのです。勿論一冊は自分用でしたが、後は友人へのプレゼント用。「こんなにステキなプレゼント久し振り!」と大喜びされましたよ。


Re: ホリデー&バカンス インファントの休日犬 - 2002/05/19(Sun) 00:45 No.1053  


シャボン玉ホリディーの本の話題とちょうどタイミングを合わせたように
番組の初期企画段階の試行画像が紹介されました。
アンカーさんは四次元ポケットを持っておられるのか?
どこでもドアがお宅の中にあるのでしょうか?

ピーナッツ・ホリデーの名前は番組名にはならなかったけれど日劇の6月定期公演に
使われて、ほのぼのとしたいいネーミングだと思いました。
「バカンス」を日本で日常的に使いだしたのも「恋のバカンス」がきっかけでした。
ザ・ピーナッツは休日御用達の歌手なんですね。
んなこと書いていたら...あら...もう日曜日になっちゃった。


雨の赤坂   #043 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/05/18(Sat) 23:32 No.1051  

♪雨の赤坂   (収録年月不詳:71〜72年頃か?)
   作詞:橋本淳 作曲:三原綱木 編曲/演奏:記載なし

ジャッキー吉川とブルー・コメッツのというか、三原綱木の歌でヒットした曲です。
「さよならのあとで」の方が輪唱部分もあって面白いのではないかと思ったけど、
あの「遅くなったから..もう帰ろうか..」というセリフがピーナッツじゃ駄目(笑)。
オリジナル盤の編曲は大御所の筒美京平さんですが、このCDは不明。
筒美京平さんは歌が三番まであったとしても同じ事を三度繰り返す単調さを嫌う。
そしてピーナッツのCDは終盤の部分のアレンジをほぼ踏襲しているように感じる。

先日、「新/亜麻色の髪の乙女」をテレビのベストテン風番組で偶然見聞きしました。
なんとお手軽なアレンジだな〜と思いました。
どのように料理するのか、というところがカバーの面白さなんですがね〜。
伴奏はほとんどリズムボックスみたいなもんだし、手抜きというと言い過ぎかな?
この演奏で、かつ、いい味を出そうとするなら、抜群の歌唱力や個性が要るのでは?
それすらも見当たらない。顔とスタイルで売る歌手の話題づけだけの選曲みたいだ。

市販されているCDの演奏はまた違うのかも知れないが、昨今はレコーディング用の
カラオケをそのまま使うことも多いから、同じである可能性が高い。
タダでくれるなら頂いてもいいが汗水垂らして働いたお金で買う代物とは思えない。
これもたまたまだけど、中森明菜さんの「異邦人」録音風景をテレビでやってた。
この伴奏はフルオーケストラなんだそうだ。
「異邦人」は元々フルオーケストラなので何も報道するに値する出来事じゃない?
さわりを聴けたのだが、なんということもない。平凡そのものだと思う。
オーケストラを使うということが今の時代は特別な出来事であるようで、情けない。

中森明菜さんは良心派で別なのでしょうが、良い歌を歌い継ぐという真摯な姿勢と
いうものが感じられない商品が多すぎないか?
今風なアレンジについていけないだけじゃないのかと反論されるかも知れないが、
クオリティそのものが低いものが流行りだとすれば、ついて行きたくはないですね。
何億も所得申告される歌手が手がけたカバー曲など30年後も誰か聴くのかしら?
個人の価値観の相違の問題なので決めつけるのは間違いだと自覚はしているものの、
刹那的な際物CDは週刊誌みたいなもので話題についていくのには適切なんだけど
手元において愛聴しつづけるようなものが本物じゃないかと思うのであります。

カバーそのものが悪いなんて毛頭も思っておりません。
カバーであろうとオリジナルであろうと良い仕事をしたものを聴きたいのです。
歌謡曲をナメてるような、こんなもんでいいだろ、単純な方が逆に受けるから。
そういうのでも商売が好調みたいだから救い難い時代だ。
中には良い物もあるのでしょうが確率の低い賭けをするようなつもりはない。
そうまでして、この歌手でのカバーを聴きたいという魅力に満ちた人も居ない。

若者だけの音楽市場にしたくはないという動きでカバー企画が増えているという。
これは大きな間違いをしているのではなかろうか?
古い歌を現役の歌手が歌うことが良いものを残すことだろうか?
歌い継ぐということが大切なのだろうか?
私はそうじゃないと言いたいのです。古い歌もちゃんとCDで聴けるんだからね。
継承して欲しいのは「精神」です。「心」です。

演歌を歌うことが良き伝統を残す? ほんとうか? そりゃ違うぞ。
私の子供時代には「演歌」なんてジャンルはなかった。
本当は「フォーク」と同じで、当時の営業の手段のただのキャッチフレーズだよ。
昭和前半にはそんな歌はあまり無いでしょう。殆ど伝統でも日本文化でも無い。
逆にザ・ピーナッツが歌ったオリジナルに近いようなものが昭和前半にあるんだ。
ピーナッツは何処のジャンルにも埋没しない。ザ・ピーナッツ・ジャンルだし。
演歌の売り上げなんてものは今ぐらいが妥当だと思う。狭い世界なんだ元々。
「フォーク」なんていううさん臭いこじつけジャンルも死滅しても良いと思う。
あれも商売のために他と違うことを押し付けた世界だから無意味なジャンルだ。

それよりももっともっと重要な演歌やフォーク以外に沢山あったいい歌の世界。
これの伝統がどうしたものか消え失せてしまっている。
国営放送のBSでも暴力団組員風の男性や水商売風和服女性の歌手ばっかりだ。
じゃなければ「フォーク大全集」だ。なんだよフォークってさ、変に媚びるな。
一方、ベストテン番組では幼稚園の発表会か小学校の学芸会を見ているような
拙い芸ばかりだし、CG多用のサイケな画像の宣伝ビデオを流してお茶を濁す。
まともな歌謡番組はどうしちゃったんだ。
「雨の赤坂」は演歌でもフォークでもない良い歌謡曲の一つでしょう。
また、グループ・サウンズなんて妙なジャンルでもないんだよ、と確信します。


届きました〜♪ 投稿者:みえち 投稿日:2002/05/12(Sun) 18:59 No.1034

「シャボン玉ホリデー〜スターダストをもう一度」
の本が届きました〜(^―^) ニコリ♪
楽しいですね〜
本当に写真も多くてうれしいです。
読んでいると顔から笑みがこぼれてしまいます。
ザ・ピーナッツかわいいですね〜
そしていろいろな格好をしていますね〜☆
リアルタイムでシャボン玉を見られなかったので
この本を読んでいると
リアルタイムで見ていたような感覚になります。
ザ・ピーナッツ最高です〜d(>_< )GOOD!ベリーね!


Re: は...早いっ! インファントの祝犬 - 2002/05/12(Sun) 22:06 No.1035  


今日はシャボン玉記念日になりそうですね〜。 おめでと〜。 \(⌒∇⌒)/
すごい情報量ですよね。一生懸命作ったという本だし。
これはお買得だと思います。(お金の問題じゃないけどさ:笑)
ほのぼのと嬉しくなる気分÷1600円=∞ こんな感じかな?


おめでとう! 豆だぬき - 2002/05/13(Mon) 00:00 No.1036  


みえちさん、「シャボン玉ホリデー〜スターダストをもう一度」の本、手に入れられて良かったですね。私なんて読んでると、行間からそれぞれの出演者の声がそのまま聞こえて来る様で、涙ぐみそうになるくらいです。インファントの祝犬さんもきっとそうではないのでしょうか?


Re: 届きました〜♪ みえち - 2002/05/13(Mon) 19:50 No.1037


インファントの祝犬さん!!
豆だぬきさん!!

本当に本当にすごい本ですね〜☆
ほのぼのと嬉しくなる気分÷1600円=∞ 
です(爆)
豆だぬきさんと同じく私も涙ぐみましたよ。
なんだか泣いたり笑ったり出来る一冊ですね〜☆
アンカーさん、おすすめの本だけあって
とってもお得でした☆
(^―^) ニコリ♪


Re: 届きました〜♪ アンカー - 2002/05/14(Tue) 22:23 No.1038  


みえちさん、よかったですねー。
ずいぶん早く届いたんですね。
この本はザ・ピーナッツのことをまともに取り上げた
唯一に近いものです。
シャボン玉=ザ・ピーナッツといえるくらい。

カラー写真の一番はじめに載っているお月様に乗っている写真と
15ページの白黒の写真がお気に入りです。
今自分の持ってるものはすりきれてだいぶボロくなってきたので
もう一冊新しいもの買おうかなあ。


Re: 届きました〜♪ インファントのもう一度犬 - 2002/05/14(Tue) 23:03 No.1040  


みえちさん、
眺めて読んだ感じは、皆さんにもお薦めしたいという感じだったでしょうか?
次の項目から妥当なものを○でかこめ。(どうやって?)
(1)買わないと一生後悔するだろう。
(2)強くお薦めします。
(3)損な気分にはならない良い本です。
(4)お小遣いが余ってたらどうぞ。
(5)物好きな人は買いなはれ。

アンカーさん。
> 今自分の持ってるものはすりきれてだいぶボロくなってきたので
> もう一冊新しいもの買おうかなあ。
同感、同感。なんで同時に同じ事を考えるのかな〜。アンカー日出ちゃん。
インファント月ちゃんも今日、そう思ってたの。(気色悪い書き込みだな:笑)


Re: 届きました〜♪ みえち - 2002/05/15(Wed) 20:35 No.1043


次の項目から妥当なものを○でかこめ。(どうやって?)
(1)買わないと一生後悔するだろう。
1に◎です!!
本当にすごい本ですよ☆d(>_< )GOOD!ベリーね!

アンカーさんがおっしゃるように
まさにシャボン玉=ザ・ピーナッツですね☆
アンカーさんもアマゾンで購入するのかな〜♪
\(⌒▽⌒)/

(* ^-^)ノ(* ^-^)ノ
アンカー日出ちゃんとインファント月ちゃん
良いですね〜(^―^) ニコリ♪


Re: 届きました〜♪ アンカー - 2002/05/16(Thu) 05:23 No.1044  


アンカー日出ちゃんですー。
インファント月ちゃんとは、遠くはなれていても心はひとつ〜♪思いもひとつ♪

みえちさん、
アマゾンはまだ利用したことがないけど
手続きとかは簡単でしたか?


Re: 届きました〜♪ みえち - 2002/05/16(Thu) 09:24 No.1045


アンカーさん☆
>みえちさん、
>アマゾンはまだ利用したことがないけど
>手続きとかは簡単でしたか?
簡単でしたよ〜☆
私も初めてだったのですが簡単でした。
私は代引きにしたのですが♪


雨にぬれても   #042 投稿者:インファントのもう一度犬 投稿日:2002/05/14(Tue) 23:13 No.1041  

♪雨にぬれても     1970.07
RAINDROPS KEEP FALLIN ON MY HEAD
   作詞/作曲:B.Bacharach,H.David 編曲:ク

このアレンジは凄いです。これは外国にも紹介したいくらいですね〜。
アレンジや演奏や録音のことばかり書いているようにお感じになるかも知れませんが、
私の中ではザ・ピーナッツが上手いとか他にかけがえのない程凄いなんてのは通説で、
地球は丸いんです、お砂糖は甘いんです、と言うようなものなので書かないのです。
穏やかな表現を心掛けておられると感じられるアンカーさんまでも、
> 全曲英語で、ピーナッツの本領発揮のLPです。こういう歌を歌わせたら、
> 他にかなう歌手はいませんね。
と書かれておられるように、この手の歌なら世界一とまで私は思ってます。

お前は世界中の音楽を聴いた事があるんか、と突っ込まれると困るんですけど。(笑)
まあ、大統領〜、世界一、双豆屋〜と、舞台に声をかけてる贔屓客みたいなもんです。
リズム感もそうだけど、何たって音程が凄ェーいい。歌手なら当たり前? そうかな?
それとこのなんていうのかな〜勘がいいよね。音楽へのノリ。アレンジ意図へのノリ。
ザ・ピーナッツが円熟期に入ったことがダイナミックさとなって顕われているんだ。
ダイナミックといのは強弱、コントラストのことですよ。これが巧みになってきた。
聴く音楽にはとても大切な要素なんだ。「聴かない音楽」には無意味なんだけどね。
聴かない音楽って何かって、それはダンス用だったり、大騒ぎして見るコンサートさ。

ところでこのアルバムの編曲はクニ・河内さんと宮川泰さんが半々にやっているんで、
その対比が面白い。二人ともかなり斬新さを意識して競争しているみたいだし。
とにかくアレンジが命のもんだから、こういうのは編曲料ってかなり頂けるのかな?
というのはあるHPで宮川さんの対談が掲載されていて、その中で、恋のフーガの
編曲をして印税を頂く事になったいきさつを語っておられるんですが。
アレンジは通常、印税はないのだけれど、すぎやまこういちさんがちゃんと印税を
つけてくれた。つまり、それほど前奏、間奏、エンディングが素晴らしかったから。

ここで初めて知ったのは一般的には編曲に印税(歩合制収入)がないのだということ。
そういうものだったのですね〜。ということは手間賃一時払いということなんだ。
でもこれでは楽しみがないよね〜。恋のフーガで宮川さんは大喜びしたわけだよね。
だってさ、ザ・ピーナッツの本当に久々の世間に受けたヒットだったからね。
これがなかったらちとヤバかったくらいだ。これで面目が立ったような感じだったよ。
やっぱりアレンジって大事だよ。歌謡曲でいきなりティンパニー鳴らしたんだからね、
あの筒美京平さんも、いや〜あれは凄いッスなんて感嘆したんじゃなかろうか?

「雨にぬれても」には実はもう一つのバージョンが残されています。
これはアポロン音源で、夢のシャボン玉ヒッツというCDに入っています。

こちらはアレンジャーのお名前が入ってませんが、まあ宮川先生でしょうね。
フィーリン・グッド版よりオーソドックスなオーケストラの使い方をしています。
また「恋よさようなら」とリンクされていて洒落ています。

ピーナッツの英語の発音はどうかって? んなもの私に、♪わかるはずがない〜のよ。
それとバックコーラスのフォー・メイツも頑張ってるよね。段々と上手くなったしね。
スクールメイツからの選抜だと記憶してるけどピーナッツのバックを殆ど担当してる。
もち、演奏も抜群。いかにも手が届きそうなリアルな生演奏の息吹が聴こえるよう。
さてさて、また音の話で恐縮ですが。(笑)
このLP(CD)の音質は実に美しいですね。アナログ録音の頂点じゃなかろうか?
最高だなあ。音楽の録音っていうのはこういう風にやるんだよというお手本ですよ。

「恋のバカンス」等のシングルもいいけれど、やっぱりピーナッツは企画物が凄い。
ベスト盤を聴くだけではその魅力を充分に味わったとは言えないような気がします。
宮川さんも、ピーナッツも大ヒットを飛ばすという一発屋じゃないんだと思うんです。
仕事の積み重ねの量と質が凄いんだと思う。全体が現在見聞き出来ないのが悔しい。
だからこそ、このような企画物は他を圧倒するクオリティを秘めていると確信します。
ジャケットも歌手の写真をこんな風にトリッキーに使ったりしてセンス抜群だった。
あらゆる点でピーナッツ・レコード(CD)の最高峰の一枚だね。


The PEANUTS 投稿者:Yuuki Nishimura 投稿日:2002/05/12(Sun) 15:13 No.1033  

VERY GOOD


今夜の番組は・・・? 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/05/11(Sat) 18:33 No.1028  

毎度おなじみの 日本テレビ系列「The・夜もヒッパレ!」夜10:00〜10:54放送
なんですが・・・後半のスペシャル・ライブが、何となくあやしいのです。
辛島美登里と永井真理子のコンビが、ミーナの「砂に消えた涙」(ザ・ピーナッツ調で)
を歌うとか・・・? ガセネタだったら、ごめんなさい。


Re: 今夜の番組は・・・? みえち - 2002/05/11(Sat) 23:12 No.1032


見ました〜
今見ましたよ〜!!
(^―^) ニコリ♪
ザ・ピーナッツって名前まで出たので
うれしかった〜☆
でもやっぱりザ・ピーナッツのが良い・・
f(^-^; ポリポリ


雨がやんだら   #041 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/05/11(Sat) 22:21 No.1031  

♪雨が止んだら   (収録年月不詳:71〜72年頃か?)
   作詞:なかにし礼 作曲:筒美京平 編曲/演奏:記載なし

ご存知、朝丘雪路さんの大ヒット曲。
朝丘さんの歌には他には何があるのか全然知りませんが、これは大変な名曲です。
浅田美代子さんとか一々例を上げるまでもなく、筒美京平さんはこのような例が多い。
朝丘さんの歌はその歌い方がはっきり言って好みではなく、筒美京平オーケストラの
レコードの方が好きでした。アレンジも含めた全体が素晴らしいからなんです。

別に朝丘雪路さんの歌唱を悪く言っているんじゃないんです。善し悪しじゃないんだ。
同じようにベトベトと歌ってるのに園まりちゃんだと許してしまうんだからね(笑)。
聴いてないのにケチつけるのは駄目だけど、学問じゃないから好き嫌いでいいと思う。
氷川きよしさんがBSで歌った「高校三年生」がオリジナルより良いんじゃないか、
と思ったけど、そう思っても悪くはないと思うんだ。

「ザ・ピーナッツ・カヴァー・ヒッツ」というCDが2枚出て、その内のいかにも
歌謡曲ですよ〜という一枚が「わたしの城下町」というサブタイトルCDでした。
そこにこの歌も入っていたわけですが、正直、聴く迄は怖かった。
なぜなら、この曲が好きだったから、変なアレンジで壊さなければいいけどなあ、
と恐ろしかったんです。他の歌手ならいいけど、ピーナッツにしてほしくはない。

そんな杞憂は吹き飛んでしまいました。
原曲の味を全く損なわない編曲だったからです。あ〜よかった。
素人でわからないのですが、編曲者は筒美京平さんから原典版を借りるのでしょうか?
たぶん、そんなことはしないで、耳で聴いたままを再構築するのだろうと思うのです。
というのも、細部までまったく同じではないのです。良さが活かされているんです。
出だしのコーラスも大分違うし第一、ピーナッツ自身がやっちゃてるんだから(笑)。

朝丘さんの歌ではそれがいいんじゃないか、かもしれないけど、粘っこくて鬱陶しい、
と感じる歌唱も、ピーナッツも精一杯粘っこくやってるんですが粘っこくならないで、
その程の良さがとってもいいんだす。私にとってこれは宝物の一枚になりました。
最初、このCDを手にした時、その曲目の趣味の悪さに唖然としました。
悪夢というか、ぞくっと悪寒が走った程でした。珍奇なゲテモノと思ったのでした。
けど百見は一聴にしかず、下手物どころか上手物ですよ、これはね。

そのままのアレンジではザ・ピーナッツが歌う意義がないものは大改変を行ってます。
一方では、原典のままでピーナッツが歌ったら、元歌に負けずとも劣らぬ出来になる、
そういう曲調のものは殆どオリジナルに忠実にやっています。
そのあたりの見極めが卓越しています。大変な見識を持ったアレンジャーです。
これは原曲の良さもピーナッツの良さもきっちり見切った方でしょう。
そうすると宮川先生しか思いつきません。違ってたら、ごめんなさい、です。
オリジナルに負けない重厚な演奏、そして、録音、ともに秀逸です。

<蛇足のコーナー>
カバーといえば....ラ星さ〜〜〜ん。たいへんだよお〜〜〜。
さっきBSで島津亜矢が元禄名槍譜「俵星玄蕃」をカバーしちゃってましたよ。
あれは神域なのに...無茶をする...なんて言っちゃいけないかな?


シャンパーズ? 投稿者:アイス・ファイア 投稿日:2002/05/11(Sat) 19:13 No.1029  

シャンパーズですが、正式には“寺内タケシとシャンパーズ”で、多分寺内タケシとブルー・ジーンズの変名ではないかと思います。

実際は変名だったでしょうか。


Re: シャンパーズ? インファントの群舞犬 - 2002/05/11(Sat) 21:51 No.1030  


寺内さんは度々バンド名を変遷させましたが、シャンパーズの命名は無いと思います。
シャンパーズというのは私の記憶ではシャボン玉ホリデーのバックダンスチーム名で
小井戸秀也と土居甫がそのメインでした。番組最初はその名前もなかったと思います。
間違えられやすいのはバックコーラスのフォーメイツで、これをシャンパーズだと
表示しておられるHPも見た事があります。これは可哀そうですね。
そこには後方に寺内タケシさんも映ってましたので寺内タケシとシャンパーズ(笑)。
なお、寺内タケシのシャボン玉出演ビデオが残ってますがレギュラーではありません。


土居甫さん!? 投稿者:みえち 投稿日:2002/05/09(Thu) 09:51 No.1018

おはようございます。

メニューのピーナッツの写真を見ていると
うしろのダンサーの一番左は
有名振り付け師の「土居甫」さんでしょうか???
似ていますよね〜☆
気になります〜(^―^) ニコリ♪


Re: 土居甫さん!? 豆だぬき - 2002/05/09(Thu) 16:47 No.1019  


みえちさん、私もそう思います。でも良く御存知ですね。


Re: 土居甫さんも、 インファントの振付犬 - 2002/05/10(Fri) 00:14 No.1022  


「シャボン玉ホリデー〜スターダストをもう一度」でピーナッツのことを
熱く、い〜〜〜っぱい語っていますよ。是非是非買いましょう。


Re: 土居甫さん!? アンカー - 2002/05/10(Fri) 05:51 No.1023   <HOME>


>みえちさん

土井甫さんといえばピンクレディーの振り付け氏というイメージが強いですが
その昔はこんなに踊ってらしたんですねえ。

「シャボン玉ホリデー〜スターダストをもう一度」は
インターネットでも買えるようです。
Amazon.comでも注文できるみたいですよ。
この本はザ・ピーナッツ・ファン必見!です。
是非買ってください。ピーナッツの写真も満載です。


Re: 土居甫さん!? みえち - 2002/05/10(Fri) 20:05 No.1024


早速
「シャボン玉ホリデー〜スターダストをもう一度」
をAmazon.comで頼みました〜
今からo(^^o)(o^^)o わくわく

土居甫さんといえば
振り付け師のイメージですよね〜。
ご自分でも踊っていたのですね〜☆
(^―^) ニコリ♪


Re: 早く来るといいね! インファントの鶴首犬 - 2002/05/11(Sat) 01:27 No.1027  


遂に注文したんですね〜〜〜。楽しみですね。
私も本屋で偶然見つけた時は早く家に帰って、メシ浴びて、風呂喰って..ン?
とにかく早く見たくて..見たくて...一気に読んでしまいました。
感動しましたよ。
一家に一冊だよ、ピーナッツ。


ご無沙汰しております。 投稿者:アンカー 投稿日:2002/05/05(Sun) 15:55 No.991

みなさん、どうも。生きてます。
調子悪いときは連鎖反応が起こるのか、ホームページビルダーまで
すねてしまいまして、4月の頭からはじめた更新作業が全然はかどらず
何とか連休中にアップしたいと、ふんばっては見たものの、
キーボードの入力に以前の3倍も時間がかかるようになっちゃって
てこずりました。
なんとか本日「シャボン玉ホリデー」の記録を更新しました。
まあ、資料的なものなのでじっくり全部読むことはありません。
必要に応じてみたい年月を探ってみてください。
当時番組を熱心にご覧になった方は当時の感想、思い出なんかも
掲示板に書いてくださいね。なんでもいいよ〜。

話変わって、、、
サーバーの容量50MBがいよいよ満タンになってしまいました。
これから更新する分を別のサーバーにしなくちゃ行けないので
また手続きがややこしくなります。(でもそれは私の仕事)
みなさんには快適に楽しんでもらえるようにしますのでご安心を!

みなさん連休はいかがでした?
私はパソコンと格闘しておりました。
どこへも行ってない(涙)
今日もこれからお仕事です。明日も。

ではまたね。


Re: ご無沙汰しております。 インファントの賞賛犬 - 2002/05/05(Sun) 16:37 No.992  


> なんとか本日「シャボン玉ホリデー」の記録を更新しました。

す..すごいです..言葉を失います...スタンディング・オベーション(&激拍手)。


お疲れ様です。 豆だぬき - 2002/05/05(Sun) 21:09 No.993  


アンカーさん、心配しておりました。パソコンとの格闘、ご苦労様でした。「シャボン玉ホリデー」の資料、素晴らしいと言うか、言葉がありません。(インファントの賞賛犬さんと同じです)おまけに連休中もお仕事ありとの事、お体大切に!私も頑張って仕事します。


ア〜ッと驚く マヨネ〜コ! 迷い猫 - 2002/05/05(Sun) 22:04 No.994  


見てきましたよーぉ。
ウワ〜ァ すごい!圧倒!圧巻!唖然!呆然!言葉が出ない!
なぬ? 猫はしゃべらへんやんかぁ〜ってか?
まぁ いいではないか、この際。
しばらく眺めていたら、明後日の○○支部会の重要事項を電話連絡
するのーすっかりと忘れてしまったよぉ〜。
明日の朝、皆たたき起こしてやろぅーっと。

まぁ そんな事どうでもいいんだけど、今日の朝の日テレ「波乱万丈」
見てましたか〜?
伊東ゆかりさんが、歌が嫌いだったって事知らなかったのよー。
園まりさんも以前、大嫌いだった!って言っていたし・・・。
いったいあの頃の三人娘って何だったの?
中尾ミエさんだけ1人一生懸命がんばっていたのだろうか?
一番オリジナルヒット少なかったのに、かわいそぅやん。
三重の看板オバサン(ごめん、お姉さんだ!)なのに・・・。
いっぺん3人寄ってコンサートして欲しいわ。
できたら2年前の〜ベスト・フレンド〜のような感じで。


Re: ご無沙汰しております。 みえち - 2002/05/06(Mon) 00:17 No.995


アンカーさん☆
お疲れさまです( ^-^)_旦 ̄
狭山茶ですよ☆
アンカーさんのことを心配しておりました。

しかしすごいです。
シャボン玉ホリデー♪
びっくりしました。
私も本を買おうかな〜♪
紀伊○屋書店なら店頭で売っているのでしょうか?!

波瀾万丈見ました。
ゲストが伊東ゆかりさんだから
ザ・ピーナッツの映像が出るかな〜っと
期待していたのですが出なかったですね。
f(^-^; ポリポリ


タメゴロー状態っす。 ラ星 - 2002/05/06(Mon) 00:34 No.997  


アンカーさん、ホントにホントにありがとうございます!

昔、ひょっこりひょうたん島を全部ノートに記した少年がいたそうだけど、
アンカーさんと籾山幸士さんも、やはりそうだったのですか!?
この記録、放送関係者の方々にとっても、貴重で懐かしいものなのでは?


Re: シャボン玉ホリデーの記録は アンカー - 2002/05/08(Wed) 10:22 No.1011


作ってて「?」と思うようなところもいくつかありました。
同じタイトルが後から出て来たりして。
当時の関係者の人達でも、もうわからなくなってきてるんでしょうか。

>迷い猫さん

波乱万丈のゆかりさん、見ました。
まりさんも言ってたけど当時自分の作られたイメージが
嫌で嫌で仕方なかったと言ってましたね。
主だったスターの人達ってみんなそう言うのありますね。
でもそれが大衆に受け入れられたと思うと、事務所の戦略は
一応成功したと言うことになるんですよね。
ルミ子さんもカスリのミニスカートが嫌だったと言うし
アグネスもアイドル的な歌は歌いたくなかったといってたし
梓みちよさんも然り。

その点ピーナッツはどうだったんでしょうかねえ。
いつまでも可愛らしいと言うイメージにはきっと
戸惑いもあったと思うけど、作られたイメージと言う感じは
あんまりしないんですが。
ナベプロ第1号の歌手として事務所も力の入れようは
他の歌手とはずいぶん違ったみたいだし。
この辺はやっぱりご本人に聞いてみたいなあ。

>みえちさん

「シャボン玉ホリデー〜スターダストをもう一度」は
インターネットでも多分買えるんじゃないでしょうか。
Amazon.comでも注文できるみたいですよ。
この本はザ・ピーナッツ・ファン必見!ですよ。
是非買ってください。ピーナッツの写真も満載です。

>ラ星さん

>昔、ひょっこりひょうたん島を全部ノートに記した少年がいたそうだけど、
>アンカーさんと籾山幸士さんも、やはりそうだったのですか!?

いや、そこまではやってません。(笑)
でもそう言うことをやっておけば良かったなあと
大人になってから思いました。、
籾山さんも多分大人になってから
いろんなところを調べて下さったんじゃないかな?



籾山幸士さんは偉いです インファントの牛乳石犬 - 2002/05/10(Fri) 00:02 No.1021  


「スターダストを、もう一度」のスタッフも調査が及ばなかったところ迄調べて、
おまけに籾山さんの部分の太文字の方が一層正確そうだというのは凄いです。
う〜ん何か思い出さないかな〜とか思いながら、あれから毎日眺めています。

録画が残っているのはシャボン玉ホリデーのシリーズの中でも割と特異なもので
勿論、基本路線は踏襲しているんですが、変わり種だよ、ピーナッツの感じです。
娘が小さかった頃、一緒にシャボン玉飛ばすとこの番組を連想しちゃいました。
花王石鹸は「顔石鹸」かなと思い、牛乳が入っているのかと勘違いした牛乳石鹸は
自分の記憶ではマイナーな会社だと思ったけど、シャボン玉で一流になっちゃった。
一緒に見てた家内がスキンライフの値段を見て、安いね〜と驚いてます。(笑)
CMまでが番組の流れと寄り添っていて、その一体感が素晴らしいですね〜。
この味をどこかの提供スポンサーが今やったら絶対に好評だと思うんだけどね。


波乱万丈〜伊東ゆかり編〜 アイス・ファイア - 2002/05/10(Fri) 23:32 No.1025  


アイス・ファイアです(過去にハンドルネームを変えてまで書きこんでいましたが、ようやく前に使っていたハンドルネームで固定化します)。

久々に書きこみます。
『いつみても波乱万丈』の伊東ゆかりさんの回は見ませんでしたが、彼女はやはり事務所の戦略を嫌がってはいたでしょうね。
やはり、アグネスやルミ子ちゃんに限らず、アイドルは時がたてば事務所やレコード会社の方針に逆らう事がある。しかしながら数年後には慣れてくることだってあった。

というような感じでしょうが、みなさんはどう感じたでしょうか?


伊東ゆかりさんは良い人だね インファントの感想犬 - 2002/05/11(Sat) 01:14 No.1026  


伊東ゆかりさんの回を見ました。
彼女はザ・ピーナッツさんと入れ替わりで渡辺社長宅へ寄宿生活していたようで、
毎日夜になると沢山の芸能関係者が居間に集まって賑やかだったのだそうですが、
美佐さんらが「顔を出しなさいよ」と言っても、そういうの苦手だからお台所で
洗い物ばかりしていたとか、だからミエちゃんやみちよちゃんみたいには売れない、
でもそれでもいいんだ..と思ってたそうですよ。欲が無いとでもいうのでしょうか?

そんな彼女だから事務所の方針に嫌気がさした..というようなことは全然なくって、
ステージパパさんが彼女の将来のことを思って説得して独立させたらしいんだけど、
ご本人はナベプロを辞めたくなかったんだもん..と、(これには笑えましたよ)
そのお父さんはとても人は良くってバンドやスタッフにうんと手厚くしたらしい。
税金のプール分まで使ってしまったから、借金の山を返すのに一年かかったとか。
そんな父だったけど生きていれば、今ならケンカもせずに色んな話ができるのに、と
いう話あたりでは、こっちもちとホロリ、けっこう苦労したんだな、と思いました。

大ヒット曲はあるし、超有名人なんだけど、どこか引っ込む感じだったので
あまり伊東ゆかりさんのことは知らなかったから、番組が面白かったです。
この方は嘘や見栄や虚飾がない、さっぱりした人だな〜と感じてしまいました。


The PEANUTS 投稿者:Yuuki Nishimura 投稿日:2002/05/09(Thu) 20:25 No.1020  

いろいろとおもしろーーーーーーーーーーーーい


記憶違いなのでしょうか? 投稿者:なな 投稿日:2002/05/08(Wed) 01:20 No.1010  

ご無沙汰しています。

あの、久々に(ROMってましたが)カキコして
こんなこと書いてすみません。
1986年に突然放送された、シャボン玉ホリデーのことですが、
ピーナッツは映像だけでなく、
そのときの『○○だよ、ピーナッツ』という声だけは
1986年のピーナッツの声の出演だったとどこかで読んだ記憶が…
間違いだったらごめんなさい。

インファントさんの連載、いつも楽しく拝見しています。
これからもお願いします。


Re: 記憶違いなのでしょうか? アンカー - 2002/05/08(Wed) 10:36 No.1013


ななさんもこのことをご存知だったんですね。
実はこの件、籾山さんからも言われたのです。
当時の雑誌だか何かにピーナッツ出演交渉中という記事があったそうです。
僕はピーナッツの声に良く似た人が吹き替えをしたのかなあと
ずっと思ってました。
でもたしかによく似てますね。
多少声が低くなっているのは年齢を重ねたからなのか。
また謎が増えちゃった。
ピーナッツさぁーん、ホントのこと教えてーっ。


まだあるシャボン玉の謎解き? インファントの再放送犬 - 2002/05/08(Wed) 21:51 No.1017  


アンカーさんの労作でシャボン玉ホリデー592回全放映リストが出来ました。
こうして並ぶと見えなかった謎が浮上し、またその謎の解明も出来そうです。
謎とは、同じタイトルが何故あるのか、です。
「今年もよろしく」とか「忠臣蔵」とか「重大ニュース」は恒例で別ですが、

1.「成り金さんだよ ピーナッツ」が、171回と183回に近接して存在する。

「スターダストをもう一度」P218に「大阪VTR消失事件」という章がある。
171回として9月6日に放映しようとしたVTRに何も入っていなかった事件で
急遽、確か「コーラスばんざい ピーナッツ」を再放送したと書いてある。
台本とか音とかは別に残っていたであろうから、再収録して仕切り直しが183回。
こういう推理は十分成り立つし、証拠がないが、矛盾はないと思う。

大阪梅田コマ「夢がいっぱい物語」ロング公演に出演のピーナッツに合わせて大阪の
読売テレビがシャボン玉を作ったんですね。これは、3年連続夏公演で恒例でした。
読売テレビでは床模様とスターダストの街灯が違うのですぐわかりました。(笑)

2.「楽しく歌おう ピーナッツ」が、208回と209回に連続存在する。

この答に近いものは現存する「楽器で遊ぼう ピーナッツ」にあると思います。
最後に次回予告が出ますが、これが「御用御用だ ピーナッツ」(第210回)
実は現存のVTRは再放送分ではないか、と思います。
「楽器で遊ぼう ピーナッツ」は当時、シャボン玉定時枠で再放送されたのです。
「都合により予定を変更し、好評だった楽器で遊ぼうピーナッツを再放送します」
というようなテロップが最初に出て始まりました。(目撃犬証言:笑)
このテロップは現存しませんので局で放送時に直に挿入されたのかも知れません。
都合とは、一体なんだったのだろうか? 記憶が消失してしまいました。

以上により、
171回:「コーラスばんざい ピーナッツ」(再)
209回:「楽器で遊ぼう ピーナッツ」(再)
が妥当ではないかと思いました。


KISS Kiss キス 投稿者:BUNNSHO 投稿日:2002/05/08(Wed) 17:19 No.1015  

THE PEANUTS VERY KISS


Re: KISS Kiss キス BUNNSHO - 2002/05/08(Wed) 17:20 No.1016  


PEANUTS VERY KISS


伊藤日出代(エミ) 伊藤月子(ユミ) 投稿者:Yuuki Nishimura 投稿日:2002/05/08(Wed) 17:14 No.1014  

ザ・ピーナッツ ヒット・コレクション J-P◎PヒットパレードN VERY GOOD 


亜麻色の髪の乙女 投稿者:夢追い人 投稿日:2002/05/05(Sun) 00:46 No.989  

久し振りにお邪魔します。

前回、初めて投稿させて頂いた時には、掲示板に慣れてなくて、インファントさんに大変ご迷惑かけてしまいました。
この場を借りて、お詫びします。ごめんなさいm(_ _)m

ところで、最近、テレビで流れてるシャンプーのコマーシャルに”亜麻色の髪の乙女”が使われてますよね。あの曲は勿論68年にヴィレッジシンガーズが出したものですが、あの曲は彼らが歌うことになる前に、実は、ピーナッツの為に作られた、という話、どなたかご存知でしょうか。

この話、実は、いつどんな風に私が知ったのか、今となっては全く覚えてないのです。勿論、ピーナッツが現役で活躍されてた頃ではあるのですが、テレビでどなたかが仰ってたような、あるいは、当時のファンの方に教えてもらったような・・・(^^;
でも、当時、まだ熱きピーナッツファンの少女であった私は、ピーナッツにも歌って欲しかったな、なんて思ったものでした。

そんな訳で、ピーナッツが歌ったわけではないのに、最近あのコマーシャルを見る度に、またまたピーナッツの事を色々と懐かしく思い出してます。



Re: 亜麻色の髪の乙女 インファントの茶髪犬 - 2002/05/05(Sun) 11:13 No.990  


これは興味深いお話ですね...ほんとにピーナッツにお似合いの曲だし歌詞だしね〜。
二人でかけ合いで歌うところもあるし..けっこう信憑性ありそうですよね、これって。
アポロンのカーステレオ音源かなんかでカバーしてる録音があれば、是非聴きたいな。
ヴィレッジ・シンガーズのレコードって「バラ色の雲」でもそうなんですけど完全に
弦楽器が大活躍するオーケストラものですよね。(笑)
これがとってもいいんだ。だから懐メロ番組でギターでやると違和感がある。(笑)
あのレコーディングバージョンが、編曲も含めて素晴らしいのだと信じています。

脱線しますが、ヴィレッジの「バラ色の雲」で一躍脚光を浴びた「筒美京平」。
橋本淳さんのお世話ですぎやまこういちさんと姉弟関係となって、すぎやまさんの
名前で(それでないと知名度がないものね:笑)習作を発表したりしてしますが、
もしかするとなんですが「ローマの雨」って筒美京平さんが作ったような気が??
全然根拠なしで、ガセネタでございますが、曲調がなんか筒美風なんで????
編曲の服部克久さんというのも珍しい。これ一曲しかないものね。
もしかすると、これも筒美京平さんがやっちゃった、とか。(乱暴な推測で〜す)

デレ「すぎやまさん、また一つお願いしますよ。ローマの雨みたいなやつを」
椙山「いや、こまったな。鼓くんは居ないし、自分で作るしかないか..え〜と
   おいかけ〜て、おいかけ〜て、と、何か変な詩だよね..うん、できたっと。
   宮ちゃん、あとよろしくお願いね。かっこいいアレンジつけてよ」
宮川「...ん? これロッシーニのセビリアの理髪師のメロディーじゃない?」
椙山「えっ! あ、もしかしたら、昨日そのオペラみたからなあ..いけね」
宮川「しょうがないなあ。もう時間もないし..ティンパニーなんかドコドコ鳴らして、
   うん、最後は、ドゥンドュビドゥバドビドビドゥバ パヤパヤとか入れて..
   いやあ、いいのが出来たよ。さ、おわったあ〜、飲みにいきましょ」
以上、恋のフーガ誕生秘話でした。(勿論、ウソ八百です。信じちゃダメだよ:笑)


亜麻色の髪のピーナッツ ラ星 - 2002/05/06(Mon) 03:22 No.998  


夢追い人さん、とっても興味深いお話です!
ヴィレッジシンガーズ、GSの中で最も好きなグループでした。
とてもノーブルな印象で。
解散間際の頃は、なんだか演歌っぽくなって、ついて行けませんでしたが。

もしピーナッツ盤が出されていたなら、「恋のロンド」の前後、だったのですね。
(ヴィレッジシンガーズ「亜麻色の髪の乙女」は、1968.2.25の発売。)
「ロンド」は、「フーガ」「オフェリア」に続く“恋の”シリーズ三曲目。
次が「ガラスの城」。 ん〜〜・・・
「亜麻色」を出していたら、新しいジャンルを獲得できたでしょうにね。

今まで、その翌年のピーナッツ「野いちご摘んで」が、個人的にちょっと謎の歌だったのですが、こりゃ、そのセンを狙ったのでしょうかね。
ヴィレッジ&トワ・エ・モア&ベッツィ・アンド・クリス、てな感じで。

当時、ピーナッツは「オフェリア」「ロンド」「ガラスの城」で、
中村晃子さんとパンチの効いた“浮世離れ歌謡”バトル(?)を、激しく繰り広げていた
と思うのですが、中村さんがメルヘンの世界や、クセのある歌い方に進んだのに対し、
ピーナッツが「ヴァレンティーノ」で『どうだー! こっちが遥かにゴージャスで、
この世のものとは思えぬ世界じゃろが〜!』と、とどめをさした、
というのがラ星の認識なんです・・・。(←勝手にしてね〜)
なのに、どうしてここで「野いちご」なの?と思っておりました。
とどめの後の方向転換としては、迷ってるなーと感じたもので。

だけど、もしピーナッツが「亜麻色」を歌ったら、アレンジはどうなったのでしょう。
作曲のすぎやまさんではなく、宮川さんが担当したら、どーんと甘くなったような気が。
ドビュッシーの「亜麻色の・・・」を部分的に入れたりして。
ピーナッツも、ついつい暖かくていねいに歌ったのでは?それが出来ちゃうばっかりに。

フォーク歌謡は、そこまで歌えない人が(大変失礼!)雰囲気で歌うと(こりゃまた失礼!)
割とサラリ、というか、勝手に歌の世界を想像しやすい曲に仕上がるのだと思うんです。
(余談ですが、トワ・エ・モアの「或る日、突然」のイントロ《小谷充・編曲》で、すんなり「亜麻色」が歌えちゃいます。)

ところで、どなたが歌っているのか解りませんが、今の「亜麻色・・・」、
とても明るく、『歌詞の内容?よくわかんなーい!』という感じで、面白いですね。
いや、ホンマ。最後の転調も、少し意表を突いた上がり方で。


脱線ついでに ラ星 - 2002/05/06(Mon) 06:10 No.999  


インファントの茶髪犬さん(しばし想像してしまいました)、筒美京平さんと来れば、小躍りして話に乗っちゃいます!(しばらく静かだったのが、嘘のよう。)

>ヴィレッジ・シンガーズのレコードって「バラ色の雲」でもそうなんですけど
>完全に弦楽器が大活躍するオーケストラものですよね。

全く! あの、弦が大活躍するイントロの楽しさ! だからこそ、「亜麻色・・・」は、よくそこまで押さえたなあ、と思ったら、すぎやまさんの編曲だったんですね。 すぎやまさんと京平さんの子弟関係、この運命の出会いが無かったら、日本の歌謡史はど〜んと変わっていたでしょうね。

京平さんの変名、昔から噂になっていましたが、京平さんと川口真さんの間でも、「本当は川口さんじゃないの?」と言われたことが。

変名、名義についてですが、例えばダ・ヴィンチやミケランジェロも、個人であれほど多くの大作を仕上げることは不可能で、多くの作業は、工房の弟子たちがこなしていたそうです。 粘土をこねたり絵の具を調合する他、大きな壁画などには複数の弟子が筆を入れたとか。
どれだけの部分に師匠の手が入っているのか、また、どの程度関与すると、その人名義の作品になるかは、謎ですが。 (漫画でも、編集者と工房とでまとめ上げたような作品が有るそうですよね。)

企画を通す為に師匠名義に、又は“共著”にするということもあるでしょうが、
「ざっと、こんなふうに仕上げてねー。」
「はーい。出来ましたー!」
「どれどれ。どっひゃー、凄くいいのが出来ちゃったのねー!」
という場合は、師匠の物でしょうね。 逆に、あらすじは弟子が必死に考えたんだけど、決めゼリフを入れるなどして手を加え、小説の形にした、という場合も。
「うむ、お前の才能は素晴らしい。これは、余の作品ではない。お前のものじゃ!」
となったら、一人立ちなのでしょうか。

>(「ローマの雨」の編曲)これも筒美京平さんがやっちゃった、とか。

僕も思いました! 
と言うより、「服部さん、よくまあ、すぎやま&京平を調べたなあ!」と。楽器の使い方が、京平さんが担当した初期の弘田三枝子さんの曲に、割とそっくり。
ただ、楽器の位置関係が、当時の京平さんの楽しいゴチャゴチャ感に比べて、もっとハイカラだと思うんです。リズム・セクションがしっかり黒衣に徹して、ブラスもあまりしゃしゃり出て来ないでしょ? しかもそのブラスが、時にはリズムにまわって。 (ヘンリー・マンシーニ、パーシー・フェイス、バート・バカラックなどの影響?)

バンドの感覚ではなく、オーケストラのそれに近いような気がします。きっと京平さん、「うぬ、今に見ておれー!」と闘志が湧いたのでは?

ローマつながりですけど、その3年後、ヒデとロザンナ「ローマの奇跡」(京平作曲)が、イタリア人(リノ・クワリエーロとかいう舌かみそうな人)の編曲でローマで録音されたのですが、これがもう素晴らしいのなんの! 楽器の数は、「予算が相当足りなかったのねー!」というくらい少ないのに、華麗、流麗、洗練の極み。(歌の録音は、マイクを吹きまくっていて、あらら?ですが。) 特にストリングスが、「よっく、そこまで配慮したもんじゃ! とろけるぜ!」状態。

二ヶ月後、そのエンディングのストリングスを筒美氏は、可愛和美「このごろ二人」の最後に借用(?)するのですが、音が細い!残念。 これ、絶対ピーナッツにぴったりの曲だと思うんだけど、京平さん!華麗な編曲で提供して欲しかった!! (これ、随所にハーブ・アルパート「蜜の味」の影響が。最後の♪早くー、早くー・・・は、モロ。大丈夫なの!?・・・え?そんな危ない曲、ピーナッツに持ってくるなって?失礼しました!)  すみません、長くなって。もう朝さ!


Re: 亜麻色の髪の乙女 アンカー - 2002/05/08(Wed) 10:30 No.1012


夢追い人さん、こんにちは。

曲自体とザ・ピーナッツとはなんだか結びつかないけど
ラ星さんのその後の「野いちご摘んで」のところを読むと
そう言う企画があったのかもしれないと思えますね。
サンプル盤で仮レコーディングくらいしてたかも。
その結果何らかの理由でボツになったのかもしれませんね。

すぎやまこういち=筒美京平の線は私も昔から密かに思ってました。
でもこれって誰も言わないのでオフレコなのかなという感じです。

「ローマの奇跡」は昔はその良さがよくわからなくて
「愛の奇跡」や「愛は傷つきやすく」「望むものはすべて」のような
アップテンポの大衆受けするようなものが好きでした。
音楽って子供の頃聞いたイメージと、大人になってから
あらためて聞くと受けとらえ方が違ってくるものがあって
奥深いなあと思います。


ザ・ピーナッツ・ドリーム・ボックス 投稿者:Yuuki Nishimura 投稿日:2002/05/07(Tue) 23:03 No.1002  

ザ・ピーナッツ・ドリームボックス,シングルス1,2,3,4,夢のヒット・パレード,ジャパニーズ・ドリーム,夢の世界旅行,スクリーン・ドリーム,ラスト・ライブ,夢のボーナス・トラック,Very Good.


Re: ザ・ピーナッツ・ドリーム・ボックス ラ星 - 2002/05/07(Tue) 23:39 No.1005  


Yuuki Nishimura さんと、おっしゃるのですね?
夢のヒット・パレード,ジャパニーズ・ドリーム,
夢の世界旅行,スクリーン・ドリーム・・・・・
このあたり、どちらで手に入れられたのですか?凄いです。
明日か明後日には、アンカー大教皇も来てくださいますからね!
(ラ星 大・座布団運び)


Re: ザ・ピーナッツ・ドリーム・ボックス インファントの夢箱犬 - 2002/05/08(Wed) 00:45 No.1009  


Yuuki Nishimuraさん、いらっしゃいませ。
Very Good. ですか(笑)。簡潔明瞭。見習いたい。(笑)
あれは十五の夏祭りが入ってるなんて..タダ者ではないな..おぬし、できるな。

ラ星師匠、不肖の弟子がが1000をゲットしましたか、(あれだけ書いてりゃ当たるさ)

> 夢のヒット・パレード,ジャパニーズ・ドリーム,
> 夢の世界旅行,スクリーン・ドリーム・・・・・

これは、ザ・ピーナッツ・ドリーム・ボックスの各サブタイトルでありますが、


たしかにもう入手難だと思いますね。みえちさんもぎりぎり入手セーフだったし、
バラ売りしてくれればいいんだけどね〜。

ジャパニーズ・ドリームが出てきちゃったんで、ついつい、#040投稿しました。
キ○○イみたいなペースで書いてます。すがりついてきて下さい。(爆)


あの町この町   #040 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/05/07(Tue) 23:53 No.1006  

♪あの町この町  1971.02
     作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:若松正司
     演奏:オールスターズ・レオン

この歌は「赤とんぼ〜あの町この町〜叱られて」とメドレーで歌われる2曲目です。
これを収録したLPはリリース年月からわかるようにかなり後期にあたります。
しかし、テレビやラジオ、ステージでは、ザ・ピーナッツのこの手の歌は何度も流れ、
既に定評があったと思います。
童謡・唱歌がこんなに似合う歌い手はザ・ピーナッツが古今白眉であると思います。
ポップス系歌謡曲路線の歌手ではありますが童謡歌手よりもフィットしています。

そんなに童謡・唱歌が上手なのか、というと、それは違う。上手いわけではない。
ではなんなんだ...それはね、童謡・唱歌の本質に適合してるのだと思うのです。
こういう歌を音楽学校で教わる発声法、歌唱法で歌うのは適切じゃないと思う。
そもそもが「傾聴する」歌ではないのです。自分で歌う、子供に聞かせるという
範疇の歌です。素人にも歌える音域なのに、無理な高い音域で歌うべきでもない。
安田姉妹も他の童謡歌手も皆そうだが、難しそうに付加価値を与え過ぎてる。
プロなんだからそうであって当然で、それが悪いというわけではないのですが。

ザ・ピーナッツは自然体だ。小学校〜中学校の音楽の時間に歌っているようなんだ。
女の子が二人で歌えばすぐにこれに近いものになると思う。商品にならない程だ。
だけど勘のいいスタッフはこれがどうして素晴らしいものだと気づいたと思います。
他のプロの歌手では得られない希少な温かみがピーナッツにはあるんだ、と。
地元の贔屓目で、ダ・カーポもお薦めしたいのですが、どうだ、みんなよく聴きな、
といったごう慢さが微塵も感じられない。そういう歌い方じゃないのです。

上手く言えないのですが、ザ・ピーナッツってプロ中の超一流プロではありますが、
一方では銭を稼ぐプロではないような面もあり、自我の希薄な歌手でもあるような、
自分ならではの世界を確立させて、なにがなんでも目立って、他を蹴落として、と
いった生き残りに汲々とはしていないんです。
童謡・唱歌を他の歌手より見事に歌ってみせようとも思っていないようなんです。
とても和む歌になっています。現代風に言うと「癒し系」。
あれもこれも捨て難いのですが、やっぱりこれのCDは何が何でも手元に置いて
たま〜に聴くとすばらしいです。まだの方は死にものぐるいで入手しましょうね。
私は「里の秋」の旋律がこっちの琴線と共鳴して、うっと胸苦しくなります。
必聴!

必聴! なんて書いたけど、これ10枚組ドリームボックスにしか入っていないのか!
大至急、キングレコードさん何とか復活してよ。みんなが聴けないじゃないか。
ついでにこの収録曲も全部入れてしまえば、ちょうどCD一枚になるんだけどなあ。



The PEANUTS 投稿者:Y,N 投稿日:2002/05/07(Tue) 22:47 No.1001  

可愛い花,ジングルベル,スク・スク,あれは十五の夏祭り,今池音頭,コーヒールンバ,いつも心に太陽を,ふりむかないで,ウナ・セラ・ディ東京,恋のフーガ,悲しきタンゴ,東京の女(ひと),浮気なあいつ,モスラの歌,VELY GOOD.


Re: The PEANUTS ラ星 - 2002/05/07(Tue) 23:31 No.1004  


わお! Y,N さん、はじめまして!そして、ようこそ!
こりゃまた、とっても多彩で、しかもかゆい所に手が届くような選挙区を
じゃなくて、選曲をしてくださいましたねえ。
インファント大僧正が転げまわって喜びそうなラインナップです。
Y,N さん、只者じゃないでしょ!?
もうすぐ、大僧正が来てくださいますからねー。
ところで、インファントさん、No.1000をゲットなさってましたよ!


あの日あの頃   #039 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/05/06(Mon) 21:07 No.1000  

♪あの日あの頃   1964.03
   作詩:前田武彦 作曲:三保敬太郎 編曲:三保敬太郎

この歌のルーツを知りません。
作詩は「夜のヒットスタジオ」の司会でお馴染みの前田武彦さん。
勿論、本職は作家です。シャボン玉ホリデーの歌の作詞もされておられます。
作曲・編曲の三保さんは役者でもあり、ジャズピアニストでもあり、バンドの編曲や
作曲活動もあるのですが、歌謡曲を他に何か作られているのか詳しくは存じません。
(そういえば..イレブンPMのテーマを作られているんですね)
このコンビのピーナッツの歌は後にも先にも他には登場しません。
どんな経緯でザ・ピーナッツに提供することになったのかご存知の方は教えて下さい。

LPにしか収録されていませんでしたから、ピーナッツ・ファン対象の歌であります。
カマトトっぽいと言いますか、少女趣味といいますか、ペギー葉山の「学生時代」調。
LPではこの後の「二人だけの夜」が大好きだったので、ついついこの歌もついでに
聴いてしまうのですが、ムードを壊さない、この歌の淡白さが良いなと思ってました。
それくらいに存在感の希薄な歌ですが、なんともこの清潔感がいいです。
夕焼けを眺めながら、ふと、セーラー服時代のことを懐かしんで..ああ..あの頃は
無邪気で恋の悩みもなかったんだわ...という感じで..やがて二人だけの夜に....
でも..その楽しい筈の時間がいつまでも永遠に続いてくれるのかしら..とこの2曲で
脳内ストーリーが繋がるんです。

専属契約とか企業間の縄張りのこととか色々あってままならなかったのでしょうが、
たまにこのような異色の組み合わせがあると、これもいいもんだと思います。
恐らくザ・ピーナッツの歌を作ってみたかったと思った作詞作曲家は多かったのでは?
ザ・ピーナッツほど個性際立つ存在は有り得ないと思いますから、畑違いの作曲家も
ピーナッツに相応しいようなフレーズが浮かぶ事だってあったのではないでしょうか?
後期のようにニュータイプの新進のメンバー一辺倒というのもどうかと思うのですが、
やるなら、一貫して多彩な布陣で何でもいらっしゃい体制で臨めば良かったのに。

例えば、橋本淳・筒美京平コンビなどは「離れないで」「冷たい舗道」という曲を
(例外的に)ピーナッツに提供しましたが、もしも..ならば..という私のイメージを
大きく覆す、ポップな感じではなくて、これが直球とすれば変化球で攻めています。
肩透かしを喰ったと当時は思いましたが、いやいや、そうじゃなくてピーナッツの
新しい境地を魅力を引き出してみせるんだ、という彼等のプロの意地が見出せます。
そして、確かにそれによって、残されたものが多彩になって、とても楽しめます。

それでもザ・ピーナッツの魅力の基本は宮川作品であり、それだけでも多彩です。
後年、売れ行きとのバランス上、仕方がなかったのかも知れませんが、当時好評の
作曲家の作品と並行して宮川作品も一年に5曲程度は出し続けて頂きたかった。
才能が枯渇した、ということではない筈なんである。私は営業上の都合だと思う。
だって「浮気なあいつ」が最後にさっと出来たじゃないですか、勿体なかったな〜。
この歌、もしかすると「恋のフーガ」級のビッグヒットになったと思うけどなあ。

とにかく、レコード何万枚売り上げとか,というヒット曲は少ないザ・ピーナッツ。
だけど、いいものがた〜くさんある。これだけは自信を持って言い切れますよ。
ラ星さんが“浮世離れ歌謡”と絶妙な表現をされているように、その離れっぷりが
思いきっている歌ほどお好みです。無意味なものにこそ神髄がある。(???)
ラ星師匠(急に尊敬し出したりして)が”この世のものとは思えぬ世界”と讃える
ような、色恋沙汰がテーマであっても天使の音楽に昇華させるピーナッツの歌曲群。
もっともっと吹き込んで欲しかった。(かなり頑張って浮世離れしてましたけど)


Re: あの日あの頃   #039 ラ星 - 2002/05/07(Tue) 23:16 No.1003  


こん平、じゃなかった、ラ星師匠だすー!
インファント大司教、一曲ずつレスしなくて、ごめんなさい。
でも、いつも「なるほど!」「ほんまかいな!」「よう言ってくださった!」などと、
興奮して読んでいるんですよ。

>たまにこのような異色の組み合わせがあると、これもいいもんだと思います。
>恐らくザ・ピーナッツの歌を作ってみたかったと思った作詞作曲家は多かったのでは?

>やるなら、一貫して多彩な布陣で何でもいらっしゃい体制で臨めば良かったのに。

ほんとですねえ。これはもう、繰り返し言われてきた、
「ナベプロだから、あそこまで出来た」「だから、あそこまでしか出来なかった」
という話になってしまうのですが・・・。
んーーー、もう少し考えをまとめてから、来まーす!


あの時、もし  #038 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/05/04(Sat) 22:19 No.988  

♪あの時、もし   1973.07
   作詩:安井かずみ 作曲:加瀬邦彦 編曲:星勝
   演奏:オールスターズ・レオン

あのエキサイティングな「情熱の砂漠」のB面曲なんですが..これは..ちょっと...
私には訴えかけてくるものが何なのか感じ取れず、空虚にサウンドだけが響きます。
そのサウンドも無理に作ったような感じで、必然性とか自然感がないと思います。
ザ・ピーナッツの後期の歌は現代の音楽と相通ずるような良さも悪さもあるような
そんな気がしてなりません。
どうしても「音」にしか、気持ちが向かないので、今回の主題はサウンドにします。

昭和47年8月の「さよならは突然に」から昭和50年3月の「浮気なあいつ」まで、
本当に突然にザ・ピーナッツのボーカルがモノラル録音状態になってしまいます。
勿論、録音はステレオなんですが、声の収録がマイク一本で録ったようなんですよ。
おまけに、その間にリリースされたシングルレコードはめっきり少なくなって、
 夜行列車〜指輪のあとに〜最終便〜情熱の砂漠〜あの時、もし〜気になる噂〜
 ひとり暮らし〜愛のゆくえ〜さよならは微笑んで〜お別れですあなた〜季節めぐり
2年半でたったのこれだけですが、これが全部、歌声だけがモノラルなんです。
そして、どういうわけなのか本当に最後の最後のシングルB面「よこがお」に至って
やっとザ・ピーナッツの歌声が久々にセパレートされたのです。

これは一体何事なのでありましょうか?
「さよならは突然に」から突然に録音プロデューサーのサウンドポリシーが変わった?
担当が他の方になったのでしょうか? 理由がさっぱりわかりません。
この録音方法は、はっきり言って、駄目です。
ザ・ピーナッツの魅力を失わせるような、無意味な方向転換としか思えません。
「よこがお」が良い時の録音に戻って、本当に良かった。悲しい程嬉しかった...。
でも、これでお終いなんて....(泣)。

ザ・ピーナッツの声を左右に寄せてしまうのはステレオ初期の録音手段でピンポン的
効果であって、専門用語でトンネル現象とか中抜けという実体感をそこなう方式だ。
というのが変革した録音エンジニアの言い分ではなかろうか、と思われます。
しかしながら、全くモノラルにしてしまって中央にピーナッツを定位させてしまうと
いうのもおかしい。二人はあくまで二人であってソロではないのだから。
妙に演奏だけが素晴らしい解像度で展開するものだからボーカルが死んでしまってる。
本当に残念だ。今さら取り返しがつかないが、惜しまれてならない。

中央寄りに低位させながら、ちゃんと歌声は分離していて、それで空間でハーモニー
が合成される、これがザ・ピーナッツの歌の魅力を活かす録音技術だと私は思う。
モノラルにしてしまうと、そこにエコーを付加すると土管の中でピーナッツが歌うと
いうような響きになってしまって全く冴えない。情けない。
どういう趣味? どういう耳の持ち主なんでしょうか?
以前のピーナッツのレコードは聴いてみなかったのでしょうか?
モノラルの方が好きなのでしょうか?
せっかく「月影のナポリ」から、瑞々しく伴奏と一体感のあるピーナッツの拡散する
歌声の麻薬的な魅力が、「可愛い花」〜「悲しき16才」の時代の内にこもるような
そこだけ別の音が鳴っているような感じになって楽しさが激減してしまった。

演奏だけを先に録って、後で歌声だけをペタリと貼付けたような違和感を感じる。
「恋のフーガ」あたりからマルチトラック化はしてるとは思うのだが、それらでは、
歌声の響きが左右に拡散しているので演奏とは馴染んでいるように聴こえる。
要はこちらを上手く騙してくれれば良いのである。騙しも技術なんだから。
しかし、上記期間の録音は全く頂けない。サウンド的に歌声はこもってしまっている。
シャボン玉ホリデーも終わってしまい。たまに出るレコードがこれなもんだから....
ピーナッツの良い時代は終わったんだな〜と、とても淋しく悲しい時代でありました。

ただし、今聴くと、現代の録音方式に近いと思うので、ミニコンポなどではグッドな
効果として他のCDとは逆に違和感なく聴けるという面もあるのかも知れません。
特にバックの演奏は最近の録音と比べてもクオリティはなかなかのものだと思います。
むしろ上手すぎるような整いすぎてるような、グラフィックアートのような感じで..
いま、そこでリアルに弾いているという感覚とは程遠いような..作り物のような...
完成度だけが異様に高いような....これも今風に近い線かもしれません。


あの空の向うには   #037 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/05/03(Fri) 09:51 No.987  

♪あの空の向うには(昭和41年3月録音)
   作詞:岩谷時子 作曲・編曲:宮川泰 演奏:記載なし

この歌のことは既に#018♪愛は永遠にで一度書きましたので引用してみます。
> ドリーム・ボックスほかで未発表曲の「あの空の向こうには」が入ってました。
> 商品として売り出せなかったであろうことは一聴瞭然。流行歌にはならないよね。
> これが、1966.03収録だから「愛は永遠に」はこれのバージョンアップでしょうね。
> 捨て難いフレーズが幾つか使われてます。それをしつこく使い回ししたいその思い..
> 実に良くわかるんだな、この感覚。ああ..文章も千々に乱れてしまいます(笑)。
初めっから千々に乱れているんで、今始まったことではないのですが。(自爆)

よほど、♪あの空の向うには...という節をこの世に生み出したかったのでしょうね。
岩谷時子さんの詩は健全です。幸せな健康な精神をベースに書かれています。
まるで女子高校生がノートに書くような詩です。憧れのような空想の世界なんです。
生身の人間の醜さ、腸を引きちぎられるような辛い悲しい叫びや、大人の官能の世界
のような生々しさや、度胆を抜くような切り込みはみあたらないのです。
どうということもないけど、人間ってやっぱりいいわよね〜、というおっとりさです。
悲しい詩でも実際にはそんなに深刻にはならないんです。そういうこともあるさ程度。
いやらしくもないんです。裸で恋をしよう、ってオープンに言われたらねえ。(笑)

この歌と「愛のかけはし」で、シングルを一枚出そうと思ったに違いないと思います。
どうして止めたのかも、まあ大体想像出来ますよね。(笑)
ピーナッツのレコードは全部買うのだ、と心に誓ったようなおバカさんしか買わない。
タカラヅカの舞台で歌うならまだしも、誰も興味にも話題にもしませんよ、この歌は。
多分、わかっちゃいるけど止められねえ、と、手直しして「愛は永遠に」になった?
そこまでこだわるところがアーティストたる所以だと思います。
マーケットリサーチのセンスじゃなくて、とにかく生理的に生み出したいんでしょう。
我慢が出来なかったんでしょう。そこのところがわかるような気がして愛しいんです。
名声が欲しいわけじゃない、といった、潔さまでも感じてしまうのは考え過ぎかな?

いさぎよい、といえば、ザ・ピーナッツさんの引退ほど潔い出来事は稀なことです。
そして、現役時代から「寡黙」であることも私は潔いと感じました。
●自分の作詞や作曲です、というものを一切発表しなかった。
●自身の体験です、というようなことを匂わすような歌を歌わなかった。
●本人及びゴーストライターによる手記などの出版を全く行っていない。
●衣装デザインが本人達のセンスによる所が半ば周知の事であっても、アイディアを
 出したりはするが、デザインはナガシマさんの手によるものですとコメントしてる。
●ザ・ピーナッツというチーム以外の仕事も行っていない。
すなわち歌手ザ・ピーナッツ以外のプライベートな部分は隠すということではなくて、
それを売り物にするのは潔くない、という美学に基づくものであろうと思われます。

好きな仕事、嫌な仕事、楽しかったこと、悲しかったこと、そして辛かったことも
人間なんだから色々あったと思うのですが感情を吐露されたことがありませんでした。
さよならコンサートで初めてザ・ピーナッツも泣くことがあるんだな〜と思ったし。
よほど感極まってしまったんだろうとも思うし、いつもは我慢してたんだろうなとも
感じました。だってニコニコしているピーナッツしか見た事がなかったからね。

シャボン玉ホリデーでの踊りだって、毎週毎週違う振付けなのに、いとも簡単に?
蝶々のように舞っていて、それが振付け師に言わせると、あんな踊りの上手な歌手は
他にいない、単なる歌手の余芸の踊りではない、独特のしなやかさがあり舌を巻く。
とまで言わしめたのは、椎間板ヘルニアになって入院する程の激しい修練があって、
そこから生まれたものなのに私はただ器用だな〜ぐらいにしか思っていなかった。
いや、でも、むしろファンにそう思わせておきたいのが心意気なんだろうと思います。

潔くないなあ、と最近感じるのは、沢×研×さんの奥さんとのベタベタコマーシャル。
そのことを批評するなんて筋違いだとは百も承知しておりますがね〜。(笑)
気持ちよく見れない人もいらっしゃるとは思わんのだろうか?
ああいうポリシーの方だったんだろうか?
もっと骨のある、思いやりのある人間だと勝手に良い評価をしていたんだけれどな。
♪世の中 変わっているんだよ 人の心も変わるのさ〜(日吉ミミ:古い〜〜)

ヒドイ脱線をしてしまいました。またまたゴメンナサイ。m(_ _)m


あのぉ〜すみません 投稿者:津田昌男 投稿日:2002/04/23(Tue) 14:45 No.958  

たいして覗いていないのに無理ですか?
わたしぜひ画像イメージに馬を追加していただくとうれしいのですが、、なんとかなりません。


あのぉ〜たぶん無理ですよ〜 迷い猫 - 2002/04/26(Fri) 04:58 No.962  


あの画像イメージは、アンカーさんが作ってないと思うし・・・
追加画像を勝手にコントロール・UP出来ないのでは?
実際どうなんでしょうか? アンカーさ〜ん。
 (まだまだPCと格闘中?ですか〜?)
★ メール まだあきませんか〜?(駄目ですか・の意味)


Re: 気長に待とうよ、ピーナッツ インファントの馬印犬 - 2002/04/27(Sat) 18:00 No.968  


「JP-NET」というところを私もクリックしてみました。(笑)

> オリジナルアイコンが利用出来る掲示板です。(高機能な掲示板です)

色々アイコンを追加出来るようですし、フリーな素材もネットにあるようですが、
アンカートトロさんが、本調子ではないようですし、無理しないペースでですが、
出来れば記事の更新の方に傾注して頂きたいし、当面辛抱しましょうよ。(笑)


お、アイコンの追加ができるのでしょうか? ラ星 - 2002/04/28(Sun) 02:03 No.974  


津田さん、お久しぶりです!(あまりお話した事がなくて・・・)
津田さん、ウマ年なのですか?
そういえば、十二支ではないのですね、このアイコン。
犬や猫は6種類も有るのに、竜やイノシシは無いですよね。
でも、こんな事を書いてると、アンカーさんにプレッシャーがかかるかも。
アンカーさん、気長〜にまいりましょうねー。(放蕩息子が、すみません。)


あのぉ〜すみません*2 津田昌男 - 2002/05/01(Wed) 09:17 No.983  


みなさんの おっしゃること わかりました。
年だけとった午どしなんですぅ、みなさんのようになーんにもピーナッツのこと詳しくないのに、ずうずうしく ばかでした。かばでがまんします。昨日は車でちょっと有馬温泉に行ったのですが、1008HZ大阪のラジオで「ふりむかないで」が突然耳に入り、うれしかったぁ、へんなおじさんでした。


かばのマーク(?)が有ったなんて! ラ星 - 2002/05/02(Thu) 07:15 No.984  


津田さん、「かばでがまんします」だなんて、どうか、あまり我慢なさらないでくださいなー!
(^^)

ピーナッツの歌、けっこうかかるんですねえ!
放送局には、「いざという時のピーナッツ」というマニュアルが有るのでしょうか。


あの素晴らしい愛をもう一度  #036 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/04/27(Sat) 20:54 No.969  

♪あの素晴らしい愛をもう一度
   作詞:北村修 作曲:加藤和彦 編曲/演奏:記載なし

これはもう知らない人はいないだろうと思われるフォークの名曲中の名曲。
ザ・ピーナッツとこの曲の接点は何も無いのですが、そんなことどうでもいい。
このようなカバーがカーステレオ用の音楽テープに残されていたことが有り難い。
いいよね〜。ピーナッツが歌ってるということだけでもう十分にいい。(笑)
♪ほかに何も言うことはない〜〜〜(あ、これは、ジュリーか..)

ということで、今回は、5行で終わる...ことにしないのが連載犬の悪癖。(笑)
まだまだ続くんです。すんません。
(閑話始題:こんな四字熟語なかったっけ)
今日(4/27)NHK総合テレビで「名曲アルバム・リクエスト大特集」を見ました。
羽田健太郎さんの若い時の映像を見て、そういえば、と思い出しました。
昔、散歩がてらに聴きに行ったクラシックの演奏会でこの人を見たのでした。
川崎のホールは3箇所ありましたが、いずれも家から歩いて10分以内の近さでした。
川崎市民交響楽団や神奈川フィルハーモニー管弦楽団のチケットはレコード店にあり、
ぶらっと行っても、200円くらいで入れましたし、空いてるんです。(笑)
ソロのバイオリンとかピアニストがゲストで出るのですが、羽田健太郎さんは当時は
少なくとも私は知らない方でした。今じゃ大変な著名人ですが。

彼女居ない歴1X年で夕方は暇で、ピーナッツばかり聴いているだけじゃ空しくて、
そんな演奏会にもお値段の安さに引かれて暇つぶしに行ったのですが、これ有意義。
何といっても、生楽器の素晴らしさ、それも電気的増幅なしの自然な響きの美しさ。
こんないいものはないです。高いチケットを並んで買って、ギャーギャー喧しいのを
聴くくらいなら地方のオケだっていいじゃないですか。聴きに行きましょうよ。
指揮や演奏が上手か下手かなんて、私ら素人には判らない、その位上手ですよ。
間違ってるのを覚悟で言うと、ゆったり目の演奏が多いと思いました。(思うだけ)
それだけにレコードよりも音楽の仕掛けが良く判るし、意外な良さも見つけたりね。

「リクエスト大特集」の第一位はエルガーの行進曲の第1番「威風堂々」でした。
聴視者のお便りで、子供がこの曲を聴いて気に入って、今ではオケでトロンボーンを
吹いています、というのがありました。これ、判り過ぎるくらいわかるなあ。
日劇でザ・ピーナッツの歌う「ふりむかないで」を伴奏したスカイ・ライナーズ。
世の中にこんなかっこいいものがあろうとは..と大感激してしまった私です。
NHK紅白では小野満とスイングビーバーズが伴奏したと思いますが良くなかった。
サンマは目黒に限り、ふりむかないではスマイリー小原とスカイ・ライナーズに限る。
彼等の金管楽器のサウンドに痺れちゃって遂には会社でフル・バンド立ち上げに参画。
ラッパを吹きながらバンマスもやってました。(ろくに楽譜も読めないくせにね)

恐らく一番多くピーナッツの伴奏をしたであろう、そのスカイ・ライナーズの名前が
ピーナッツのレコードには見当たらない。これは楽団自体がテイチクレコードの専属
だったからかも知れない。同様にシャボン玉をずっとバックアップしたバンドである
宮間利之とニュー・ハードも東芝レコードだったかも、この辺はあくまで推測です。
しかし、シックス・ジョーズと表記されていても音自体がフルバンドである場合には、
ひょっとするとこれらのバンドが内緒でやってる可能性があると思います。
(例:月影のナポリ、二人はしあわせ、マッダレーナばあさん)
もし、スカイ・ライナーズならナベプロへ支払えば入る財布は一緒なんだから。(笑)

(閑話休題)
「あの素晴らしい愛をもう一度」などのフォークが大流行し、今でも好きな人が多い
のは何といっても、ギター一本で伴奏が出来る手軽さ、身近さがあると思います。
実際のフォーク歌手のレコーディングは必ずしもギターばっかりではないのですが、
ステージではギター伴奏が多いし、エレキブームというのもあってギター人口は凄い。
しかしながらギターばっかりが表に出過ぎちゃって実につまらない時代になった。
これは弊害だと思うよ。15人も集まるフルバンドでは色んな人間関係もあったりと
大変なんだけど合奏の楽しさというものは2〜3人でギター鳴らすより楽しい筈だ。
テレビからフルバンドでの伴奏が消えて久しいが、淋しい時代になったもんです。
...などと...いつも独り善がりばっかですみません。m(_ _)m


Re: あの素晴らしい愛をもう一度  #036 みえち - 2002/04/27(Sat) 21:24 No.971


あの素晴らしい愛をもう一度って名曲ですよね〜♪
ザ・ピーナッツのお二人が歌うと
これまたd(>_< )GOOD!ベリーね!

インファントの連載犬さんの連載
おもしろいですよ〜(^―^) ニコリ♪
まだ「あ」ですよね〜
はやくイエッサリー♪の回が読みたい!!
あと「私と私」も!!
「わ」はまだまだですね〜♪
o(^^o)(o^^)o わくわく


フォーク大集合!! 迷い猫 - 2002/04/27(Sat) 22:39 No.972  


今、BS2で放送中!
ザ・サベージ、フォー・セインツ、フォークル等々、白黒映像を交えて放送中!
見てますか〜? 実になつかしいですねぇ〜。
たぶん再放送が、来週中にあると思いますので見逃した方はチェックして下さい。
もう一方のテレビでは、日テレの「夜もヒッパレ」を見ています。尾藤イサオ君が出てるよ〜!
(あとは、ようわからんゾー!)
ポール・アンカのおじちゃんが見たいからで〜す。
おっ!なんで ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」なんや?
ちょっと周りがごちゃごちゃしておるので わからんだー!

名曲アルバム・リクエスト集は、バッチリ録画してあるし投稿もしたよ〜。
おかげでリンクスのHPの掲示板が、沈黙しちゃった。(召集かけたから〜?)
お〜 ハネケンさんね! 前田憲男さんと共に大ファンです。(ピアニスト)
明日朝のテレビ朝日「題名のない音楽会」見て下さい。(次週予告も!)
アンカーさん! 5/5放送の↑この番組を必ず見てね〜!
こんどのコンサートの予備知識になりますよー。
あっ!始まった。ポール安価だ! (すごい変換辞書)


Re: ご感想ありがとう インファントの連載犬 - 2002/04/29(Mon) 22:42 No.982  


英国在住のMISTY(仮名)さんから連載犬の感想をメールで頂きました。
あんな毒になっても薬にならない(笑)能書きを読んでくれているなんて感激!
あちらでは子供さん達が気軽にアマチュアオケに参入出来るようでうらやましい。
生楽器、生演奏がとても身近なんですね。
プロムナード・コンサートが文字どおりの「歩道」的な環境で、お花見のように
芝生でお弁当食べて、星空の下でクラシックを聴くなんて、まあロマンチック。
あの第2国歌を作ったエルガーは英国の象徴的な国民愛好作曲家みたいですね。
フランスもラ・マルセイエーズがあるし(ベルリオーズの編曲が凄まじいねえ)、
日本の君が代はその点、物足りない。(んなこというと神罰が...ああ、怖い)

川崎市民交響楽団と神奈川フィルハーモニー管弦楽団を一行に併記したけれども、
神奈川フィルはれっきとしたプロ・オーケストラだから、これは大変失礼でした。
チケットも当然、10倍くらいの格差があります。(笑)
アマチュアの場合は会場代や運営費だけだから、今でも500円位で入れます。
日本でもアマチュアのオーケストラは沢山あるんです。みんなの近くにもね。

英国でもテレビのアイドル・オーデション番組があったり、歌真似番組があって、
そのバックがフルバンドなんだそうで、文化的な贅沢と言うのはそういうもんだ。
けれど、肝心のプロの歌手は大概、自分のバンドを持っていて、これは、日本と
一緒で少人数の電子ウソ音発生機(シンセサイザーって書け:笑)付きのバンド。
嘆かわしい状態は世界的傾向だということがわかりました。


週刊現代 投稿者:みえち 投稿日:2002/04/28(Sun) 22:03 No.977

昨日発売の週刊現代の中に
「もう一度見たいテレビ番組ベスト50」の
一位がシャボン玉ホリデーでした。
双子の美人歌手が歌と踊りばかりか
コントまで魅了♪っとザ・ピーナッツの事が
書いてありました。
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノ


Re: 週刊現代 インファントの現代犬 - 2002/04/29(Mon) 10:33 No.980  


ええっ??? シャボン玉ホリディが、もう一度見たい番組第一位?
嘘だろ〜。日本人の知的水準から考えて、そんな上等な結果が出る筈がないっ!
と、半信半疑どころか、零信百疑で、慌ててセブン・イレブンで買って来た。
あらまあ! ほんとだよ。
でも納得...クリエイターばかりの有名人60人のアンケート結果だったんですね。
大体、文化人は当時、み〜んなシャボン玉ファンだったらしいです。
こう言っては語弊があるけれど、趣味のいいご家庭しか観なかったと思いますよ。

「てなもんや三度笠」はみんなが見たけれど「シャボン玉」には流れない家庭が多い。
私は「てなもんや三度笠」やってる時間に(親父より先に)お風呂へ入ってました。
これとか、全員集合はボケッと眺めるもので、食い入るように見るものじゃなかった。
シャボン玉は、今ならさしずめ2時間番組を作るようなアイディアが凝集していた。
その切れ味、テンポは映画的でさえあった。作品というに値する素晴らしさだった。
それゆえ、ダラダラしたお気楽なものが好まれる茶の間には内容が良すぎた。

後年、なべおさみ、や、小松政夫が台頭してくると、ナアナア感、ダラダラ感が出て、
間延びした芸を見せられることになり、次第に嫌な感じになってしまいました。
クレイジー・キャッツも個人別の仕事が増え、シャボン玉スケジュールに拘束される
ことを嫌って卒業してしまった。(これは、今でも、違うだろう! と言いたいが)
とどのつまりは、私と同じ日に生まれたから同じようにお調子者の井上順が進行役に、
これでシャボン玉の命脈は断たれてしまったのでありました。(泣)

終始一貫、懸命に番組に傾注・奉仕したのはザ・ピーナッツだけでしたね。偉業だよ。
番組が終わったら、余りの気楽さに、気が抜けたようになったのではないかしら。

ところで、週間現代の記事で、主な出演者に、寺内タケシが入っている。なんでだ。
鹿内タカシならわかるけど、寺内タケシはたまに呼んだゲストだぜ。
優先順位なら、布施明やスリーファンキーズ、タイガースが先に来ると思うがな〜。
やっぱり週刊誌というのはお手軽に適当にさっさと作ってるんだね。
同じように毎週やってたシャボン玉の爪の垢を煎じて飲むべきだ。(どうやって?)
記事では「いいものを作りたいという気持ちは誰にも負けなかった」なんちゃって
今のテレビ界を暗に批判してるけど、人のフリ見て我がフリ直せ、と言いたいなあ。


てなもんや三度笠 投稿者:えいじ 投稿日:2002/04/26(Fri) 19:17 No.963  

アンカーさんはじめ、みなさまご無沙汰しております。
ピーナッツさんは「てなもんや三度笠」によく出演されてたと聞いた事がありますが、2月に発売された「てなもんや三度笠」のDVDには、ピーナッツさん放送分は収録されてるのでしょうか・・・。
もしご存じの方がいましたら教えてください!
この番組が放送されていた当時は、まだ生まれてませんので、たまに懐古番組から流れてくる「当たり前田のクラッカー」しか知りません。(笑)


Re: てなもんや三度笠 アンカー - 2002/04/27(Sat) 08:33 No.964


皆様、ご無沙汰しております。
まだ不調な(いろんな意味で)アンカーです。

さて、『てなもんや三度笠』がDVDで出てたことも知らなかった私です。

私は数年前に通販で発売されたビデオの5巻セットを買いました。
その中に入っている
『見附(みつけ)の歌くらべ』という回にピーナッツは出ています。



Re: てなもんや三度笠 えいじ - 2002/04/27(Sat) 12:13 No.965  


「てなもんや」はアンカーさんのビデオリストを見て、前まえから欲しかったんですが、5本組ということで購入するかどうか迷ってました。
DVDは全5巻で、1本3000円だそうです。
アンカーさん、情報ありがとうございました。
明日にでも早速買いに行きたいと思います。
これで、ゴールデンウィークは楽しく過ごせそうです。
(ゴールデンウィークもたぶん仕事してると思うので)

動くピーナッツさん、最高です!!


Re: てなもんや三度笠 みえち - 2002/04/27(Sat) 14:45 No.966


あたり前田のクラッカー☆
あぁ〜私もてなもんやのDVDが欲しくなってきた☆
一巻3000円っていうお値段もお手頃だし☆
てんぷくトリオも出ているんですよね〜♪
お給料も出たし買っちゃうかも?!
ニャハハ (*^▽^*)


Re: 残念、無念ですが... インファントの落胆犬 - 2002/04/27(Sat) 15:23 No.967  


『見附(みつけ)の歌くらべ』という回にピーナッツは出ています。
これは、第284話で昭和42年10月8日放映分です。
この2月にコロンビアから発売されたDVDにはこの回は収録されていません。

てなもんや三度笠 爆笑傑作集
Vol.1 COBA-4142 第268話「月の鰍沢」、第275話「府中の親切」の全2話
Vol.2 COBA-4143 第278話「藤枝の汁粉屋」、第279話「島田の刀工」の全2話
Vol.3 COBA-4144 第286話「舞阪の助太刀」、第290話「藤川の水車小屋」の全2話
Vol.4 COBA-4145 第293話「鳴海の別離」、第294話「熱海の絵師」の全2話
Vol.5 COBA-4146 第297話「二見の乙女」、第300話「風流おうむ石」の全2話

ビデオは、3種類あり、第284話はコナミ版と傑作選に入っていたようです。
コナミ版・・・コナミ工業(株)「てなもんや三度笠」全4巻
傑作選・・・大映(株)「てなもんや三度笠 傑作選」全5巻
決定版・・・(株)東阪企画「てなもんや三度笠 決定版」全5巻

今回は残念ですが、またの機会に期待しましょう。(泣)


Re: てなもんや三度笠 えいじ - 2002/04/27(Sat) 22:55 No.973  


インファントさん、情報ありがとうございました。

仕方がないですね。また今度という事で。
ゴールデンウィークはピーナッツの歌三昧でも堪能するとしましょうか。久々にB面だけでも聴いて。

みえちさん
今度出る機会があったら買いましょう!

インファントさんの連載、
今度は何が出てくるんでしょうか。
楽しみです。


Re: てなもんや三度笠 ラ星 - 2002/04/28(Sun) 02:18 No.975  


えいじさん、お久しぶりです!
(お話した事、ありますよね・・・?忘れっぽくて。
あ、思い出した!おじさんの家でピーナッツのレコードをみつけた方だ!)
ゴールデン・ウィークもお仕事とは!なんだか申し訳ない気がします。

『てなもんや三度笠』、もっと真面目に見ておけば良かったなあ。
はずかしいのですが、この「てなもんや」の意味を、つい最近になって
知りました。ずっと、「てなもん屋」だと思っていました。ばくぜんと。
これじゃ「店屋物」みたい?


Re: てなもんや三度笠 みえち - 2002/04/28(Sun) 21:59 No.976


えいじさん
私も動くザ・ピーナッツが見たいので
ぜひ今度出る機会があったら買いましょうね〜
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノ


教えてください 投稿者:アンカー 投稿日:2002/04/22(Mon) 18:29 No.956

私宛に直接メールをいただいたのですが、わからなかったので
ここに書き出します。
どなたか知ってる方いましたらお願いします。

『実は最近気になっている曲があるのですが、
 それが記憶ではザ・ピーナッツだと思うのですが、
 曲名がわかりません。

 もしご存知でしたら、お教え頂けないでしょうか?

  歌詞の中に
 『情熱の赤いバラ、そしてジェラシー・・・』というフレーズが入っている曲です。

もしかしたら、記憶違いの可能性もあるのですが・・・。』

と言うものです。
ピーナッツが現役の頃に流行っていた曲でしょうか?


Re: なんだろう..この語感は.. インファントの駄目犬 - 2002/04/23(Tue) 23:56 No.959  


今日一日、『情熱の赤いバラ、そしてジェラシー・・・』の言葉が気になって(笑)。
なにかな...記憶になにかが引っ掛かってるんだけど..たどりつきそうにないですね。
思い出せないもどかしさ、じゃなくて、無理だな、と最初から思ってます、これは。
手がかりのようなもの...ラジオで聴いた、何の番組だったか、朝、昼、夜のどれか。
休みの日だったか、とか何か一緒に出来事があれば、ひょんなことから判るかも?
でも..なにか..あるんです、知ってる感じが.....この歌詞...言葉...なんでだろう?


Re: 教えてください nao - 2002/04/24(Wed) 00:58 No.960  


またまたご無沙汰してました。

その歌、読売新聞日曜版連載の漫画「あたしンち」で
お母さんが歌ってた歌じゃないですか?
先週アニメが始まって、その中でも歌ってたみたいですが。

最初に漫画読んだ時私も「どっかで聞いたような歌詞!」と
散々思い出そうとしたのですが、普通歌詞を引用すると
著作権の表示があるのにこれには無かったので、てっきり
作者が適当に作った歌かと思ってました。

もしかして本当に実在するのかしら。うわー気になる・・・。


Re: 教えてください ウシオ - 2002/04/24(Wed) 23:21 No.961


naoさんと同じく、僕も漫画を読んでた時から「この歌詞何の歌のだっけ?」と引っかかっていて、アニメ化されたらそれにメロディがついてる!とまた気になって。
で、あちこちHPを拾ってみました。

原作のけらえいこさんのファンサイトによると、どうやらこの漫画のために作った歌詞らしい、というのが有力。
今回、アニメ化されてさらにそれにメロディをつけたんだそうです。

漫画(アニメも同様)の中で「あたしンち」のお母さんが家事をしている時に

♪情熱の赤いバラ〜、そしてジェラシー

と口ずさむんですが、naoさんが推理なさったように、既存の歌を使うと著作権の絡みでいろいろ面倒なので、作者のけらさんが適当に作ってお母さんに歌わせた、らしいんです。

でも、歌詞といいメロディといい、いい感じでツボにはまりますよね。
「あたしンち」、漫画もアニメも面白いですよぉ。


ご迷惑&ご心配おかけしました 投稿者:アンカー 投稿日:2002/04/20(Sat) 09:25 No.946

ふうっ!やっと元に戻りました。(と言ってもまだ完全ではないけど)
普通にパソコンは立ちあがるのに、
インターネットの接続ボタンを押した途端にフリーズしてしまうんです。
うんともすんとも言わなくなって、強制終了しかなくて、っていう事の
繰り返しでした。
パソコンのサポートセンターに電話して(これが全然繋がらないんだな)
朝9時から電話しつづけてようやく話が出来たのは夕方4時過ぎでした。
コマンドプロンプトとかMSモードで立ち上げて云々とかいろいろやってみたけど
やっぱりだめで、結局インターネット接続ソフトに問題があるんじゃないか
と言うことになって、今度はプロバイダに聞きました。
ソフトを一旦アンインストールして再度入れなおしてみましょう、
と言われ何度かやったけどだめで、あきらめモード。
そこで思いついたのが「HD革命」以前バックアップを取っていたので
これを入れてみました。
そしたらやっと元に戻り一件落着。
でもね、これでバックアップ取ったのが去年の5月だったんですねえ。
だからハードディスク:Cの内容が去年の5月の時点に戻っちゃったんです。
受信トレイとかはCを分割してDの方に入れていたので無事でした。
ただ、5月以降に入れたいろんなソフトとかは全部入れなおさなくちゃいけないので
その作業がまだ少し残っています。

なんでこんなことになったのかわかりません。
ウイルスとかはね、対策ソフトを入れているので事前に知らせてくれ
今まで危ない目にあっても直前に回避してくれました。

みなさんもこまめにバックアップ取って置きましょうね。

この間のみなさんの書き込みありがとうございました。


お帰りなさい! 豆だぬき - 2002/04/20(Sat) 15:47 No.947  


アンカーさん、パソコンの具合が良くなってよかったですね。アンカーさんもネコ語が使えるのですね。「ソフト」と「ハード」はコンタクトレンズなんて時代遅れな事言ってたら豆腐の角で頭をぶたれそうですね。だんだんネコさん風になってきてしまってる、、、、。


パソコン快気祝&災厄排除セーブ インファントの教訓犬 - 2002/04/20(Sat) 21:13 No.949  


良かったですね。復元にはまだ手間がかかりそうですが、大事に至らなくて幸い。
他人事じゃないので、今日はシステム部のパーティションを丸ごとセーブしました。
以前に、たった230MBのMO媒体が急に読めなくなってしまって往生しました。
今はいい道具が色々あるから、手間を惜しまないぞ、という気持ちが大事ですね。
「災難は忘れた頃にやってくる」なんてね。パソコンにも活きる教訓だとは(苦笑)。


ただいま!じゃなかった、おかえりなさい! ラ星 - 2002/04/21(Sun) 03:39 No.950  


放蕩息子のラ星どす。休みぐせがついてしまって、ごめんなさい。
パソコンが、もっともっと簡単な機械になってくれるといいのにね、アンカーさん。(え?久し振りにやって来て、それだけ? うん、もう眠いの。)


復旧作業、ご苦労様です。 迷い猫 - 2002/04/21(Sun) 04:37 No.951  


おっは〜!!(まだ寝てないけど)
昨年末から今年の始めにかけて悩んでいた私のPC環境と、よく似ていたのかなぁ〜?
私は、頭に来てHDD2台とっ換えてしまいましたよ。
それでもアカンかったので・・・結局まったく関係なかった。
OS(Win98,se、me)の一部バグと、プロバイダーとの不具合
だったようです。(誰に怒ってイイにやら・・・?)
インターネットのみならず、エクスプローラーも開きませんでした。
いったい何だったのだ、あの無駄な時間は・・・っと今でも思う。
ブラウザのUPデートは、ウィルスだけのセキュリティ問題ではないので
こまめに更新したほうが無難な気もしますよ〜。
だから今でも シンプルでメモリー衝突も無く、安定して動作が早い 
MS−DOSアプリ を使用してる次第です。
加工編集は、Windowsに最終は、載せてますケド・・・。

あれっー!そう言えば故障中に送ったメールは、どこへ行ったのでしょーぅか?
多分 私書箱?ポストに入ったままだと思いますヨ〜。


びっくりしたなあもう インファントの老愚犬 - 2002/04/21(Sun) 09:53 No.954  


さっき、下の投稿したら、お犬さまの顔が表示されなくなってしまいました。
さては、故障か? と再起動したら、やれやれ、現れまして...ほっと一息。
パソコンは賢者の箱だそうですが? 化物屋敷みたいで妖しくて不気味で...。

迷い猫さん
> シンプルでメモリー衝突も無く、安定して動作が早い 
> MS−DOSアプリ を使用してる次第です。

さすが賢者の意志? そういう使いこなしが出来るなんてすごいな〜。
パソコンは知性の鏡とも言われてますね。あっ、パネルに馬鹿犬の間抜け面が...


I.E.6.0にUPしてみては? 迷い猫 - 2002/04/23(Tue) 01:29 No.957  


アンカーさん 苦労して見えるそうで・・・
この際 ブラウザのバージョンアップを試みては、いかがあぁ〜。

ホントは、NTかXpProをお勧めですが・・・。
いかがなものでしょうかー。(ムネオ君)


あなたの胸に   #034 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/04/17(Wed) 06:21 No.930  

♪あなたの胸に 1965.07
   作詞:安井かずみ 作曲/編曲:宮川泰
   演奏:レオン・サンフォニエット

このレコードを買って初めて聴いた時は18歳の青年でありました。
この前に出た「マイ・ラブ」もそうだったんだけど、ちょっと苦手でした。
当時は清潔感というものをピーナッツに抱いていたので(今でも不潔じゃないが:笑)
この何というか..異性との関係を歌ったような感じは..なんか嫌だなあ、と思って。
やっぱり、お屋根のてっぺんで..恋をしちゃった! ぐらいでないとな〜、
あなたの胸に顔を埋めてというのは...ちょっと..園まりに任せておけばいいのに..

今では勿論、上記のような感覚は全く無くて、「マイ・ラブ」もこれも超大好きです。
とにかく宮川泰作曲は全て名曲。ハズレが(私には)無いというのが凄いのです。
後年は宮川先生以外の作曲がずっと続いてしまい、どうしてなんだろうと不満でした。
17年の歌手活動を通してもっともっと宮川作品を歌って欲しかった!
安井かずみ/宮川泰の当時のニューコンビはとてもいい仕事をしたんだなと思うけど、
大ヒットには恵まれなかった。

先生は「ピーナッツには色気がねえ...」と限界を嘆いておられたようなんですが、
あの時点ではピーナッツのこの手の曲がヒットに入り込む余地がない程に大人の歌が
沢山あって、上手い人もそれはそれは沢山居て、出る幕が無いという感じだった。
演歌でもないガキの歌でもない歌謡曲のいいものが次々に出ていたんだものね。
そもそも色気って何だろう。辞書をひくと、異性を引き付ける性的魅力と書いてある。
私(男性)を惹きつけるのだから、色気がたっぷりあるのに違いない。そうかな?
実際はそうじゃなくて「不特定多数の..」が正解なんだと思う。
でも、それじゃ水商売の看板女性みたいで、そういうピーナッツだったら敬遠でした。
これは単純ではない...難しいテーマだ。

うちの奥さんが色気たっぷりでフェロモンを周囲に振りまいていたら大変な事になる。
だけど、私には色っぽく、女っぽく見える(笑)。
私だって決して男っぽい逞しさは皆無だが、家内には男の代表だと映ってるのでは?
でなければ子供は出来っこないのだから。色っぽさは主観なのではないか?
じゃあ、宮川先生の言う歌手としての色気って何なのか、園まり風と理解すべきか?
変な喩えだが園まりと一緒になったら天国に行ったような極楽気分になるのだろうか。
違うと思う。普通の女性でしょう。歌詞のようにベタベタ甘えている人じゃなさそう。

結局。園まりはピーナッツより美形だということに尽きるのではないのかしら。
だとすれば色気があれば云々というのは可愛らしいだけのピーナッツには無理難題。
生まれつきのことで差別しては可哀想だ。それは芸でも努力でもないじゃないか。
ピーナッツが人気商売から足を洗ったのもそこに一因があるのではないかしら?
逆説的にセックス・アピール要素が主体ではなかったから幅広い層に支持されたし、
シャボン玉の顔だったし、17年も長く続けられたとも考えられます。

それはさておき、このレコードのジャケットの写真はお気に入りです。
モノクロだけど色っぽい。こんな表情のピーナッツがたまらなく好きです。
このジャケット見ながら、この曲を聴くと、とっても切なくてどうにかなりそうだ。
色気がない、なんて世間の男どもは「見る眼がない」だけじゃんか。
これが結論だ。文句あるか。インファントだあ。


Re: #034 津田昌男 - 2002/04/22(Mon) 10:47 No.955  


インファントの連載犬さんご無沙汰していました。あなたの胸にはピーナッツシングルスの恋のフーガの中にあったので聴きました。たしかに内容がいやらしいですね。わたしはやっぱりスクスクなんかのほうがいいなぁ、難しいことわからないけど・・最近渡辺真知子ちゃんゃ、綾戸智恵さんゃ、平岩英子ちゃんなど浮気してきたけど、やっぱりピーナッツちゃんでした。細かいことわからないけどいいんですー。   


あの愛をふたたび   #035 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/04/21(Sun) 08:51 No.952  

♪あの愛をふたたび    1971.10
CONCERT POUR LA FIN D'UN AMOUR
   作詞:和田誠 作曲:Francis Lai 編曲:宮川泰
   演奏:宮川泰とルーパス・グランドオーケストラ

宮川泰とザ・ピーナッツの道楽ここに極まれり。
誰が何を言おうと、もう最高でありんす。至芸。
このLP(勿論CDでも同じ)絶対に買わなきゃダメ。一生の不覚だよ。(笑)
全部を通しての随想を書くべきだろうけど、50音ルールに反するから少しづつ。
●ピーナッツの歌
この曲に関しては難しいことは何もしていない。さらっと歌ってます。力みゼロ。
淡々と、メロディーの美しさを損なわないような気配りを感じさせる歌い方です。
私達(ザ・ピーナッツ)の歌を聴いて下さいという張り出しを全く感じさせません。
こんな歌手はあまり見当たらないのではないでしょうかね。(笑)
●編曲
宮川泰さんが好きなように好きなことをやり放題です。すんげ〜楽しいよ。
このピアノは推測ですがご自身で演奏されていると思いますよ。勝手に信じるのだ。
畳み掛けるような、この弾き方は...多分、そうじゃないかな〜。絶対にそうだ!
こういうのをピーナッツとやってた頃が天国&極楽気分の絶頂だったろうと思います。
●演奏
いやはや..大変な名手ばかりだと確信します。
これが下手だ、と感じる方は自分の感性を磨き直して欲しい。なんちゃって...
メディアが褒めたということでしか判断基準がない人は音楽聴いてもしょうがないよ。
せいぜいマスコミが売らんかなと持ち上げる商品を自己満足で勝手に聴くがいい。
ベストセラー集めたって心の糧にはならんと思うけどね。(無意味に拗ねてる:笑)
<録音>
キング・レコードのザ・ピーナッツ担当スタッフは超優秀です。そりゃ最高だよ!
勿論、布施明も伊東ゆかりも江利チエミも同じ人かも知れないけどさ。(爆)
それにね。チーフ・ディレクターがどうせ牧野さんでしょ。ザ・ピーナッツ命の?
伝統的にね、キング・レコードは録音技術が生命のレコード会社だよ。(マジ)
録音が悪いなんてことは絶対にありえません。ここに断言する。耳を信じましょう。

この曲の録音一つでもいいから、今ならさしずめ、B&Wのシグネチュア800か
TANNOYのKINGDOMでもいいや。\3,500,000かあ..0が2つ多いなあ!
JBLのプロジェクトK2/S9800なんかで鳴らして真価を発揮させたいねえ。
音色も素晴らしいが、楽器の定位や、奥行き感、立体的で左右に展開する空気感。
まさにステレオ録音の醍醐味が備わっています。(あ〜また始めちゃった〜)
拙宅の貧乏人向け装置でも使いこなせばその片鱗ぐらいはちゃんと聴けていますよ。
高級乗用車一台分をオーディオに注ぎ込む余裕のある方は試して結果を教えて頂戴。

間違えてはいけないのは時代が古いから録音技術が低くて聴くに耐えないのでは?
グレードが劣悪なんでは? という誤認識をしてはならない、ということ。
ザ・ピーナッツのモノラル時代(〜1960.6迄)だって別に悪いわけじゃないのだが、
少なくともステレオ録音時期(1960.8〜)からは全部優秀録音です。
国内録音が悪い根拠など無く、プロの技術を、そして機材を甘くみてはいけません。
むしろ、現在のオーディオ環境は当時よりレベルダウンしている程なんです。
現代の状況。(オーディオ衰退を嘆く、ある記事を抜粋させて頂きました)

最近の若いミキサーはレコーディングの技術は専門学校等で勉強はしているが、オー
ディオには全く関心はなくスタジオを一歩外に出れば全くオーディオは聴かないし、
ましてオーディオファンをターゲットにした録音などは思いもよらない事だそうです。
また大半の録音現場の環境は無神経で、マイクケーブルが団子結びになっていたり、
左右の長さが違っても平気だったりと、それはひどい状態だそうです。
巷間よく言われる様に、下手なアーティストのミスを隠すために、複数のテイクから、
いい所取りをしてマスターを作るそうです。その結果、継ぎ接ぎだらけのダビングを
重ねるため、どんどん鮮度の落ちた録音になってしまうのだそうです。
売れるから儲かるからと言う理由だけで音の悪いJ−Popを安直に作り続け、売れ
ないからとクラシックやジャズはもちろん、音の良い音にこだわったソフトが本当に
少なくなってしまった。本当に若いポップス系のミキサーはラジカセで最終音決めを
しているそうですし、音の良いJ−Popは安物オーディオではかえって歪んでしま
うとの事。これではミニコンポ以上のステレオが欲しくなるわけはないのです
●まとめ
ハードはデジタル化され、高性能になったかも知れませんが、いいものを創ろうよ、
という当時のスタッフの気概、プロ根性は残された結果となって伝わってきます。
この録音に限った事ではありませんが、私は良い時代のいい仕事だと評価致します。


ピーナツの歌をいい音で聞くには 投稿者:じん 投稿日:2002/04/18(Thu) 20:18 No.937  

ここの掲示板を時々見ていますが、オーディオに詳しい方はいないようですので、いい音でピーナツを聞く方法をオーディオ・ファンの立場から少し考えてみました。

CDをいい音で聞くためにはまず装置のグレードを上げることです。当たり前のことですが、その後が少々ややこしいのです。装置のグレードをある程度まで上げると、今度は装置がそのCDの録音状態のグレードを追い越してしまい、録音状態の荒がスピーカーからもろに出てくるようになります。ひどいCDになると、バイオリンが、のこぎりで引いたような音になったり、人の声が割れて9,800円のラジカセで聞いたほうがいい音に聞こえるといったことになります。

ここでオーディオの道は2つにわかれます、1)録音の悪いCDは聞かない。2)音質のグレードアップはそこそこにして、音色を重視して装置をそろえる。

ザ・ピーナツを聞くには何といっても2)の選択です。もともとが大衆音楽ですから、レコードプレーヤーやフルレンジ・スピーカーのステレオ(現在のようにスピーカーが2-3個セットになっていない)で聞くことを前提に音造りがなされていると思います。60年代前半までの曲は特にそうです。グレードを上げすぎると高音のシャリシャリした感じが耳につきエコーのかけすぎ?がはっきり聞こえてくるのを経験した方もいると思います。またボーカルが少し割れ気味に録音された曲も耳についてきます。

激しいビートをたたき出せるよう若者向きに作られた最近のミニコンポはピーナツには向かないと思われます。スピーカー1個だけで低音から高音までカバーするフルレンジタイプ(最近はあまり見かけませんが)が一番ピーナツの声を素直に出せるように思います。
また最近のアンプは性能が高すぎて、ピーナツには酷です。真空管アンプをお勧めします。興味のある方はご相談にのります。

ジン



Re: ピーナツの歌をいい音で聞くには インファントの音狂犬 - 2002/04/18(Thu) 23:27 No.939  


今日は宴会で遅く帰宅して、それでも掲示板は見ようと...わあ、びっくりした。
迷い猫にマタタビマチコ? 酔犬にオーディオ談義。ショボ眼が醒めてしまった〜。

じんさんの意図されるピーナッツの歌の楽しみ方のイメージは心情的に理解出来ます。
俗にオーディオはロクハンに始まりロクハンに至る、というか、尽きると言われます。
ロクハンというのは6.5吋(16センチ)の直径を持つシングルコーンスピーカー。
このシンプルさが自然感という点ではベストであると思うし、事実そうでしょう。
ザ・ピーナッツの声帯は高音中音低音と三つに別れてなんかいません。(笑)
また、人の声が出す周波数もダイナミックレンジもロクハンのサイズで満ち足ります。
勿論、16センチのスピーカーとはいえ、十分な容積の箱に入れる必要があります。

真空管アンプも奨めておられますが、これは聴いてみた方でないと形容しずらいです。
カタログデータ上の比較では表現出来ない素性の良さというものがそこにあります。
真空管だったら全て良いというわけではなく、出力を犠牲にしても音質を大切にした
設計のものでなければ全く意味がありません。
現存する真空管を使い、常識的な投資で大出力を得るのは無理なのではありますが、
普通の家庭内では数ワット(一ケタ)の出力があれば、実は十分なのです。
不思議なことに半導体アンプでは、こちらは数ワットでは良くないと思います。
歪みの増え方が異なるので、底力というものが真空管アンプにはあるんです。

それと素直な音となる根本的要素として電子が真空内を邪魔されずに飛ぶ良さがある。
半導体は固体内を無理矢理に流されているんです。
ヒーターで加熱されて動きやすいウォーミングアップが出来ているんですからね、
気持ちよくすっ飛んでいくんです。この率直さには半導体は適いません。
スピーカーの能率(最近のスピーカーは悪い)にもよりますが、ザ・ピーナッツの
歌声を聴くのに真空管以上の出力が必要ではありません。
真空管アンプは一般的にスピーカーへ電流を供給するために出力トランスが必要で、
非常に高い音と重低音の再生には不向きですが、ピーナッツの声は100%可能。
ピーナッツに限らず、シングルコーンSPと真空管アンプはボーカルにお似合いです。

さて、それで済めば良いのですが、色々と望んでしまうのがオトキチの悲しい性。
何とかピーナッツの歌声の素直な表現を残しながら、バックの演奏も聴き取りたい。
それと言うのもピーナッツのレコードの録音は陳腐どころか凄いものなのですよ。
例えば「ローマの恋」という、ありふれたカバーヒット曲の録音一つにしても、
文京公会堂を借り切って、ステージに楽団を展開させてホールトーンまでも収録。
そのアコースティックな響きの素晴らしさ、音場の自然感など、ここまでくると
とても16センチのスピーカーでの再生には無理があります。
この話は嘘でも誇張でもありません。アンカーさんのお宅にオーディオ技術誌が
あり、(何でもあるんだねえ)その特集記事で「ローマの恋」のキングレコードの
録音風景などが写真入りで紹介されているんです。

シングル盤でこうなのですから、宮川泰とルーパス・グランドオーケストラなどを
バックにした広大なスペクタクルサウンドは正に金に糸目をつけない程の最高級な
オーディオセットで聴きたいと思います。(悲しいかな夢と現実は違うけど:泣)
とはいえ、馬鹿デカイ音で鳴らそうというのではなく、ザ・ピーナッツさん達が
実際にスピーカーの所で歌った場合を想定した音量というのがメドと考えています。
それ以上、大きい声では化け物になるからです。
この程度の音量でも広い周波数特性を持つ装置であればオーケストラの繊細な音や
地を這うティンパニーの低音がきちんと表現出来ます。
私はピーナッツは鳴っている音楽成分の一部として捉える性分です。
このあたりになると趣味趣向の領域なので色々な意見があってこそ楽しいと思います。
またやりましょうよ...オーディオ談義...迷い猫さんも好きだよ...きっとね。


おっ!オーディオねぇ〜 迷い猫 - 2002/04/19(Fri) 07:29 No.941  


時間がない!


オーディオ談義 II じん - 2002/04/19(Fri) 11:31 No.942  


インファントの音狂犬様、「ローマの恋」のコメントありがとうございます。このことはピーナッツ新参者の私は全く知りませんでしたが、スプリングエコーとは全く違う、まるでスタジオの中に響かせた音をマイク撮りしているようだと常々感じていましたが、ようやく理解できました。そういうことだったんですね。しかし、それにしては録音技術が心もとない。やはり当時はアメリカなどに比べたら遅れていたんですね。残念な気がします。

さて、インファントの音狂犬様のオーディオに対する造詣、感服いたしました。本当に良く知っていらっしゃいますね。真空管の中でも名球といわれるものが市場にほとんどなくなってしまったのに目をつけて、最近は中国とロシアの会社が再生産を始めています。ですから、最近は市場に十分な真空管の量が確保されており、ひところよりは安い値段でアンプが手に入るようになっています。またメンテナンスについてもここ当面は部品の心配が要りません。

さて、ピーナッツを聞くための装置についてですが、人の肉声を良く再現するのは2A3や300Bなどの三極管を使った装置だといわれています。しかしこれら真空管の原型は1930年代にできたものであるため、私個人はKT66というもっと新しい時代の4極ビーム管を3極管接続して使っています。なんかつまらない話になってきました。真空管アンプは現在5万円くらいから購入できます。

さてスピーカーの話ですが「オーケストラの繊細な音や地を這うティンパニーの低音がきちんと表現」できるスピーカーとしてはイギリスのタンノイ社などはいかがでしょうか。見た目は38Cm口径のフルレンジですが低音部と高音部が別々に駆動する仕組みになっています。クラシックファンに好まれるスピーカーで、音の繊細さやオーケストラの臨場感では群を抜いています。タンノイの「アーデン」は中古市場で20万円くらいです。

私は住宅事情の関係から米国ボーズ社のスピーカーを使っています。私の記憶に間違いがなければ、長野五輪の公式スピーカーに認定されていたはずです。人の声と臨場感に優れています。いずれにしてもこれらを性能本位のアンプでピーナッツを鳴らすのは、F1で田舎道をドライブするようなもので、好ましくない気がします。


じん


Re: ピーナツの歌をいい音で聞くには インファントの坊主犬 - 2002/04/19(Fri) 22:17 No.944  


> スプリングエコーとは全く違う、まるでスタジオの中に響かせた音をマイク撮りして
> いるようだと常々感じていましたが、

鉄板エコーやスプリングエコーは器楽向きなのでピーナッツの声はエコールームでの
残響をフィードバックさせてリアルにミックスしていると思います。
ホールトーンを演奏に加味させるのが目的だったのか、キングレコードのスタジオが
狭すぎたとか環境が悪いとか? その辺の事情は書いていなかったです。

> 私個人はKT66というもっと新しい時代の4極ビーム管を3極管接続して使っています。
> なんかつまらない話になってきました。

とんでもない(笑)、難しい話ほどミステリアスで面白そうです(爆)。
ダイナコというメーカーのキットでウルトラリニア接続とかいうのがありましたっけ?
トランスの巻きの中からリード引き出して繋いじゃう特許みたいな..その類いですか?

> いずれにしてもこれらを性能本位のアンプでピーナッツを鳴らすのは、F1で田舎道を
> ドライブするようなもので、好ましくない気がします。

いやあ〜まいったな。私、好ましくない事ばかりし続けてきてるんですねえ。(自爆)
二ヶ月ほど前までは、レキュタンギュラー・ヨーク(アーデンの前身)使ってました。
でもね..コロンビアやポリドールのスタジオではこいつを使って歌謡曲でもなんでも
モニターしていたんだから、F1クラスじゃあなく、普通だ、と思うんだけどね。
タンノイは真空管というキャッチフレーズ(笑)に素直にしたがって、SQ38F→
SQ38FD→PQ12&MQ60と長いこと3極管ばかりどっぷりでした。
ある日突然、オールFETのヤマハB−1というメインアンプで鳴らせる機会があり、
その桁違いの品位とスケールの壮大さに仰天。3極管アンプがなよなよ頼りないなあ、
と感じてしまったので、う〜んと遅ればせながら半導体に宗旨がえしてしまいました。

このアンプ、実に音はいいのですが位相反転段という普通は管球式にしかない部分の
石がやがて壊れてしまい、三度程修理してもらったんだけどモンスターアンプなんで
ヤマハが車で取りに来て工場へ持ち帰り、修理〜再調整して持ってくるものだから
時間もお金もかかるんで次第にいやになって同等V社のものに乗り換えました。
これも去年壊れてしまいましたので最新の安物(泣)に更新しました。
でも、これP社のロープライス品ですが、なかなか繊細な音色がして気に入ってます。
スピーカーも今はボーズ464です。
しかしながら、ボーズは家族みんなから喝采を浴びています。楽しさ一杯の音です。
タンノイは私だけが、かけがえのない泣かせる音だと感服してただけでしたが....。
段々と落ちぶれて来てピーナッツを聴くにふさわしいローレベルとなってます。(笑)

それは冗談で、ザ・ピーナッツを聴くのだからと、小さくまとめる必要は感じません。
大は小を兼ねます。ただ、多少のコツはあると思うんです。
トーンアームはニ本付けています。一つは軽くファジーな感じのMMカートリッジ用。
もう一つはオールステンレス製のMCカートリッジ用です。クラシック向けです。
ピーナッツの声にはMMが合っています。
それとCDプレイヤーですが、DVDなどと兼用のは音がきつくシャープ過ぎます。
古い機種ですが、ソニーX777ESで聴くピーナッツはチャーミングです。
もっと最新ので聴きたいのですが、お金がありません。我慢、がまん。とほほほ。


あれま...記憶違い インファントの訂正犬 - 2002/04/20(Sat) 20:52 No.948  


PQ12なんて変な名前のアンプはありませんでした。(記憶ボケ)
LUXMAN CL−32(管球式)プリアンプが正解です。以後、プリアンプは、
YAMAHA C−2 → DENON PRA−2000と変わりました。
どうでもいいか...こんな狭い世界の話は。


閑話だよ、ピーナッツ 投稿者:インファントの就寝犬 投稿日:2002/04/20(Sat) 00:05 No.945  

ピーナッツの話題...なんかないかなあ〜〜。
そういえば、新★堂のWATANABEレーベルとかパレードレーベルでは
もうこれからピーナッツ関係は出さないのかしら...とても淋しい....。
あした(あ、もう今日だ)出勤だから...もう寝ようっと。
ピーナッツに夢で逢いましょう.....ラ・ラ・ル〜..... 

○T○
 I
 I
 I


はじめまして。 投稿者:あお 投稿日:2002/04/18(Thu) 21:52 No.938  

暇つぶしにパソコンに向かっていて偶然たどり着きました。
ザ・ピーナッツは母の青春時代のアイドルで、幼い頃よく
「恋のバカンス」を歌って聞かせてくれました。
その後中学生の時にお店で復刻版CDを見つけ購入しました。
それ以来の大ファンです。
リアルタイムで出会えなかったのは残念ですが・・・。
大阪の中古屋さんでファーストアルバムが三千円でしたが
お得だったのかな? どちらにしろ手に入って嬉しかった!
宝物です。


Re: こちらこそ、よろしく インファントの留守番犬 - 2002/04/18(Thu) 23:47 No.940  


あおさん、ようこそいらっしゃいました。
字も青を選んだりしてお茶目な方ですね。(笑)
あお、なんて馬みたいと、ふと思ってしまいました。というのはですね、
ここには猫とか狸とか犬が生息してるんですが、お馬さんはまだいない。
よろしかったら仲間入りしませんか、なんていうと怒られるかな?

ところで、ザ・ピーナッツとの親子での遭遇...なんて素敵なんでしょうか!
若い方にも聴いて頂ける良さがやっぱりピーナッツにはあるのでしょうか?
私にとっても遠い昔のピーナッツの姿は既に霞んでしまって脳内伝説化状態。
それでもCDだけ聴いていたってなかなかこれだけの歌い手はいませんよね。
とにかく、ピーナッツ好みの方が増えるのはお友達が増えるような楽しい気分。
年代だの何だのなんてことは気にしないで好きになんでも書いてくださいね。
縁ですよね、これも縁です。
只今、管理人さんがネット接続トラブルですぐには挨拶出来ない状態ですが、
これからもどうぞよろしくおねがいします。


庭もあります。 豆だぬき - 2002/04/19(Fri) 22:08 No.943  


あおさん、ようこそ!お母様も誘ってぜひ「林檎の木の下で」にもいらして下さい。ついでに「林檎の木陰でおしゃべり」して行って下さると嬉しいです。


インターネットに接続できなくなりました 投稿者:アンカー 投稿日:2002/04/16(Tue) 21:28 No.926

突然のことでワケがわかりませんが、メール受信も出来ません。
今はとりあえずの別のプロバイダーからつないでいますが
ここは借り物なので本家が復旧するまでしばらくかかりそうです。
その間私は更新も訪問も出来ませんのでどうか見捨てないでください。


Re: 見捨てるもんですか(笑) インファントの留守番犬 - 2002/04/17(Wed) 05:56 No.929  


大変なことになりましたね。でも、留守番犬が居りますので暫くは持ちます。(笑)
腰痛でここのところパソコンの前に座れなかったのですが、今朝からは快調です。
さあ、じゃんじゃん投稿して、アンカーさんを安心させましょう。
常連のみなさんも、6時だよ、全員集合。←早すぎるって(笑)。


たぬきもおりますが、、、。 豆だぬき - 2002/04/17(Wed) 06:24 No.932  


おはようございます。犬もたぬきも早起きですね(笑)。アンカーさん、大丈夫ですか?早くなおると良いですね。インファントの留守番犬さんが引き受けて下さったらもう大丈夫!たぬきも時々穴から出て来ますから。もうすぐネコさんも来られるでしょうし。「ブレーメンの音楽隊」にはたぬきはいなかったけど、、、。ともかくみなさん集合お願いします!


たぬきさん 呼んだ〜ぁ! 迷い猫 - 2002/04/17(Wed) 07:07 No.934  


猫は、浮気してタラ(魚x3〜♪ これよわ〜い)・・こけてしまった。
アンカーさん だいじょうV ですよ〜ん!
5月17日(金)夜 コンサートに行こうよ〜。
都合・・・あけといてー!
場所は、栄町のナディアパーク(アートピア・ホール)です。
アーティストは、ないしょです。チケット購入済み!


Re: インターネットに接続できなくなりました みえち - 2002/04/17(Wed) 07:13 No.935


おはようございます!!
みなさん早起きですね〜d(>_・ )グッ!
アンカーさん、大丈夫ですよ☆
早く治ることを祈っております。
バサッ ̄ ̄\(-_- )Ξ( -_-)/ ̄ ̄ バサッ (-人-) オネガイ


Re:インターネットに接続できなくなりました 小倉の英 - 2002/04/18(Thu) 00:59 No.936  


焦らずにマイペースで復旧作業に勤しんで下さい。
きっと電脳漫才氏の相方(^^;も、手がすいたら書き込
みに現れるでしょう。(笑)う〜ん、いまやここはザ
・ピーナッツファンの秘密基地みたいなもんですから
ね?!(激爆!)そう簡単には見捨てられませんよぉ。


高橋圭三さん 投稿者:アンカー 投稿日:2002/04/12(Fri) 15:07 No.922

先程テレビの速報で、訃報が流れました。
83歳。
我々ザ・ピーナッツ・ファンとしては、
ピーナッツのさよなら公演の際の司会者として、
NHKホールでのライブレコード、CDを聴くたびに
圭三さんの声を聴くことが出来ます。
ずっとあの時のままのお声で時が止まってますので
なんだかピンときませんが、あれから27年という月日が流れ
あらためて年月を感じます。
合掌。


Re: 高橋圭三さん みえち - 2002/04/12(Fri) 18:52 No.923


私も帰宅して知りびっくりしました。
ザ・ピーナッツのさよなら公演の
司会の高橋圭三さんの司会ぶりがとっても好きです。
高橋圭三さんの司会ってホッとするんですよね〜
聞いていて☆
ご冥福をお祈りいたします。(-∧-)合掌




Re: 高橋圭三さん ウシオ - 2002/04/14(Sun) 16:36 No.925


レコ大が最も華やかで威厳があった頃の、いわば「看板」司会者だったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。


おめでたい 投稿者:バクスター 投稿日:2002/04/09(Tue) 01:19 No.919

アンカーさん、ごぶさたしております。
この度は3周年&5万ヒット超えということで、遅ればせながらお祝い書き込みをさせていただきます。おめでとうございます。
ずぅっと前から存在していたように思っていたこのページ(それでも充分長い歴史)だけど、僕は開設後半年位から拝見させて頂いているんですよね。
僕のネット生活も知らず知らずのうちに長くなったんだなぁと感慨に耽ってしまいました。
陰ながら・・このページの益々のご発展と、アンカーさんのご健康をお祈り申し上げます。

P.S.最近「最終便」(「指輪のあとに」B)を繰り返し聴いているんです。歌謡曲チックなのがやはり好みなもので。イントロがジュリー作品みたい。


Re: おめでたい アンカー - 2002/04/09(Tue) 08:11 No.921


バクスターさん、お祝いメッセージありがとうございます。
この3年は早かったです。
きっとこれからもあっという間に5年くらいたっちゃうんじゃないでしょうね(笑)

>イントロがジュリー作品みたい。

この時期ピーナッツは宮川先生から完全に離れてるんですよね。
「指輪のあとに」と同じ時期のジュリーの作品「あなたへの愛」、「危険なふたり」
「胸いっぱいの悲しみ」なんかは作詞:安井かずみ、作曲:加瀬邦彦で
おんなじなんですね。
編曲者は違いますが。
どうしてなのかわかりませんけど前の年に「シャボン玉」が終わって
それを機会にピーナッツ自身がちょっと自分達の意見を出して
新しい人達とやりたいと言ったのではと、思ったこともあります。
で、親交の深かったジュリーに傾倒して同じ作家陣に依頼したのでは?
ちょっと考えすぎかな。


Re: おめでたい ウシオ - 2002/04/14(Sun) 16:35 No.924


いたいた、歌謡曲テイストのピーナッツファンが<バクスターさん

僕もとっかかりが「恋のフーガ」「さよならは突然に」だったりするので、そういう路線がメインになっちゃう。
歌謡界が変動していく中、時代と共に活動の幅を広げ挑戦し続けたからこそ、ノンジャンルでファンがピーナッツの歌を楽しめるんですね。


番組情報だよっ! 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/04/08(Mon) 07:43 No.915  

今週は、とりあえず 『 雪村いづみさん 』 なんですか、いかがでしょうか〜?
        (毎度 私好みでスミマセン。録画セットのついでにカキコしてます)
初代三人娘の一人ですが、曲目内容はまったく未定です。(以下は想像=希望)
   ケ・セラ・セラ、青いカナリヤ、思い出のワルツ、四月の恋、スワニー等
   ひばり・チエミさんのカバーも、期待できそう・・・かなっ?

4/8 (月) NHK総合「公園通りで会いましょう」 PM.3:10〜3:44
        
        今週ゲストは、ペギー葉山さんですので、トークだけで終わったり
        するかも知れません。
        それよりも 国会中継の参考人質疑が長引いて中止カモ〜? 
        
4/12(金) NHK総合「いっきにパラダイス」 PM.8:00〜8:43
        
        先週の伊東四朗・三宅裕司(二人のビッグショー)は、食事中に
        何とか見れましたよ。 けっこう 楽しまさせていただきました。

肝心のザ・ピーナッツさん情報は、今のところ皆無です。(4月)
とりあえず同時期・時代の方々のお話から、多少引用していただけるかなぁ〜
って期待だけですね。
前回の「昭和30年代・・・」も、空振りだったし・・・
渡辺マリ・園まりさんが、見られただけでも良し! ですかねぇ〜。


Re: 番組情報だよっ! アンカー - 2002/04/09(Tue) 07:57 No.920


「公園通りで会いましょう」 

結局放送されませんでしたね。
生放送予定だったBS-hiもイチローの野球中継で放送がなかったみたい。
どうなるんでしょう?


遅咲き桜も御満開! 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/04/06(Sat) 09:30 No.911  

どひゃ〜!玄関から来たら、もう50055でしたよ。
      (すみません・途中で1時間ほど抜け出てました)
お祝いの言葉(敬称略・無断記載)
@ゴーゴーのゴローちゃん。糸井五郎でございます。
 オールナイト日本・初期月曜日の深夜担当DJでした。
 思えば番組を降りて早5万日?あの当時は、翌日担当の今仁哲夫
 と土曜夜の高崎一郎とよくピーナッツのお話ししていたなぁ〜。
 三重県のバカ猫のリクエストハガキも多かったので、結構番組中
 ピーナッツさんの曲を流したと記憶してます。
 なにわなくとも江戸紫・じゃなくって、5万HITおめでとう!
 最近、ウチの番組のテーマソングが関西圏より流行っていて誠に
 光栄でございます。(関係ないねぇ〜)
Aゴゴゴゴー 風が泣いている ゴゴゴゴー♪
 ハイハイ!まちゃあき率いるザ・スパイダーズですよ。
 (えっ!リーダーは田辺? 承知しているからイイではないか)
 春風のイタズラで 山林火災が流行っている。昨日も管理人さんの
 住んでる北方面でよく燃えていたねぇ〜。
 えーっ!まだ消えてないのですか?5万アールも燃えちゃって・・・
 燃えるのは、ピーホリだけにして欲しいねぇ〜!!
 気を付けよう、行楽後の火の始末。(昨日は自然発火?)
B・・・・・
 すみません 時間切れになってしまった。
 インファントさんみたいにもっと続くであろうが、悲しいかな
 またしてもお出かけ時間ですワー。
 今度は充満ヒットに向かって、ゴゴゴーっ!
 お酒飲めないから、渡辺粉末ジュースの素でもペロペロします〜。
 (あ〜ぁ舌の中が・・・経験者は、わかるでしょう−−変色)


気分はもう御充満! インファントの言霊犬 - 2002/04/07(Sun) 11:41 No.914  


> ウチの番組のテーマソングが関西圏より流行っていて...

「マルタ島の砂」に変なタイトルつけたやつかな? 確か..テレビでやってたけど。
ちょっとしか聴かなかったんで、同じ曲だか、わかんないんだけど?
ラジオ番組のテーマはベルト・ケンペルト楽団じゃなくて、ハーブ・アルパートと
ティファナ・ブラスの方のレコードなのかしら?
もし同じ曲ならば、
名曲に変な歌詞つけて歌うのは好きじゃない、「明日があるさ」だって同じだよ。
あの初々しい若者の青春の胸のときめきが消えちゃって世俗的になってしまった。

> お酒飲めないから、渡辺粉末ジュースの素でもペロペロします〜。
>(あ〜ぁ舌の中が・・・経験者は、わかるでしょう−−変色)

お〜貴殿も有毒なアセト・アルデヒド分解酵素を持っていないピュアな人類でしたか。
あの物騒な発癌性物質を体内で解毒化させられるなんて人間技じゃないと思ってます。
ザ・ヒット・パレードでも宣伝してた渡辺粉末ジュースの素は良薬口に甘し。(嘘)
大体が下戸な私やラ星どのなどは、アルコールなくてもカルチャーで酩酊しちゃう。
五万ヒット目前からはハイテンション状態。そう、躁なんです。
犬神家の言霊憑き状態で指が勝手に動いてます。自動書記。AUTO INPUT。(!)

期末〜期首でホントは忙しいの。3月末までに出さなきゃいけない自己評価も未提出。
大体がね、気が進まんのよ。やって当然のことは評価外だから書くな! なんてさ。
当たり前のことがちゃんと出来ないから、雪印やら今度のみずほの事件が起きるのに。
やるべきことをきちんとやることが一番大切なことなのにそれを評価しようとしない。
勤勉・実直それが信用の基本なのにさ。あ〜あ、そんな会社に、いや日本に誰がした?
ピーナッツの活躍したあの時代がちょっと懐かしい。 


ビバヤング・オールナイト日本 迷い猫 - 2002/04/08(Mon) 07:51 No.916  


午前1時のスタートから流れていた曲は、「ビタースウィート・サンバ」のほうですよ。
「マルタ島の砂」と似ているけれど、別ものです。
演奏は、当然!ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス!
ニッポン放送のこの番組・35周年企画で歌詞を公募したそうです。
でも・・・せっかくの演奏が・・・幻滅しちゃうね。  


Re: またも大儲けですか... インファントの浦島犬 - 2002/04/08(Mon) 19:43 No.918  


2年連続紅白出場なるか?!  大ヒットも確実視される...
ニッポン放送「オールナイトニッポン」のテーマソングを歌った第2弾シングル
「bittersweet samba〜ニッポンの夜明け前〜」が好評なRe:Japan。

こんなネット記事がありました。ちゃんとタイトルに原曲名が入っているのですね。
「オールナイトニッポン」て聴いた事がないのです。Re:Japanは何と読むの?
殆ど浦島太郎状態で...テレビでちらっと聴いたダミ声の歌だけで何かひどいな〜と
だから、間違えたこと以前に、何も知らないのでした。とほほほ。

こういう濡れ手に泡の商売物には興味ないので放っといて(関心がないと冷たい)
ハーブ・アルパートとティファナ・ブラスのCDが急に欲しくなりましたよ。
あれれれ...「ピーナッツ」なんて曲あったんだ。へ〜...まあ、寄寓ですねえ!!!


あなたに夢中   #033 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/04/07(Sun) 11:32 No.912  

♪あなたに夢中   1961.12
JE N'AIME QEI TOI
     原曲:F.Gerald-R.F.Dolan 作詞:音羽たかし 編曲:宮川泰
     演奏:シックス・ジョーズ コーラス:リトル・フラワーズ

 バックコーラスのリトル・フラワーズというのは小さな花S=可愛い花達だから
 仮名のようで? ザ・ピーナッツのレコーディングのための臨時編成なのかな?

この曲もコミカルでキュートでどことなく甘酸っぱいような素敵な歌です。
オリジナルと聴き比べる必要性なんかあまり感じない歌だな〜。そんな気がする。
直前に書き込んだ「あなたなんかもういや」もそうだと思うけど、カバーすることが
目的じゃなく、ピーナッツに合っているから歌ってみたのではないかしら?
流行らせようとする意図はないのか、最初はあったのか、その事情はわかりませんが
レコーディングしただけで全くセールス活動しない、つまりテレビなんかでは全然
歌わなかった曲というのが特にシングルB面には多いです。道楽みたいなもんかな?

ただ、私の中という非常にローカルで閉じた世界では、この歌は大流行しました。
今でももちろん歌詞はスラスラ淀みなく口に出来ちゃいます。
若い時のことは良く覚えているのが年寄りの特徴なんだそうですが、そう言われては
身も蓋も無いし、それだけじゃないぞ〜と思います。
この歌の歌詞はとても覚え易いと思いませんか?
1、2、3番の歌詞がゴッチャにはなりにくいとは思いませんか?

学校のクラス仲間と無駄話で、英語のアイ・ラブ・ユーはフランス語ではジュテーム。
ドイツ語で言うと、イッヒリベディッヒだぜ、なんて言っても、ふ〜んそう言うのか、
てなもんで、歌の歌詞だなんてことは誰も気づかない、それ程に無名な歌でした。
ピーナッツの歌に夢中になっても必ずしも無益ではないと思うこと、しばしば。
良く聞く言葉だけど、実際の意味は正確にわからないこともあるけど調べませんよね。
これがピーナッツの歌だとなると、探究したくなるから不思議です。
 ♪町の人は私のことを 何にも知らぬおねんねだと言うけど
これが気になりだすと、和文詳訳をしたくなるんであります。
 ♪町の人は私のことを 何にも知らぬ<主に若い女性が、年の割に世間を知らず、
  幼稚であること:大辞林>だと言うけど
このように噛み砕くと一層味わい深くなるではありませぬか! (どこがじゃ)
まだまだあるよ。
♪首ったけなの………異性に深く心を奪われ、夢中になっているさま。
♪ぺーヴは夜露………鋪装した道路(ペーブメント)が夜露に濡れ光っているさま。
いやあ、賢くなります。(なってない、なってない) 人生一生涯これ勉強デスね。

この歌は、たったの2分4秒しかない。
「二人はしあわせ」の1分57秒には少し負けるが、ほんとに短いですねえ。
でも、この短さが...とても儚げで...余韻を残して...いいんだよな。
クラシックの曲の原譜は繰り返し演奏指定していることが多いのだそうです。
これは録音という発明が生まれるまでは演奏会だけでしか聞く事が出来ない聴衆に
曲を覚えてもらう為に必要なものだったという説が有力だし、私もそう思う。

だから繰り返しは20世紀には意味のないものだというのが通説になりました。
有名な「運命」交響曲でも大概のレコードは第一楽章の繰り返しが省かれている。
ところが原譜に忠実に繰り返している盤もある。指揮者の考え方なんでしょう。
私はミーハーですから、かっこいいところは繰り返した方が好きです。(笑)
意味が無いのではなくて、やっぱり心理的な面の効果はあるんじゃないかと思う。

だけど、冴えない短いメロディーを選挙の連呼みたいに叫び続けるというような
歌は好きじゃないです。多少いいメロディーでも...ちょっと閉口します。
ジャズでもクラシックでも繰り返しを非常に神経質に大切に行っているんです。
必ず変奏曲にして単調にならないように、その変遷ぶりを楽しませています。
そこへ行くと、全く同じ事を延々と繰り返している和洋流行歌系は無神経です。
音の拷問のようにマインド・コントロールして脳を麻痺させてしまう作戦です。
私はお経みたいな、こういうのにはアレルギーがあって気持ちが悪くなります。

同じような事を書いているインファントには気持ちが悪くなるんです(読者)。
わあ〜...そ、それは言わない約束でしょ
                 。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。 ウエーン


五万ヒットありがとうございました。 投稿者:アンカー 投稿日:2002/04/05(Fri) 15:11 No.901

今、仕事が一段落したのでちょっと覗いて見たら、
あらま、50000ちょうどでした。
いや、まさか自分が切り番になるとは。

とてつもない数字でピンときませんが皆さんありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


Re: 五万ヒットありがとうございました。 豆だぬき - 2002/04/05(Fri) 16:15 No.902  


おめでとうございます!!アンカーさん自身が50000のテープを切られたなんて、ちょっと感激ですね。(ちなみに私は50004でした)みなさんでインファントさんの「五万節」「新五万節」を歌ってお祝いしましょう!


Re^2:祝!五万ヒット(^^)/ 小倉の英 - 2002/04/05(Fri) 22:02 No.903  


 先日までまだもうちょっと時間がかかるかなと
いうような数字だったのがもう50000行きま
したか!ココって最近加速気味(^^;ですよねぇ。
人知れず「ザ・ピーナッツ」ファンが静かに増殖
している事を、世間がいつ気がつくのかちょっと
興味があります。(笑)明日の朝、起きたら回り
を見渡してみて下さい。隣の人は、ほらもうザ・
ピーナッツファンかもわかりませんよ?!(激爆)

P.S.↑これって、どことなく「ウルトラQ」の
   バルンガの回のラストのナレーションのパ
   クリみたいね。(^^;;;


Re: 五万ヒットありがとうございました。 みえち - 2002/04/05(Fri) 22:37 No.904


50000ヒットおめでとうございます!!
花束♪(⌒ー⌒)o∠★:゜*'  おめでとぉ♪
ザ・ピーナッツもきっと声をそろえて
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノ「おめでとう〜☆」
っと言っておりますよ☆
(^―^) ニコリ♪

アンカーさん、いつもザ・ピーナッツの素敵な写真や
情報をありがとうございます。
これからもよろしくお願いします☆<(_ _)>



祝:五万ヒット&追加五万節 インファントの五万犬 - 2002/04/05(Fri) 22:42 No.905  


告:名古屋某電話局  ♪五万過ぎてから数時間 今じゃ電話と祝電が
            当地に殺到パニックで 飛んだヒューズが五万本

ということなので...ネット上で、おめでとうございま〜す。

祝:読み人知らず   ♪ピーナッツホリディ3年目 今じゃ内容世界一 
            昔を知らない世代にも 増えたフアンが五万人
祝:若い仲間たち   ♪この世に生まれて十余年 今じゃ新鮮ピーナッツ 
            素敵な歌声シビレちゃう 夢で逢いましょ五万日
祝:ロム常連の方   ♪ピーホリ見てから3年目 今じゃ病みつきピーナッツ 
            書き込む勇気はないけれど 応援してます五万人
祝:キ○グレコード  ♪ピーホリ早くも三周年 今じゃ効果も現れて
            静かなブームになってます 売れたBOX五万箱
祝:ハ○肇      ♪天国昇って9年目 今でも楽しい思い出さ
            一緒にやったねシャボン玉 懐かし涙が五万滴
祝:スマイリー○原  ♪スクスクやってから42年 今じゃ天国バンマスさ
            上手だったねピーナッツ またやりたいな五万曲
祝:宮○泰      ♪引退してから27年 今でも本音は寂しいよ
            いつかはやろうよコンサート 書いてる譜面が五万枚
祝:常連の気持ち   ♪ここで逢ったが3年目 今じゃ家族と一緒だね
            思いのたけを語り合い うんうんうなずく五万べん
祝:常連達の祝辞   ♪ピーナッツホリディ3年目 今じゃ心のオアシスさ
            心の窓にともし灯を 絶やさないでね五万年

ひとりごと:うへ〜知恵熱が出そう〜。こんなに脳みそ使ったの五万年ぶり?


追加五万節。 豆だぬき - 2002/04/05(Fri) 22:58 No.906  


素晴らしい歌詞。涙が出ました。特に最後の二つ。しっかり肯きました。インファントさんは熱が出ました?


 ウシオ - 2002/04/06(Sat) 02:37 No.908


アンカーさんのお人柄とこちらにいらっしゃる皆様のお人柄(除く・僕)の良さとの相乗効果で、いつも楽しく拝見させていただいております。
思えば、こちらのHPがあったからこそ僕もHPを立ち上げようと思い立ったわけでして、言わばピーホリは僕にとって母のような存在です。

これからもザ・ピーナッツファンの心の拠り所としてこのHPがますます栄えますように。
とはいえ、健康第一ですよ、アンカーさん!


Re: 五万ヒットありがとうございました。 アンカー - 2002/04/06(Sat) 08:33 No.909


豆だぬきさん、小倉の英さん、みえちさん、インファントの五万犬さん、ウシオさん、

お祝いメッセージありがとうございます。
また、書き込みしてないけど見てくれているたくさんの皆さん
ありがとうございます。
カウンタの数字はやっぱり励みになります。
毎日「今日はいくつだろう?」という確認が日課にもなってます。
ありきたりですけどこれからもよろしくお願いします。

>豆だぬきさん

私もインファントさんの「五万ヒット&追加五万節」を読んで涙が出てきちゃった。
特にハ○肇さんの
 
  ♪一緒にやったねシャボン玉 と言う一節と

スマイリー○原さんの

  ♪上手だったねピーナッツ、またやりたいな・・・

というところ、本当にご本人がいたら云ってただろうな、なんて思ったらつい・・・

>小倉の英さん、

私の周りの者はすでにピーナッツに浸されています。
さあ、次はどこかな?

>みえちさん

なんかいつも写真とかそう云うのばっかりで
あんまり内容がない気がしてるんで、(皆さんからの反応も少ないし)
こんなんで良いかなあとちょっと滅入るときもあります。
楽しんでいただけてるならうれしいです。

>ウシオさん

>アンカーさんのお人柄とこちらにいらっしゃる皆様のお人柄(除く・僕)の良さとの相乗効果・・・

なにをおっしゃいますやら。
あなたがいたから僕がいた(郷ひろみ)。
某魔境の掲示板はついて行くのが大変ですが
読むのはためになり、楽しませていただいてます。
これからも続けてねー。


インファントの会話犬さん ありがとう 投稿者:津田昌男 投稿日:2002/04/05(Fri) 10:35 No.900  

それから 皆さん どうもありがとう。
返事がおくれまして、、、、高校野球の応援に行っていたものですから
綾戸智恵さんの CD/Life のなかにテネシー・ワルツが入っているらしいので今日お店に行ってみます。
それから遅れましたがピーナッツ・ホリデー三周年おめでとうございます。それからそれからピーナッツちゃんお誕生日おめでとう。
このコーナーに出てくれないかなー。そしたらもう死んでもいい き・ぶ・ん。


♪あなたなんかもういや  #032 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/04/04(Thu) 01:10 No.899  

あなたなんかもういや    1962.03
I DON'T WANNA PLAY IN YOUR YARD
   原曲:Glen Larsen-Bruce Belland 作詞:岩谷時子 編曲:宮川泰
   演奏:シックスジョーズ(*ウイズ ストリングス) *筆者追記

なんと! このピーナッツの歌声は、これは一体、なんなのでしょうか?
ポケットトランジスターの歌詞で、
 ♪いつも鼻声して 若い男の胸をくすぐるの
なんて歌っておりますが、この「あなたなんかもういや」は鼻声ピーナッツです。
甘納豆になってる。こういう妙な歌い方はあまり例がないんじゃなかろうか?

さては録音のテクニックかな、と思って、試しに他のLPレコードを45回転で
かけてみましたが、こんな声にはなりません。
また、今使っているターンテーブルではサーボロックを外しても3%くらいしか
早くならないので、これも鼻声ピーナッツにはなりません。
また、かなり昔ですが、9.5センチ/秒で録音したテープを19センチ/秒で
再生すると、これはもう「おらは死んじまっただあ〜」のあれ風になっちゃって
これも鼻声にはならないのでありました。

スピード以外の録音テクニックとしては現在ではコンピューター処理で声音も別人の
ように出来る筈ですが、周波数特性をいじるくらいしか当時は出来ることがなかった
と思います。特性やエコーをかけても鼻声にはなりっこないんです。
このような推論からですが、これは、やはりピーナッツの技術の勝利? と思います。
ちなみに「カモンナ・マイ・ハウス」でも、
 ♪Come on-a my house-a,my house I'm gonna give-a you candy,
  Come on-a my house-a,my house I'm gonna give-a you every thing.
というところをこれまた鼻声で歌っており、声音は似通っています。

こういうのは良く聴いてるとエミさん(ヒデちゃん)の方が芸達者のような感じ。
巻き舌風も「ぺピト」でやってるような感じだし、「イエスサリー」では都はるみ
風の唸りなんかも? やっちゃいますよね。ピーナッツは結構器用だなと思うよ。
また、この曲の原曲なんか全く不明で調べる気持ちもないのだけれど、これを
ピーナッツに歌わせた、というセンスが凄いな。張本人は宮川先生かしら。
クレージーキャッツに対抗して、ピーナッツと組んで「迷笑宮川組」をつくって
遊びたかった? とか...

 ♪お馴染みのBGM(カタロリア民謡 EI Testament D'Amelia)が流れて...
姉妹「おとっつあん、おかゆが出来たわよ」
ハナ「いつもすまないね〜。林檎の木の下のおかゆは食えないヤツだけど...」
エミ「あの..今日はお父さんに話したいことがあるの..」
ハナ「なんだい、あらたまって」
ユミ「私達、家を出るの。ほら、この間来られたラ星さんという世話好きの方の
   紹介で、私は青森の潮さんのお世話になって、姉さんは小倉の英さんの
   ところへ奉公に行く事にしたの...その支度金でお父さんもみえち病院へ
   入院出来るのよ」
ハナ「馬鹿やろう。奉公なんて死語使ったって若い人には意味わかんねえだろ。
   それに魔界組の潮親分といえば女ぐせが悪くて有名だ。小倉組の英だって
   何人の女が泣いたことか..みすみす手込めにされるのがわかりきった、
   そんなところへ大事に育てた可愛い娘をやれるかってんだ」
姉妹「.........」
ハナ「ああ...こんな時にヒロシが居てくれたらなあ..」
泰 「...なんか..呼ばれたような....あ..弘違いかな..およびでない?」

晋 「全然つまらないね。脚本が悪いし、役者は大根..あ、ピーナッツの足の
   ことじゃないよ。こんなリハはさっさとやめて宮ちゃんは作曲しなさい」
泰 「あの..世間じゃ春闘なんてやってますよね。僕のお給料のベースアップも
   どうかひとつ..ムーン・プリズムパワー・ベースアップなんちゃって」
姉妹「わけのわかんないこと言うと、月に代わっておしおきよ!」
泰 「ピーナッツは実権のある副社長から綿釜プロの株貰ってるからいいよな。
   はい、お年玉ね、とか、誕生日おめでとう、とかさ、知ってるんだ」
晋 「株なんか上げてない。家に住み込みだった時は朝餉に蕪の味噌汁作ったし、
   マヨネコさんが真知子の舞台にカブりついてたのは事実だと思うがな」
泰 「下部のタレントの妬みの気になる噂でしたか。すみません、改心します」
姉妹「♪今ごろ改心してもダメ」
晋 「♪やってけないわよ 私はだから...君、会社批判で減俸ね」
泰 「..どうしようかな...ガチョ〜ン! 宮川だァ う、うけない..ビョ〜:泣」

注:全てフィクションで実在の人物と無関係です。(当たり前田のクラッカー)


再度要チェック!今日のSP番組 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/04/01(Mon) 03:14 No.891  

今日放送分の番組詳細が、見あたりません。
とりあえず リンク先の内容と似ていると思うのですが?
  (注:昨年の正月分なので出演者は異なります) 

4月1日(月)テレビ愛知 19:00〜20:54 放送分
  名曲ベストヒット歌謡 昭和30年代スペシャル

アンカーさん やっぱり間際にUPしないと、ついつい忘れてしまいますね。
朝起きて ココ見たら録画予約を忘れずにしてやって下さいな。
それと 本HP開設3周年 誠におめでとうございます。
ご苦労ですが、末永く続けて下さいね。
もちろん 何かが出てきたら、資料等ご協力させていただきますよ。

ザ・ピーナッツ! 日出ちゃん、月ちゃん
ココ見ていると思いますが、お誕生日おめでとうございます。
流町(名古屋市中区)のおばから 時折同窓会の話を聞きますが、
一度こちらへも来られるといいね〜。
このホームページのファン皆様と談話ができりゃ最高なんだけれど
いつの日か、夢が実現できるとこれまたいいのだが・・・。


Re: 再度要チェック!今日のSP番組 インファントの花見犬 - 2002/04/01(Mon) 22:28 No.893  


会社恒例のお花見行事が終わって、というか、寒いからエスケープして、
帰宅しました。だから、今日の放送は見てません。
また、娘が他の番組を録画していたので、ビデオも録りませんでした。
情報があったら教えてくださ〜い。


Re: 再度要チェック!今日のSP番組 アンカー - 2002/04/03(Wed) 14:45 No.897


迷い猫さん、番組情報ありがとうございまーす。

時間通りにテレビ見たんですけど、途中で寝てしまいました。
あ〜あ、最近持続力がなくて、、、すぐにへたばってしまって、、、

昭和37年の「いつでも夢を」までは記憶あるんだけど、、、

>インファントの花見犬さん、

昭和30年から39年までの毎年ベスト3を番組独自のランキングで
VTRと実際にスタジオに来られる人はスタジオで歌ってくれました。

特にこれと言ったものはなかったですよ。私が見たところまでは。
こまどり姉妹がスタジオで「三味線姉妹」を歌ってくれました。
でも声が出なくなってきてましたねえ。お姿は変わりなかったです。

多分39年に園まりさんが出て「何も云わないで」を歌ったと思うんですが
見逃しました。


Re: 再度要チェック!今日のSP番組 みえち - 2002/04/03(Wed) 18:15 No.898


アンカーさん!!

>多分39年に園まりさんが出て「何も云わないで」
>を歌ったと思うんですが見逃しました。
( ^ ^ )( - - )( ^ ^ )( - - )ウンウン
歌いましたよ〜♪
素敵でした〜(^―^) ニコリ♪

ザ・ピーナッツの曲は出ませんでしたよね???
クスン(U_U)。。。


ピーナッツ・ホリデー3周年、おめでとうございます! 投稿者:ラ星 投稿日:2002/03/31(Sun) 23:05 No.886  

アンカートトロさん、インファントさん、豆だぬきさん、そして皆さん、
ピーナッツ・ホリデー3周年、おめでとうございます!!!

当方、まだ忙しくしていて、ゆっくり出来ずにすみません。
クイズの答え、ブルーの服がエミさんでしょうか?
(右目の横のほくろの位置からすると・・・)
アンカーさん、いろんなアップ、大変だったでしょう!?
これからも、のんびりと私達を楽しませてくださいませ。
LINEさんのイラスト、とてもシャープで粋ですね!
こんなに少ない線で、ウキウキした想いを表現なさるなんて!
マヨネコさん、せっかく呼んで下さったのにタイミングをはずしてしまい、申し訳ありません!
あ、結局いっぱい書いてるなあ・・・。でわでわ。

おっと、ところでトップのピーナッツの写真。この、はじけるようなポーズは、どの歌を歌っていた頃のものなのでしょうか。


Re: ピーナッツ・ホリデー3周年、おめでとうございます! ラ星 - 2002/03/31(Sun) 23:15 No.887  


もうひとつ。おもてのカウンターが、そろそろ5万!
これも何かの縁?(んなことも無いか。)
さ、またインファントお兄さんが、新しい五万節を考えてくださいますよ〜!


Re:ピーナッツ・ホリデー3周年、おめでとうございます! 小倉の英 - 2002/03/31(Sun) 23:16 No.888  


出遅れましたが(^^;;;本当におめでとうございます!
トップページの方は、今からゆっくりと見させて頂き
ますね。(^^)/


Re:外したくないけど・・・(^^;;; 小倉の英 - 2002/03/31(Sun) 23:42 No.889  


 どうもアクセスする時間帯が最近似てますね。>
ラ星様(^^;;;

>>クイズの答え、ブルーの服がエミさんでしょうか?

 う〜む、私もそう思いました。当たっても外れても
ラ星様と同じというのは電脳漫才コンビの相方として
非常に光栄です?!(笑)この写真のお二人は似てない
方なので、ここはザ・ピーナッツファンとしては外し
たくないとこですが、果たして結果は?(^^;;;まぁ、
外しても今回は心強い道連れがいるんで気は楽です。
(激爆)


Re: ピーナッツ・ホリデー3周年、おめでとうございます! みえち - 2002/04/01(Mon) 18:50 No.892


ピーナッツホリデー3周年おめでとうございます!!
オメデト( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ―イ
ザ・ピーナッツさんのお二人も
お祝いしているかな〜♪(^―^) ニコリ♪
ピーナッツホリデー3周年と
ザ・ピーナッツさんお二人のお誕生とW祝杯ですね〜♪
d(>_< )GOOD!ベリーね!


Re: ピーナッツ・ホリデー3周年:百花撩乱 インファントの五万犬 - 2002/04/01(Mon) 22:31 No.894  


...ということで、さっき帰宅してびっくり!
た〜くさんアップされているじゃないですか。アンカーさん頑張ったのね。
あまり無理しないで..とは言いません。や〜れ、やれ、やれ〜です。(笑)
好きな事をやっていれば心にも身体にも良いエネルギーが漲ってくるのでは。
嫌な事なら頼まれたって、やだねったら やだね〜だけど、好きな事なら、
むしろやらないで我慢してる方が身体に悪い。(爆)

LINEさんのイラストは凄いス。
こんな風にやってみたいとは誰もが思う? でも思うことと作っちゃうことは違う!
これは頂きです。(笑) 私製CD(R)アルバムのジャケットにぴったりです。
昨夜まで10日もかかって音源の方は編集終わっていたんですが、ジャケットがな〜
ただの写真じゃつまらんし..とか思っていたので、これは天の恵みです。うれピー。

 ラ星さん...ブルーの服がエミさんでしょうか?
 英さん.....う〜む、私もそう思いました。
おお! 嘆かわしい....何という自信のなさ..5割も勝率があるのにさあ。
ここは予算委員会じゃないから、曖昧なのは、よさんか。(←典型的オジン・ギャグ)
「ブルーがエミに決まってるだろ」「ピンクがユミじゃんか」と決めつけなさい!
ついでに一番背の高いのが和田アキ子。これくらい信念を持って断定しよう。(自爆)
(付け睫が無いから、ひょっとしたら違うかもしれない:確率は午前70%、午後90%)

唄:アンカー   ♪学校出てから十余年 今じゃピーホリの管理人 
          ピーネタ探しの明け暮れで アップした写真が五万枚
唄:ラ星     ♪学校出てから十余年 今じゃピーホリの評論家 
          元歌も聴きたい執念で 買ったレコード五万枚
唄:英      ♪学校出てから十余年 今じゃピーホリの生き字引 
          本屋通いのつれづれに 買った書籍が五万册
唄:迷い猫    ♪学校出てから十余年 今じゃピーホリ常連客 
          真知子と美香も追っかけて 潰したタイヤが五万本
唄:みえち    ♪学校出てから十余年 今じゃピーホリ名物娘 
          ピーナッツCD買い過ぎで 届いた請求五万円
唄:おかゆ    ♪学校出てから十余年 今じゃ木陰の変名犬 
          温泉巡りの明け暮れで 無くしたパ○ツが五万枚
唄:インファント ♪学校出てから十余年 今じゃピーホリの連載犬 
          つまらぬ投稿書き過ぎて 届いた苦情が五万件

ラ星さん、こんなん出来ましたけど...(自滅)


Re: ピーナッツ・ホリデー3周年、おめでとうございます! アンカー - 2002/04/03(Wed) 14:39 No.896


みなさん、ありがとうございます。
これからも楽しい掲示板、読むのが楽しみです♪

>ラ星さん

メニューのページのピーナッツは昭和41年の秋頃の写真です。
多分アメリカのダニー・ケイ・ショーから帰ってきて
新曲「ローマの雨」を歌い始めた頃だと思うのですが、確信はありません。

>小倉の英さん

電脳漫才コンビ・・次は何が飛び出すかなあ。
<日間名氏が出て来るか!>
クイズの答えはピンポンです。

>みえちさん

こんにちは〜。
ピーナッツのお二人も61歳なんですよねえ。
あんまり年の事言うのもなんですが、私の中では
引退したときの34歳で止まっているので考えてみれば
良いような、出てきて欲しくないような・・・複雑。

>インファントの五万犬さん

新五万節・・・ピーナッツ・ホリデーのみんなで歌って
CD発売しましょうよ。面白い。
ってここに来てる人だけにしかわからない?
続編の「林檎の掲示板」も見てネ、みなさん。


アッコちゃんもカバー 投稿者:ウシオ 投稿日:2002/03/30(Sat) 23:50 No.882

アッコといっても、例のあのアッコじゃありませんぞ。
矢野顕子さんが、3月20日発売のアルバムで「ウナ・セラ・ディ東京」がカバーしてるんだそうです。
これまでも名カバーを数多く生み出してるアッコちゃんだけに、どんな仕上がりになってるのか非常に楽しみ♪
ただ、賛否両論出るかもしれないけど・・・。


Re: アッコちゃんもカバー アンカー - 2002/04/02(Tue) 08:33 No.895


最近、カバーアルバムってちょっとした流行りなんでしょうか?

でも矢野顕子さんが歌うとどんどん違う方向に行ってしまいそうで
「ウナ・セラ・ディ東京」が「うなされて東京」になってしまわないか
ちょっと心配。
聞きたさ半分、恐さ半分と言ったところです。


ミュージックフェア☆ 投稿者:みえち 投稿日:2002/03/30(Sat) 18:29 No.879

ミュージックフェア見ました。
み・・・短い。号(┳◇┳)泣
でも、お二人の姿を見られて
幸せ☆(^―^) ニコリ♪

携帯の着メロでは
原由子さんの「私と私」が
ダウンロード出来て幸せでした。
着メロだから原曲のザ・ピーナッツと
一緒なんだもん(*^▽^*)
出来ればザ・ピーナッツの欄にも
「私と私」を同じ物でいいから
入れて欲しいと思いました。
ちなみに私はJフォンです♪


Re: ミュージックフェア☆ アンカー - 2002/03/30(Sat) 23:41 No.880


今日は珍しくこんな時間まで起きているアンカーです。

>ミュージックフェア見ました。
>み・・・短い。号(┳◇┳)泣
>でも、お二人の姿を見られて
>幸せ☆(^―^) ニコリ♪

うわーん、その時間マーシャルビートやってて見るの忘れた。
なんて馬鹿な僕。
で、みえちさん、どのくらいの時間だったんですか?
1コーラスくらいはあったの?


Re: ミュージックフェア☆ インファントの付睫犬 - 2002/03/30(Sat) 23:58 No.883  


加藤茶じゃないけど、ちょっとだけよ〜、でした。カタログ販売みたい。

 番組で和田アキ子さんが、例の付けマツゲのエピソードを話してました。
よほど、当時は嬉しかったんでしょうね。
1.(買うお金がないので)ピーナッツさんから付けマツゲ3セット頂いたこと。
2.ピーナッツが付けると「可愛い〜」と言われるのに自分は「恐い〜」と言われた。
三つも上げるなんて一体いつもどのくらい持ち歩いていたんでしょうか。(笑)

 いしだあゆみさんもフジTVの新春かくし芸での群舞が上手く踊れなくて一人で
居残り練習していたら、ピーナッツさんも一緒に残ってくれて嬉しかった、とか、
和田さん、いしださんの新人時代って、ザ・ピーナッツは丁度10年目ぐらいかな。
そういう業界のこと全然知らないんだけど、所属事務所も違うのではなかったかな?
彼女らは当時は、取り巻きもいないでポツンとしてたのではないかな?
そこへ業界最大手のトップに君臨している雲の上のようなピーナッツに親切にされ、
すごく感激したのじゃないか、と思います。

世間知らずだし、下積みの苦労とかしてないけど、育ちの良さ、心根の優しさから
自然に出た行動だから、張本人は多分覚えちゃいないエピソードだと思います。
こういうのはいいなあ〜。面倒みたよ〜、みたいな押し付けがましい仁義関係じゃ、
裏で舌を出しているかも知れないものね。
ピーナッツさんたちは、けっして面白い人物じゃないだろうな、と思う。
機知に富んだジョークなんか逆立ちしても出てこないのではないかしら?
実直、誠実。それだけだと思う。
けど、それが最高だよ! ご賛成の方、挙手願います。(笑)


Re: ミュージック・フェアーSP☆ 迷い猫 - 2002/03/31(Sun) 06:02 No.884  


あららアンカーさん お久しぶり・見逃したの〜。
昨日放送中は私も外出していたので、今頃ビデオで見てますよ。
M・フェアー放送1900回記念・第4夜・classics(3月30日分)
Part1のみ曲目を記載しますので想像してやって下さい。

1.テレサテン(つぐない)1984年5月20日放送
2.ザ・ピーナッツ(可愛い花)1974年9月3日放送
3.スリー・ディグリーズ(荒野のならず者)1974年8月6日放送
4.山口 百恵(ラスト・ソング)1978年10月3日放送
5.ABBA(ダンシング・クィーン)1979年1月16日放送
6.アイク&ティナ・ターナ(プラウド・メアリー)1972年7月18日
7.レイ・チャールズ(エリー・マイラブ)1990年2月4日放送
8.越路 吹雪(愛の賛歌)1976年5月18日放送

ピーナッツが画面に流れたのは、何と25秒だけー。
みえちさんに同じく・・・ああぁぁ〜で終わっちゃってます。
スリー・ディグリーズ、アバ、アイク&ティナターナ、テンプテーション、
マライヤ・キャリー、セリーヌ・ディオン、エンヤ・・・
洋楽は特に覚えていますよ〜。
ノーランズやアラベスクも期待していたのに・・・残念。


Re: ミュージックフェア☆ アンカー - 2002/03/31(Sun) 15:48 No.885


インファントの付睫犬さん、迷い猫さん、番組の内容ありがとうございました。
やっぱり何だかんだ云っても録画しとけば良かったなあ。失敗。
和田アキ子さんて、デビューの頃のエピソードについて話す時いつも
「ピーナッツから付け睫もらった」ことと
あゆみさんにすごく親切にしてもらったことを上げてるんですよね。
よっぽどうれしかったんでしょうね。


ミュージックフェア 投稿者:nao 投稿日:2002/03/19(Tue) 23:30 No.849  

>アンカー様、皆様
ご無沙汰しております。というかもう浦島太郎状態(^^;;

3月30日のミュージックフェア、1900回記念ということで
名場面特集をやるそうで、今から楽しみです。

ピーナッツは「可愛い花」。見た事ない映像だと嬉しいのですが。



Re: ミュージックフェア アンカートトロ - 2002/03/20(Wed) 08:29 No.852


naoさん、お元気でしたか?
私はあなたの事忘れちゃいませんよ。

ミュージック・フェアのことありがとうございました。
3月30日、楽しみにしています。
でも多分いつもと一緒の「可愛い花」のような気もするんですが・・・

ところで和田アキ子、本人が出るのにVTRにも出るんですね。
それだったらもっと他に60年代に活躍した他の歌手を見たいなあ。
今ではまず見られないと思うような人。
いっぱいいると思うんですがね。


おおっ!なつかしいなぁ〜 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/03/19(Tue) 07:53 No.844  

ザ・タイガースの2枚組CDが発売だよー。
レア&モアコレクションV(ノベルティ・レコード編)だって!
う〜ん!・・・なつかしいけどー・・・誰か買いますかねぇ〜?


Re: おおっ!なつかしいなぁ〜 ラ星 - 2002/03/20(Wed) 08:11 No.851  


きっと、ロンドンの Misty さんが買うでしょう!
あの方、ジュリーの大ファンでいらっしゃるので。
(あ、ジュリー・ロンドンが Misty を歌ってるという話ではないんですよー。3つ揃ったのは全くの偶然。ところで Misty さん、そろそろ掲示板デビューなさっては、いかが?)


アテネの恋唄   #030 投稿者:インファントの連載犬 投稿日:2002/03/15(Fri) 23:03 No.825  

♪アテネの恋唄  1962.02
ADDIO       作詞:岩谷時子 作曲:Manos Hajidakis 編曲:宮川泰
(Adios my love)          演奏:シックスジョーズ

 ピーナッツの歌はず〜っと聴き続けていたためか、よく言われる「当時の事が思い
浮かびます」ということが私は少ないのです。当時というスパンが長過ぎるからです。
そんな中では比較的これを聴いていた頃を彷佛とするのがこの「アテネの恋唄」です。
どういうことなのかと言いますと、全然流行らなかったからです。
ラジオではごく稀にレコードがかかったことがありましたが、その程度だったんです。
こういう歌は最初に聴いた時の印象が強く残ります。他に何もないから。

高校入試の時期でしたが、前年の夏以来罹ったピーナッツ病が悪化の一途。危篤状態。
一時的な麻疹のようなものと高を括っていたお袋も息子が不治の病ではないかと観念。
自分でも俺はどうかしてしまったのだという自覚症状もあったので悩んでしまった。
中毒状態の少年が、A面の「ふりむかないで」を聴いては、これを聴いてる様子を見、
こまったもんだね〜と母は祖母と嘆いていたらしい。
ピーナッツの歌い尻のしゃくれあがった声を聴くとお袋は当時を思い出すんだそうだ。
だから、人並みにサラリーマンが勤まっているのは夢みたいなんだそうです。(笑)

 当時のレコードはモノラルだったし、自分で働いてオーディオ装置を揃えるまでは
安物のプレイヤーで聴いていたので決して聴きやすい音ではなかった。
A面もそうだけど、この「アテネの恋歌」は上ずったような高い音が多い感じがした。
後年、そうじゃなくて、ピーナッツの録音はとても素晴らしいことが判ったんだけど
再生装置がプアなものだと聴きづらい。アナログレコードではなおさらだったんです。
今でも、あの時の、あの頃の凄まじい音が記憶に残ってます。
...という変な思い出がある歌ですが、勿論、キングレコードが悪いわけじゃない。

導入部のスキャットの声ですが、初めて聴いた時から、これはスピードを変化させて
いるんだろうと気づきました。そんな知識をどこから得たのかわかりませんが?
だけど、歌詞のところから普通の歌声になるトリックだけはわかりませんでした。
多分、この頃からマルチトラックの多重録音が可能になったのでしょう。
良く考察しないと見逃すと思いますが、ザ・ピーナッツの環境は時代の最先端でした。
「月影のナポリ」の時期からステレオ録音してる流行歌の類いは他にないでしょう?
「シャボン玉ホリディ」は第一回からカラーでビデオ収録です。これも希有と思う。
それとピーナッツを支えるスタッフは高品質の仕事をしています。

「月影のナポリ」が昭和35年の収録なのにその録音技術は大変なものだと思います。
とにかく何たって音がいい! まさに生々しい。素晴らしい鮮度です。
真空管アンプ時代だから、そして、同時録音だから、むしろ良いのではないか。
伴奏のレベルもハイエンドだ。シックスジョーズと表記されている主役は金管楽器群。
このブラスは単なる寄せ集めの腕前じゃない。常に演奏を共にしているグループだ。
すなわち、シックスジョーズ・ウイズ・某フルバンドという豪勢さなのである。
松宮庄一郎さんのギターなどは隠し味で、弦をミュートしてポコポコ鳴らしている。

わあ、大脱線しちゃった。
 この曲は「日曜はダメよ」で有名なギリシャの作曲家マノス・ハジダキスが作った
なかなかいい旋律なんです。CDアルバムでどかっとピーナッツの歌を買っちゃうと
目立たない曲なのでどうでもいい曲に入れられるかも知れませんが、次のリリースが
数カ月先であった当時は一曲一曲噛みしめるように聴いたものでしたよ。


Re: アテネの恋唄   #030 えいじ - 2002/03/16(Sat) 12:54 No.826  


インファントさま
僕も20年早く生まれてたらもっとピーナッツの良さを体験できた
んだろうなぁ。ピーナッツをテレビ、ラジオ等で見たり聴いたりしていたのが羨ましいです。

>シックスジョーズ・ウイズ・某フルバンドという豪勢さなのであ る。

先日ある人からもらったチケットで、有馬徹とノーチェグバーナの演奏を聴きに行ってきました。当時のフルバンドを少しでも実体験したかったからです。(本当ならば、シックスジョーンズを聴きたいところですが・・・)
演奏を聴いた感想は、今のJ−POPと違って、管楽器が織り成す重厚なハーモニーはフルバンドならでは、といった感じでした。
今のJ−POPは、打ち込みでどんな音でも自由自在に作れる凄さがあり、コンサートに行っても、大体は小編成スタイルで必ずシンセが入り、アーティストによってはシンセで管楽器をフォローするという形になりつつあるようです。
その点ピーナッツさんの時代は、アンカーさんのおっしゃるように
フルバンドという贅沢な編成、しかも職人肌で、ひとりひとりの感性がひとつの音楽としてドッキングしていた、いわばみんなでいい音楽を作ろうよ!みたいな一体感が生まれていたのでしょうね。
そんな一流ミュージシャンに囲まれたピーナッツさんが負けじとあの美しいハーモニーで歌う・・・。なんてプロフェッショナルなのでしょう!
そんなことを噛み締めながら、あとで「アテネの恋唄」を聴いてみようと思います。失礼いたしました。


Re: アテネの恋唄   #030 Come on! - 2002/03/17(Sun) 01:13 No.833  


ちあきさんのホームページからやって来ました。
ここも、ちあきさん同様大盛況のようですな。アテネの恋唄はオリジナルでしか聞いたことがないので、日本語バージョンがどんなんか想像つかんけど、一度聞いてみたい。
CDとかあるんですかねー。


Re: アテネの恋唄   #030 アンカートトロ - 2002/03/17(Sun) 06:57 No.839   <HOME>


Come on!さん、はじめまして。
ちあきさんのところも毎日覗かせて頂いていますが、あそこも大盛況ですね。
あちら同様★ピーナッツ・ホリデー★もよろしくお願いします。

ところで「アテネの恋唄」は「ザ・ピーナッツ・シングルス〜恋のバカンス」に
収録されています。



えいじさんへ返信 インファントの連載犬 - 2002/03/17(Sun) 16:08 No.840  


> フルバンドという贅沢な編成、しかも職人肌で、ひとりひとりの感性がひとつの音楽と
> してドッキングしていた、いわばみんなでいい音楽を作ろうよ!みたいな一体感が生ま
> れていたのでしょうね。
> そんな一流ミュージシャンに囲まれたピーナッツさんが負けじとあの美しいハーモニー
> で歌う・・・。なんてプロフェッショナルなのでしょう!

そうだ、そうだ。そのとおりです。(拍手五万回)
昔はそうだったんだよなあ〜、で済ませていいようなテーマじゃないですよね。
音楽って「みんなでいい音楽を作ろうよ!みたいな一体感」が一番大切な部分ですよ。
そりゃ参集するメンバーが少ない程、極端な場合一人の方がアレンジャーの目指した
音は作り易いし、録音も簡単、お金もかからないから一石三鳥かも知れない。
そういうのも「たまには」いいかも知れない。
でも、それが主流というのは絶対におかしいよ。
沢山の優秀な演奏者がピーナッツと一緒にとにかく、OKです、というテイクを採る
為に集中している、熱中している。そういう「場」「雰囲気感」があるんです。
気のせいだ、と言われてもしかたがないのですが「イエロー・バード」のフルートの
前奏が鳴っている間、呼吸を整えて待ち受けるザ・ピーナッツがスピーカーの所に
居るんです。わかるんです。これが音楽です。合奏と言うのはこういうものなんです。
パソコン遊びのようなアマチュアっぽい音楽作りは玄人の仕事じゃないと思います。
絵葉書みたいな平面的に死んだ音じゃない、活き活きした音を聴かせて欲しいです。

シックスジョーンズのギターリスト松宮庄一郎に、えいじさんがスポットライトを
当ててくれたので、ピーナッツ曲での彼の演奏ぶりを集中的に聴き直してみました。
いやあ、これは、なかなかいい聴き方でしたよ。新発見です。
「いい仕事してるんです」。ギターとは言え、彼は基本的にリズム補助ですねえ。
ジャズというものを良く知らないのですが、ギターには多分、絶妙の役割があるんだ。
楽譜に書いてある通りだろ、じゃない、音色とかピッキングとかが凄いんだよ。
フルバンドのギターにもそういう面があるんでしょうね。前面には出ないんだけど。


Come on!さん、WELCOME インファントの連載犬 - 2002/03/17(Sun) 16:12 No.841  


> アテネの恋唄はオリジナルでしか聞いたことがないので、
> 日本語バージョンがどんなんか想像つかんけど、一度聞いてみたい。

 アテネの恋唄はピーナッツでしか聞いたことがないので、オリジナルバージョンが
 どんなんか想像つかんけど、一度聞いてみたい。
これ、ふざけてるんじゃなくて本心です。(書くのはコピーでいいので楽だ:笑)
というのは私、ピーナッツの歌のオリジナルって大部分は知らないのです。
私の同年代でちゃんとラジオの何何アワーとかもチェックしていたりした通人や、
も少し年上の方は両方良く知っておられる場合が多いんです。
それと日本で流行っているカバー曲と本場で流行っている曲と日本の深夜ラジオでの
洋盤ベストテンはそれぞれ違うという三重構造があったように思うんです。

もしもピーナッツのレコードでオリジナルを想像するととんでもない事になる(笑)。
だってもう全然別物というケースの方が滅茶滅茶多いんだ。
「ピーナッツのコーヒー・ルンバ」というタイトルにした方がいい盤ばっかりだもの。
「アテネの恋唄だよ、ピーナッツ!」じゃふざけ過ぎだとは思いますが。(爆)
だから、本来の曲を持ち味を知ろうとすれば、それを聴くしかないみたいなんです。
CDとか出ていたら教えて下さい。(検索に引っ掛からないんです:探し方が悪い?)


Re: アテネの恋唄   #030 津田昌男 - 2002/03/18(Mon) 11:01 No.842  


ザ・ピーナッツちゃんの時代に生まれていながら 私もほとんど思い出せない。
単身赴任中なので自宅の物置もまだひっくり返していない。
だから・・・CDを探し回るしかしかたがない。お若い皆さん方にもうしわけない。などなど・・・
だけどなぜか昨日恋のバカンスの中の「アテネの恋歌」聴きました。
会社にも持ってきています。それを手元でこっそりみながらめーるしています。ところで「林檎の木の下で」は昔 ディック・ミネさんが歌っていませんでしたか? 


Re: アテネの恋唄   #030 津田昌男さんへ。 豆だぬき - 2002/03/19(Tue) 07:52 No.843  


何だか呼ばれたような?(ラ星さん、真似ちゃいました)垣根越しにおじゃまします。そうです「林檎の木の下で」はディック・ミネさんが歌っていました・私もやはりこの曲はミネさんのを一番に思い浮かべますね。父の十八番でした。


Re: アテネの恋唄   #030 ラ星 - 2002/03/20(Wed) 07:46 No.850  


わーい、僕も何だか呼ばれたような気がして・・・。すみません、お馬鹿で。 (^o^;

晩年のディック・ミネさんしか知らないのですが、「林檎の木の下で」を軽く歌うスマートさ、ダンディさは、強烈な印象として残っております。そうかー、女性を見つめる時は、こんな表情をすればいいのか!と子供心に思いました。大人になってから、一度も実践できたためしが無いのですが・・・。


蘇州夜曲〜? これ名曲よ! 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/03/14(Thu) 07:43 No.820  

>ウシオさん おはようございます。
 お初になりますが、今後ともよろしくお願いします。
 (レスしようと思ったのですが、過去歴がせり上がってくるしー
 またまた FAXロール紙状態になるから・・・ヤーめた。)
タイトルが、なんちゅー古い曲やー・・・と、思っている方が多いと察します。
ココの掲示板の NO.792 ウシオさんのレス を見て検索しました。
これまた 朝のワイドショー でもバンバン紹介していま〜す。
渡辺美里さんの初の カバーアルバム ↓ Cafe Mocha だそうです。
           (わたしゃ〜渡辺真知子さんファンなの〜)
 
本家本元の SONY MUSIC では、今のところまだUPしていな〜い! 
何でやろ〜? 試聴できへんやんかぁ〜!

今話題?の どっかのお茶のCMソング「あなたのとりこ」もカバーしとるよ。
シルヴィー・バルタンのお話してたのは、まだ先月だったかなぁ〜? ド忘れ〜!
あえて ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」のカバーもしているよ・・・・・!
っと書かないのは、私が変人だからなんでしょう キット。(ナショナル・キッド?)
ロバータ・フラックもヘンリー・マンシーニ楽団もいいなぁ〜。
  (あぁ・・・仕事のお時間です。タイムアウト!)


ナショナル・キッド、それは宇津井健。 ウシオ - 2002/03/16(Sat) 23:40 No.828


迷い猫さん

いつもお名前を拝見しているので・・・「はじめまして」のご挨拶というのもなんだか不思議な気分です。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

美里の声で「蘇州夜曲」かあ・・・。
いつまでも青春真っ只中、というイメージがある彼女も、歳を重ねてきた中で、ボーカリストへの転向を図っているのかな。
「恋のバカンス」は当然二重録音をしていると想像してるんですが、アレンジも含めてどういう仕上がりなのか、非常に楽しみです。原坊のアルバムとは対照的なんだろうなあ、キット。(僕の場合は浅草キッド)

(追伸)
先日、真知子さんがTVで「オルゴールの恋唄」を歌ってましたよ。珍しくありません?


Re: 蘇州夜曲〜? これ名曲よ! ラ星 - 2002/03/17(Sun) 01:28 No.834  


え!?お二人、初めてだったんですか!? 迷い猫さん、こちらがウシオさんです。ウシオさん、こちらが迷い猫さんです。いぇ〜い!(←やっぱ、僕ってお馬鹿?いぇ〜い!)

>先日、真知子さんがTVで「オルゴールの恋唄」を歌ってましたよ。珍しくありません?

おお!迷い道デビューの前、ポプコンで初めて真知子さんを聴いた時の歌です!あの切ないカマトト・ソングを、今テレビで!?(迷い猫さん、許してタムレ。以前、ご本人がそうおっしゃっていたような・・・。)


Re:細かいツッコミ(^^;;; 小倉の英 - 2002/03/17(Sun) 01:56 No.835  


>>ナショナル・キッド、それは宇津井健。

 宇津井健はナショナルキッドじゃなくてスーパー
ジャイアンツ(^^;;;ですね。その違いは・・・ザ・
ピーナッツとこまどり姉妹ぐらいかしらん?(笑)


Re: 蘇州夜曲〜? これ名曲よ! 迷い猫 - 2002/03/19(Tue) 08:29 No.845  


ウシオ様 おはようございます。早々の返信ありがとう。
> 先日、真知子さんがTVで「オルゴールの恋唄」を歌ってましたよ。
> 珍しくありません?

 はいな! テレビでは、フィルム放送(ポプコンのカット)程度だったと思います。
 よって NHKのお昼の番組:公園通りであいましょう にてTV初公開
 だったのじゃないかなぁ〜?(しかもノーカット!)
 ちゃんとビデオに納めてありますよ〜。

ラ星さん!
> あの切ないカマトト・ソングを、今テレビで!?

 ズボシ! ラボシ! アホラシ!(以前自分で・・・言っていた)
 本人(真知子さん)が一番よくわかっているのでは?
 当時は恋多き乙女だったので、こんな曲作りが多かった。
 がはははっ・・・って、今なら大声で笑うよ。

小倉の英さん 初めまして! よろしくお願いします。
 昨年の今池オフ会?でのお話・・・
(これナイショて言ってたのに誰かさんが、 バラしてしまいました。)
 ねぇねぇーアンカーさん (オグラのヒデさん?)or(コクラのエイちゃん?)
 どうやって読むの〜?(呼ぶの)
 答えは、どっちでもええ〜って聞いてるから、ホントはどっち?
 今でもわからないのです。なぞ・・・?
いやぁ〜!まさかスーパー・ジャイアンツが出てくるとは・・・?
 鉄腕アトム か 鉄人28号 くらい違うなぁ。
 月光仮面 と 七色仮面、 隠密剣士 と 琴姫七変化・・・?
 大きく違うなぁ。
 ミゼット と スバル360・・・あぁ〜 タイヤの数が違うかー。
 (ワーっ!遊んでる時間じゃないよ)


Re:似て否なるモノ?!(^^; 小倉の英 - 2002/03/19(Tue) 22:24 No.848  


 To 迷い猫様

 こんばんわ&はじめまして、ですぅ〜。(^^)/

>>どうやって読むの〜?(呼ぶの)

 エイちゃんと呼ぶ場合は矢沢永吉を連想して
下さい。(爆)ヒデさんと呼ぶ場合は三田村邦
彦を連想して頂ければと。←お前は仕事人か?
(^^;;;いやぁ、素顔が誰にもバレてないから
言いたい放題に言えます。(笑)

>>鉄腕アトム か 鉄人28号 くらい違うなぁ。

 そう言えば、今月はBS1でモノクロ版アトム
の特集してますね。(^^;子供の頃はアトムより鉄
人派でした。σ(^^;;;
 
>>月光仮面 と 七色仮面

 おおっ、パイナップル頭!(激爆)どちらも
ドラマが実に良くできていて、大好きな作品!

>>隠密剣士 と 琴姫七変化・・・?

 おおっ、松山容子!(激爆)後年の「旅がら
すくれないお仙」もいいけど。(*^^*)

>>ミゼット と スバル360・・・

おおっ、お笑い三人組!(^^;;;番組内で
ミゼットの生CMしてませんでした?(爆)

・・・いかん、歳がバレる。←遅いって(^^A
一番紛らわしいのは、やっぱり伊藤エミとユ
ミだよなぁ〜。(^^;;;


豆だぬきさん 父が歌ってたーおおこわ 投稿者:津田昌男 投稿日:2002/03/19(Tue) 11:06 No.846  

私 ディクミネさん 晩年しか知りませーん この人女性に強かったらしいですね。父から?ききました。(脱線しちゃった)
ところで ついでにすが わらわないでくださいね。
ザ・ピーナッツちゃんのデビュー曲の出だしの「プティット フルール?」て どんな意味なのですか・・・ああはずかし
それから余談ですがザ・ピーナッツちゃんのすごさを少しわかってきたら ピンクレデイとか キャンディーズとか モームスとか おやじとして 許せるようになったから 不思議なものです。


プティット フルール インファントのガイド犬 - 2002/03/19(Tue) 21:14 No.847  


> 「可愛い花」(Petite Fleur)
>  ご承知のように目下わが国でも大変にヒットし ている曲(プティット・フルール)
> 「フランス語で“Petite Fleur”英語では“Little Flouer”」に新しく歌 詞をつけ
> たものです。 「プティット・フルール」を呼ばれて皆から可愛いがられてい る優しい
> 女の子のことを歌ったものです。

これは、レコード解説から引用しました。小さい可憐な花というフランス語かな。


ハローメリールー! 投稿者:えいじ 投稿日:2002/03/10(Sun) 14:17 No.793  

はじめてのぞかせていただきました。
あまりに資料が豊富でびっくり!アンカーさん凄過ぎです。
僕は、20代後半ですが、両親の音楽好きで、幼少より古い歌をよく聴かされていました。好きなジャンルはカバーポップスで、好きな歌手はピーナッツ、弘田三枝子、園まりなどなどです。
カバーを好きになったのは、小学校5年生のとき、京都の親戚の家に遊びにいった時のことです。大きなステレオの下のケースにびっしりと入っていたレコードを何気に見ていたら、ピーナッツの「カカオの瞳」という裸盤がありました。そのとき直感的になんだろコレは?みたいな感覚があって、(うちの実家にあったキングレコードは赤いレーベルなのに、なんでこのレコードは青いんだ?と疑問に思った)すぐさま持主の小父に頼んでレコードプレーヤーで聴かせてもらったんです。
すると、今まで聴いたことのない、きれいなハーモニーがスピーカーいっぱいに響いてきて、一瞬のうちに不思議な気持ちにさせられたのです。歌詞も♪シーシーとか♪ノーノーとか、英語なのかなんなのか判らない言葉が並び、その日から僕のあたまの中は♪シーシーノーノーでいっぱいでした。
どうしても、そのレコードが欲しく、小父に頼んだところ、快くいいよーと言ってくれたので、実家に戻ってきてからはずーっとこの歌にハマってしまい、しまいにはレコードの溝が擦りへってしまいました。
ちょうど、この頃廃盤ブームがあって、たまたまレコード店に行ったらピーナッツ、伊東ゆかりの復刻盤があって、そっからカバーを
集めるようになりました。
だいぶ、後になってから、「カカオの瞳」は、「スクスク」のB面だということも知りました・・・。
数年前に、いろんな事情でレコードを手放さなければいけなくなり
泣く泣く、売ってしまいました。その中には「今池音頭」とか「小田急ピーポーの歌」、「赤いダイヤ」もありました。(思い出すだけで後悔・・・)今はもっぱら、CDで聴くのみです。


アンカーさんに、質問なんですが、「夢で逢いましょ」のフィナーレで並んでいる、田辺靖雄の隣の赤い服を着ている女性は、誰なのでしょうか。ひょっとして、園まり?!

またちょくちょく、遊びに来ますんでよろしくお願いします!




Re: ハローメリールー! アンカートトロ - 2002/03/10(Sun) 16:08 No.794


えいじさん、こんにちは。
ようこそ、いらっしゃいませ♪

カバー・ポップスは一度好きになると、同じ歌を違う歌詞で何人も歌っているので
知らず知らず深みに入りこんでいくようです。(笑)
私も一通り表面的には聴いたつもりです。
その中でピーナッツ、ミコちゃん、ゆかりさん、ミエさん、園まりさん、
九重佑三子さん他・・・みんな大好きです。

しかし、ピーナッツの入門が“カカオの瞳”というのもとても珍しいですねえ。
“スク・スク”は当時聴かなかったんですか?

>その中には「今池音頭」とか「小田急ピーポーの歌」、「赤いダイヤ」もありました。

うーん、聴いただけでもためいき。もったいない!
“今池音頭”なんていくら出しても手に入らないのに。
(喉から手が出てる・・・)

>、「夢で逢いましょ」のフィナーレで並んでいる、田辺靖雄の隣の赤い服を着ている女性は、誰なのでしょうか。ひょっとして、園まり?!

今その場面のページ見てきたんですが小さすぎてわかりませんね。
園まりさんではなかったような気がしますが、
ちょっと思い出せないのでまたあらためてビデオで確認します。
どなたかすぐに思い出せる方いらっしゃいましたらこの後に
書き込みしてくださいませ。



Re: ハローメリールー! ラ星 - 2002/03/11(Mon) 05:23 No.796  


えいじさん、はじめまして!
ご家族、ご親戚の方々も、こちらへいらっしゃると良いのにね! (^^ /

>すると、今まで聴いたことのない、きれいなハーモニーがスピーカーいっぱいに響いてきて、一瞬のうちに不思議な気持ちにさせられたのです。
感動が伝わってきますねえ!ほんと、この世のどこにもない歌声だと思いますよ。

>数年前に、いろんな事情でレコードを手放さなければいけなくなり・・・
もう、なんと言葉をかけてよいのやら。

>「夢で逢いましょ」のフィナーレで並んでいる、田辺靖雄の隣の赤い服を着ている女性は、誰なのでしょうか。ひょっとして、園まり?!
田辺靖雄ってのも、よく解りましたねえ!僕には、さっぱり・・・。


Re: ハローメリールー! えいじ - 2002/03/11(Mon) 12:25 No.797  


アンカーさん

レスありがとうございます。
もういっぺん、ビデオで見たんですが、僕には園まりに見えて仕方ないのですよ。ただ、テロップに園まりとは書かれていないので、ひょっとして違う人かなぁとも思いますし・・・。
だいぶ前ですが、三人娘がテレビに出たときのこと。
まりちゃんは、「悲しき16才」を歌ってたんですが、♪わたしは16〜のところで、中尾ミエ、伊東ゆかりが♪ほんとは36〜と合いの手を入れていたのを思い出しました。
ところで、「悲しき16才」にそっくりな歌謡曲があったのをご存じですか?松平マリ子の「お願いだから」という歌です。
出だしの♪ヤヤヤンヤヤ・・・からまるっきし同じで、この歌を聴きながら、「悲しき16才」を歌うと、最後は一緒に終われるんですねー。機会があれば是非聴いてみてください!!!

ラ星さま

はじめまして。よろしくです。
小学校5年生の時に聴いた、あの感動、今でも思いだします。
ピーナッツのハーモニー、生で聴いたらもっとシビレたんだろうなぁ・・・。



「夢であいましょ」の謎の人は・・・ アンカートトロ - 2002/03/11(Mon) 17:11 No.798


ビデオ見て確認しました。
うーん、言われてみると園まりさんに見えますねえ。
でも出演者の名前に出てこないし、わかりません。
どなたか助けてください。

インファントさぁーん!ヘルプですー。
(ところで伊豆箱根鉄道のガイドさんは「チャッキリ節」歌いました?)

>松平マリ子の「お願いだから」
この歌は聴いた事がないので返事が書けないのです・・・



Re:よくわからん(^^; 小倉の英 - 2002/03/11(Mon) 19:16 No.799  


>>でも出演者の名前に出てこないし、わかりません。

 VTR見直そうと思ったら、冒頭でテープを噛み込ん
じゃった!グスン。(T^T) 気を取り直して最後まで早送
りしてみたんですが、私にも園まりに見えました。(^^;
ただ彼女の本名でもテロップには出てない上に、結構端
役と思われる人まで女性はキャストにその名を連ねてる
ので別人なのかもしれませんね。中尾ミエ主演の映画で
園まりがテロップから飛ばされるってこともないでしょ?


Re: ハローメリールー! ラ星 - 2002/03/12(Tue) 21:05 No.808  


えいじさん、どうぞ、ちょくちょくいらっしゃって下さいね!

そう言えば、ピーナッツは「ヘロー・メリー・ルー」になってますよね。田舎から上京したての頃、ノートに「アイ・ヘヴ・コンフィデンス」(「サウンド・オブ・ミュージック」の中の曲名)と書いていたら、友人に「ヘヴ!? ハヴだろ!」と笑われました。俺って、英語もナマってんのかなあと悲しかったです。でも、ピーナッツのシングルスを買って「ヘロー・・・」に気付き、なんだ、これでもいいじゃん!と、ちょっと勇気付けられました。でも、1961年に「ヘロー・・・」と表記するのは、かなりカッコつけていたというか、ピーナッツが流行の最先端にいたということではないでしょうか。(←つまり、これを言いたかった。長くなったけど。)

あ、それと、えいじさん、“ラ星さま”って、あんまり書かないでネ!なんだか、頭にお星様の冠をかぶってお遊戯なんかしたくなっちゃうんですよ〜。「おい、ラ星!」で充分ですよー。 (^^;


Re: さっぱりわかりません。 インファントの電車犬 - 2002/03/12(Tue) 23:02 No.812  


> インファントさぁーん! ヘルプですー。

凄い凄い! 満員御礼。スレッド乱立状態で...何のヘルプかわかんなくなってる?
あ..園まりちゃんかどうかでしたっけ。近眼+乱視+老眼なんで、わかんないですね〜。
既に知名度はあった時期だし...枯れ木も山の賑わいでは出ないと思いますけど。
インファントは園まりちゃんがあんなに超絶な人気者になるなんて思いませんでした。
チャームポイントや色気がないような目立たないお嬢さんという感じだったんだもん。
それがちょっと髪型やメイクを変えるだけで...一時は男性の7割位がファンだった?

> (ところで伊豆箱根鉄道のガイドさんは「チャッキリ節」歌いました?)

運転手さんは赤城庄吉さんに似ていましたが、増美ちゃんには逢えませんでしたね。
きっと上京して音楽プロダクションでまゆみちゃんとテストを受けていたのでしょう。

あ〜あ、ザ・ピーナッツ主演映画のDVD出ないもんかなあ...(ため息)。
明日、特撮映画「地球防衛軍」のDVDが見れます。というのは...
誕生日頃に風邪引いたせいですっかり忘れていたプレゼント何がいい、と愛妻と娘が
言うので、DVDカタログの本を見ながら、あ、これがいい..と言ったんですが..
何故か妻と娘は妙な顔をしている。
ん? なんでだ? と思って手元を見たら、一つ上の「痴漢電車」を指してた。(笑)
即座に「お父さん、それじゃないでしょ」と言ってくれないのが複雑な心境。(爆沈)


Re: ハローメリールー! えいじ - 2002/03/14(Thu) 13:38 No.821  


アンカーさんはじめ、たくさんのレス、ありがとうございます。
ここの掲示板はアットホームでいいですね!ファンになりましたよ。
「夢で逢いましょ」、園まりの件は、了解しました。(笑)
また情報がありましたら是非ともお願いします。

ラ星さん

>(あ、それと、えいじさん、“ラ星さま”って、あんまり書かないでネ!なんだか、頭にお星様の冠をかぶってお遊戯なんかしたくなっちゃうんですよ〜。「おい、ラ星!」で充分ですよー。)

ぜんぜん意識しないで書いてました。そりゃーそうですね。
思わず♪ティンティンのお月様〜を思いだしましたよ。


「月影のナポリ」のピーナッツ盤と森山加代子盤は、どちらも渡辺晋とシックスジョーンズが演奏してましたよね。
レコード会社が違うのに、両方掛け持ちしていたのには理由があったのかも知れませんが、シックスジョーンズのギターリストだった松宮庄一郎さんは、当時をこう振り返っていました。
「ピーナッツ盤をレコーディングした後、新人をやるって言うんで、東芝のスタジオに行ったら、お下げ髪の少女がピアノで歌ってていたんだ。いざ本番というときに、その子は“ピーナッツよりもテンポを遅くして下さい”って言うんだよ。みんな唖然としたね。でも俺はその時なぜか“あ・・・もしかすると、ピーナッツは負けたかも知れない”と思ったんだよね」
このコメントを耳にした時、まだ森山加代子盤を聴いたことがなかった僕はちょっとムッとしてしてしまい(森山さんのファンの方がいらっしゃったらゴメンナサイ。)、両方を聴き比べてみました。
たしかに、その頃の歌謡曲、ポピュラーも含め、ピーナッツ盤のようなテンポの歌でヒットした歌謡曲、ポピュラーはあまり無かったのかも知れませんし、森山加代子盤は当時の日本人が好んだテンポかも知れない?!とその時は勝手に自分なりの解釈で、両方の良さを確認しました。逆を考えるとピーナッツ盤の倍テンポのリズム方は、その後の歌謡曲、ポピュラーの先陣を斬ってたのかも知れませんね。失礼しました!!!!


Re: ハローメリールー! アンカートトロ - 2002/03/15(Fri) 10:35 No.822


>小倉の英さん
>VTR見直そうと思ったら、冒頭でテープを噛み込ん
じゃった!グスン。(T^T)

なんと慰めて良いやら、で、テープは大丈夫でしたか?

>えいじさん
>その子は“ピーナッツよりもテンポを遅くして下さい”って言うんだよ。みんな唖然としたね。でも俺はその時なぜか“あ・・・もしかすると、ピーナッツは負けたかも知れない”と思ったんだよね」

私も最初ピーナッツの方を聴いたので、森山盤を聴いたときは
なんだかもたついているような感じを受けました。
でも当時のミュージックライフのレコード売上データを見ると
ピーナッツ盤は
◆7月1位
◆8月2位
◆9月3位
なのに対して
森山加代子盤は
◆7月2位
◆8月1位
◆9月1位
となってて加代ちゃんブームの到来だったんですねえ。
ちなみに9月の2位は加代ちゃんの“メロンの気持ち”でした。

今落ち着いて聴けば両方それぞれの持ち味でどちらも良いと思えます。
歌詞もそれぞれ違ってて両方歌えますね。(笑)

ちなみにオリジナルのミーナの歌も2種類あるんですよ。
どちらが先に吹き込まれたかわかりませんが
一つは一人でそのまま歌ったもの、も一つはピーナッツのように
ハーモニーを付けたもの(一人二重唱です)。


良きライバルがいたんですね。 インファントの競走犬 - 2002/03/15(Fri) 19:54 No.823  


そういう時期の方がピーナッツもぐ〜んと芸域を広げたり、いい仕事を残している。
カヨちゃんには完全に人気面で抜かれた感がありました。
九ちゃんとのコンビも話題になったし、歌も実に独特の味があって人気沸騰でした。
カヨちゃんデビューの翌年には、こまどり姉妹がデビューし、これまた人気急上昇。
これまたあらゆるランクづけでピーナッツを凌駕しました。
しかし、ザ・ピーナッツが「恋のバカンス」を歌ったころにはカヨちゃんは脱落。
そして「恋のフーガ」が流行ったころには、こまどり姉妹ブームも終焉しました。

一時的には、もうピーナッツの時代は終わった、と何度となく言われたものです。
しかし、地道な努力、工夫、研鑽を積み重ねた実力は結局、他を圧倒したのでした。
キャンディーズ台頭で、もうピーナッツはいらなくなった、という説もあります。
先に引退してしまったので、この説が妥当だったのかわからないのではありますが、
続けていたら、やはりピーナッツが生き残ったのではないでしょうか?
ピンクレディしかり。はっきり言って、モノが違うんですからね。
しかし、好敵手らしい対象が居なくなった後年はむしろ寂しい感じがありました。
競い合うというのは、やはり励みになったんじゃないかな、と思います。

ところで、
東芝EMI ファミリークラブの「ティーンポップ・グラフィティ 50's-60's」には
ザ・ピーナッツ版と森山加代子版の「月影のナポリ」が両方入っていて面白そうです。
他にもダブりがいくつかあるのがユニーク(笑)。買おうかどうか迷っています。


「ティーンポップ・グラフィティ 50's-60's」 アンカートトロ - 2002/03/15(Fri) 21:26 No.824


>インファントさん、

「ティーンポップ・グラフィティ 50's-60's」
これね、実は去年からずーっと迷っているのです。
カタログを郵送してもらって詳しく内容を検討したんですよ。
良い選曲ですよね。
今でもまだ迷っています。欲しい事は欲しいんですけど
その前にいつもいろいろ買っちゃうので。
あぁ、どうしよう。


「月影のナポリ」 ラ星 - 2002/03/17(Sun) 00:41 No.830  


えいじさん、
>“あ・・・もしかすると、ピーナッツは負けたかも知れない”と思ったんだよね」

こういうエピソードに、やたら強く興味を持ってしまいます。なるほど、そうでしたか!
例えばプロ野球でも、僕は各チームが競り合いをしてくれると嬉しいのですが、告白すると、小さい頃「月影のナポリ」は森山加代子さんの歌詞でばっかり歌ってました。(でもピーナッツの方も ♪お屋根のてっぺんでっ が最高楽しくて、良い。)

加代子さんの歌は、先ず♪ティンタレ・・・という所がゆっくりで、子供にも歌いやすかったのではないでしょうか。近所の家のテレビからこの曲が流れてきた時、♪ルンナ! とはね上げるのが、なんだかニワトリがコケーッ!と鳴くのに似てるなあと思ったのですが、そういった彼女の持ち味を充分発揮できるテンポ、だったのでしょうね。

そして、上手く言えないのですが、ピーナッツがフワっとしたドレスでキュートにツイストを踊る感じなのに対し、加代子さんはピチっとしたマンボ・ズボンやサブリナ・パンツ(?)で、首や腰が少しラフな感じに動くような雰囲気だったと思います。 (^^; そこいら辺の表現、小倉の英さんが上手いんだけど。ま、加代子さんの方が、より身近なお姉さんに感じられたのでしょうね。その後、彼女は同じ歌い方ばかり要求されることになるのですが・・・。
あ、ファッションについては、全く自信がありません。豆だぬきさんがお詳しいと思います。


Re:ダメかも・・・(T^T) 小倉の英 - 2002/03/17(Sun) 02:05 No.837  


>>なんと慰めて良いやら、で、テープは大丈夫でしたか?

 頭は逝っちゃったかも。(T^T)元々最初の方は具合悪かっ
たんですよ。アンカー様のところに送ったやつも、頭はあま
り具合良くなかったんじゃ?(^^;またどこかのCS放送で
やったら撮り直しします。他のザ・ピーナッツ出演映画は
3倍と標準とか結構二重撮りしているので1本がパーになっ
ても大丈夫なんですが、何故かこの映画だけ予備テープが見
あたりません。どこかにあるハズなんだけどなぁ。(^^ゞ


プロモーション・ビデオ 投稿者:迷い猫 投稿日:2002/03/07(Thu) 05:41 No.769  

アンカーさん
原 由子の「東京タムレ」3/13発売の中で、「太陽が泣いている」の例の
プロモーションビデオが、フルコーラスと共に試聴可能ですね。
本当にバックの雰囲気も60年代の当時そのもので懐かしいです。

他にも「いつでも夢を」「天使の誘惑」「愛のさざなみ」「私と私」「川は流れる」その他
  「今日の日はさようなら」(今日の本家本元のコンサート行けるかなぁ〜?)
色々と試聴可能になって楽しく・懐かしく思います。

雪村いづみさんのアルバム探していたら、彼女の懐かしい画像もGETできました。
期間限定のUpなのでしょうかー?


Re: プロモーション・ビデオ アンカートトロ - 2002/03/07(Thu) 09:02 No.770


>迷い猫さん

早速見に行ってきました。(仕事もしないで何やってんだか・・・)
アレンジはあゆみさんのとほとんど一緒で、
これは変にいじくらない方が雰囲気が出てて良いです。
他のものは曲の一部だけでしたけどみんな良かったです。
“私と私”も一人デュエットしてましたよ。

雪村いづみさんのCD三枚組も今度予約してきます。


Re: プロモーション・ビデオ みえち - 2002/03/07(Thu) 10:29 No.771


かわいいスペシャルサイトですね〜♪
思わず笑みが零れました(^―^) ニコリ♪
「太陽が泣いている」の
プロモーションビデオがこれまた良いですよね〜♪
ああ〜アルバム欲しい☆


Re: プロモーション・ビデオ ラ星 - 2002/03/08(Fri) 08:13 No.773  


「太陽は泣いている」をFMラジオで聴きました。
うおっ、いしだあゆみ!季節はずれだけど・・・と思ったら、前奏のテンポがやたら安定しているではありませんか!確か途中から、少し走り気味になるはずなのに。あれが、ワクワク感を増幅していたのに・・・。ん?誰だこれは、原坊かぁ!と、やっと気付いた次第。
原盤にとても忠実なアレンジだけど、なんだかレコードにアイロンをかけてきれいに伸ばしたようで、不思議な感じがしました。とすると、「私と私」も!?


新たなカバー情報 ウシオ - 2002/03/10(Sun) 12:02 No.792


渡辺美里は来週発売のアルバムで「恋のバカンス」をカバーするのだそうです。凄い違和感があるんですけど、でも、楽しみ。

原坊のアルバム、HPで視聴したんですけどツボにはまり思わず予約しました。
基本的にはオリジナルのアレンジに忠実と思ってよさそうです<ラ星さん
が、原坊のあのふんわりした空気が全編漂ってそう。
発売が楽しみです。


Re: プロモーション・ビデオ アンカートトロ - 2002/03/12(Tue) 18:07 No.805


>ウシオさん、こんにちは。

渡辺美里って最近よく見たり聴いたりするんですが
テレビなんかに積極的に出るようになったの?

原坊の“太陽は泣いている”はもう毎日聴かずにいられない状況です。アルバムは明日買いに行ってきます。

>ラ星さん
>確か途中から、少し走り気味になるはずなのに。あれが、ワクワク感を増幅していたのに・・・。

あ、言われてみると確かにあゆみさんのは狂おしいくらい切なく歌って
精一杯声を張り上げて歌っていると言う感じがしますね。
原坊のはちょっと気を抜いてゆったり歌っている感じでしょうか。
アレンジは全くと言って良いほど同じですね。

ところで“東京タムレ”の立派な冊子をこないだCDショップで
もらってきました。
そこにいろんな人のコメントが書いてあったのですが
永六輔さんのところで
“作詩をやめて36年になる。やめたあといろんな人がいろんな歌を歌ってくれて
自分は作詞家だったんだなあと思いながら生きてきた。
でも“私と私”に目をつけた人はいなかったんです。
当人覚えていないのにいきなり「あなたの子供です」と言われたような感じ”
と言うような事が書いてありました。
ほんとに、この歌に目を付けたのは原さんなのか桑田さんなのか・・・


Re: プロモーション・ビデオ ラ星 - 2002/03/12(Tue) 22:08 No.810  


ウシオさん、
>基本的にはオリジナルのアレンジに忠実と思ってよさそうです<ラ星さん

はい、今日、街角で耳にしました!あちこちで流れてる感じですねえ!ビクター、がんばるなあ。

アンカートトロさん、なんだかスレッドが入り乱れて、にぎやかですね! V(^0^)

>あ、言われてみると確かにあゆみさんのは狂おしいくらい切なく歌って
>精一杯声を張り上げて歌っていると言う感じがしますね。

そうなんですよ! ♪くーっちづっけーのー という所など特に。前奏のチェンバロも、途中で少し速くなって行くでしょ?(この曲のすぐ後に「ブルーライト・・・」が出たのにも、驚かされましたよね。もっとハツラツとした歌が続いても良かったのに。)

>当人覚えていないのにいきなり「あなたの子供です」と言われたような感じ

うはは、ちょっと感動してしまいました。

>ほんとに、この歌に目を付けたのは原さんなのか桑田さんなのか・・・

ニューヨークの人々は、セントラル・パークで夜のデートをしても安全だった頃を時折なつかしく想うそうですが、なんというか、それに近い想いが桑田さん夫婦にもあるのでしょうか。ロマンチックという言葉が、もっとロマンチックだった頃の、ほんわか切ない歌。


Re: プロモーション・ビデオ ウシオ - 2002/03/16(Sat) 23:50 No.829


アンカーさん

美里は昔からTVにはちょこちょこ出演してるんです。
ただ、TV番組の司会をするようになるとはファンも想像してなかったんじゃないかなあ。
ここ数年、彼女もアーティストとしての活動の転換期に差し掛かったのか、今後を模索しているのでは、と感じます。

ラ星さん

原坊のアルバムは、セールスもなかなか好調の模様。
ビクター、やる気満々ですね。


Re: プロモーション・ビデオ ラ星 - 2002/03/17(Sun) 01:06 No.832  


ウシオさん、そうなんです!サザンはビクターの至宝なので、張りきっていただかないと。って、別にラ星、ビクター・エンタメの社員じゃないんだけど。ソニー系に大きく水を開けられているのが歯がゆくて。と言いつつ、次のパソコンはバイオにしようと決めている私。ああ、日本から撤退するなんて、ゲー○ウェイのお馬鹿ぁ!ぐすん。


花のスターアルバムVOL2 が出ます 投稿者:アンカートトロ 投稿日:2002/03/16(Sat) 19:31 No.827

2002.4.3  KIC(T)X−3119
高 英夫/仲原美紗緒/ザ・ピーナッツ/平尾昌晃・・・

Vol.1と同様にまたSP原盤からなのでしょうか?
ピーナッツのSP原盤と言うと今度は何が入るのかな?

私はVol.1を買ってしまったけど、収録されていたピーナッツの
「情熱の花」はクレジットが間違ってました。