SHZE-146
SCHLAGER VON HEUTE/TANZEN NACH SCHLAGERN!
SEITE 1 SEITE 2
1.Cliff Richard
  Das ist die Frage aller Fragen
1.Conny Froeboess
  Diese Nacht hat viele Lichter
2.Karl-Heinz Kaestel,Mundharmonika
 Electrola-Studio-Orchester
  Kleine Annabell
  Kieine Annabell
2.The Beatles
  I feel fine
3.Die Peanuts
  Souvenirs aus Tokio
3.Gitte
  Nashville Tennessee
4.Die Bambies
  Melancholie
4.Milo Pawlovic,Trompete
 Electrola-Studio-Orchester
  
La Mamma
5.Electrola-Studio-Orchester
  Rag Doll
5.Manfred Mann
  Sie
6.Michaela Prunerova
  Downtown
6.Alma Cogan
  Hill-Billy-Boy
7.Rudi Horn
  Vergangen,vergessen,voruber
7.Electrola-Studio-Orchester
  Das war mein schonster Tanz 
8.Hellberg-Duo
  Der Vogelbeerbaum
8.Die Mainzer Hofsanger
  So ein Tag,so wunderschon wie heute  
◆アンカー注: アーティスト名、タイトルの表記がドイツ語の場合正しく入力できないので多少の間違いがあることを御了承ください。

発売時期等詳細不明ですが、“スーヴェニール東京”が入っていることからすると1964年ごろのレコードだと思います。
エレクトローラ社の企画もののようなので日本の手は加わっていないと思われますが、
なんと裏ジャケットはザ・ピーナッツが一番大きく載っています!
レコード会社も一押しの新しい歌手だったと言うことがわかりますね。
時を同じくしてビートルズもボチボチ出始めた頃。
もしかしたらピーナッツも文字通り世界を制覇した!?のかも知れませんね。
過去に何度も書いていますが“スーヴェニール東京”って本当にドイツで大ヒットした様です。
それは後のドイツでのザ・ピーナッツの扱い、レコードのリリース、40年の時を経て出たCDなどからザ・ピーナッツの人気の高さが伺えます。

あらためて、ドイツでの活躍を知る事が出来るCD
DIE PEANUTS/SOUVENIRS AUS TOKIO
を聴いて見てください。
歌のうまさ、楽しさ、ピーナッツのひたむきさが聞こえて来ます。
まだ購入可能なCDです。

毎度のことながらレコードのタイトル、意味がわからないので、どなたかわかる方教えていただけないでしょうか。

☆この大変珍しいレコードは“小倉の英”さんから提供して頂きました。
ありがとうございました。


ザ・ピーナッツの海外盤へ戻る