ザ・ピーナッツの祇園小唄 《ピーナッツのムード民謡》   THE PEANUTS/the folk songs
SKG-4(ステレオ盤) LKF-1317(モノラル盤)
ステレオ盤 モノラル盤

第1面
  1. 祇園小唄
  2. 深川くずし
  3. ダンチョネ節
  4. お江戸日本橋
  5. 宵待草
第2面
  1. 加茂の流れに捨て扇
  2. 北上夜曲
  3. 関の五本松
  4. 大島節
編曲 宮川 泰
演奏 キング・シンフォネット(第1面 1,2)
レオン・サンフォニエット(第1面 3〜5 第2面)


副題に「ピーナッツのムード民謡」とあるように、今回のアルバムは先に発売された「ピーナッツ民謡お国めぐり」に比べると、落ち着いた選曲になっていて、お座敷ムードとでもいえるような内容です。

「ピーナッツ民謡お国めぐり」では若さ・勢い・ひたむきさなどが伝わってきますが、このアルバムではザ・ピーナッツもデビュー5年目を迎え、しっとりとした大人の雰囲気が出てきて、ハーモニーにも余裕が感じられます。

「祗園小唄/深川くずし」はシングル盤としても発売されました。

第2面の「加茂の流れに捨て扇」(作詞/たかおかんべ 作・編曲/宮川泰)は、当初この年ザ・ピーナッツ主演で映画化された「若い仲間たち/うちら祗園の舞妓はん」の主題歌としてレコーディングされたようですが、実際にはシングルカットはされず、主題歌として発売されたのは「舞妓はん音頭/うちら祗園の舞妓はん」になりました。
そのあたりのことを勁文社のフォノシート「ザ・ピーナッツの情熱の花」の中で二人が会話をしています。

【二人の会話・抜粋】
 エミ:
かんにんどっせ。うちのお座敷が忙しゅうてあの人は東京へ行ってしまいはった。
 ユミ:ウヘヘ、変な京都弁。
 エミ:だって、今度の映画「祗園の舞妓はん」のセリフの勉強をしてるのヨ。
 ユミ:そうか。京都弁っていちばん女性的で美しいけど、いちばん難しいわね。
 エミ:ほんまに難しいどっせ。
 ユミ:それでは映画「祗園の舞妓はん」の主題歌「加茂の流れに捨て扇」を
 二人:聴いておくれやす
となっています。
なお、エミ・ユミは私が独自に振り分けましたので、実際どちらがしゃべっているかは定かではありません。


LP一覧へ戻る