ピーナッツのザ・ヒット・パレード 第2集
SKF-63(ステレオ盤)  LKF-1209(モノラル盤)
ステレオ盤 モノラル盤

第1面
  1. コーヒー・ルンバ
  2. スク・スク
  3. 涙のスクリーン
  4. ポケット・トランジスター
  5. あなたに夢中
        
第2面
  1. イエロー・バード
  2. カカオの瞳
  3. シンデレラ
  4. ヘロー・メリー・ルー
  5. 悲しきかた想い
訳詞 あらかはひろし(第1面 1)
音羽たかし(第1面 2,4,5 第2面 全曲)
漣 健児(第1面 3)
全編曲 宮川 泰
コーラス リトルシスターズ(第1面の5)
ブライト・リズム・ボーイズ(第2面の3)
伴 奏 シックス・ジョーズ(第1面 1,3,4,5 第2面 1,2,3,5)
キング・シンフォネット(第1面 1,2 第2面 1,2,3,4)

ヒット・パレードの第2集は、シングルの7曲とLP用の3曲からなります。

「ポケット・トランジスター」は何人かの競作となり、それぞれに歌詞が違っているので、聞き比べてみるのもおもしろいと思います。
飯田久彦は男の側から「あの子ちっちゃな可愛いポケット・トランジスター」と歌い、森山加代子は「あたしの持ってるちっちゃなポケット・トランジスター」、ピーナッツと伊東ゆかりは「あたしはおませでチビなポケット・トランジスター」とみんなそれぞれの個性が出ていて、どれも楽しい歌になっています。

「悲しき片想い」は弘田三枝子のデビュー盤のB面に入っています。
ピーナッツ盤は、ミコちゃんのよりもすこしお姉さんぽい感じに仕上がっています。

このLPは前作「第1集」から1年以上おいてリリースされたので、その間に出た「ルナ・ナポリターナ」、「17歳よさようなら」、「しあわせがいっぱい」とそれらのB面がその後のLPにも入っていないので、とても残念です。
特にB面の3曲は是非CDで復刻してほしい曲です。(1999年4月1日時点)

その後「ザ・ピーナッツ・シングルス」ですべてのレコードのA・B面の曲がCD化されました。
万歳!


LP一覧へ戻る