SKG-59
ピーナッツのザ・ヒット・パレード第4集
第1面
  1. ダンケ・シェーン
  2. ドミニク
  3. イスラエルの子守唄
  4. 東京たそがれ
  5. 悲しきカンガルー
第2面
  1. キャンディー・ムーン
  2. アモ・ソロ・テ
  3. ノン・ムッシュ
  4. あの日あの頃
  5. 二人だけの夜
編曲 宮川泰(第1面、第2面:1〜3、5)
三保敬太郎(第2面:4)
演奏 レオン・サンフォニエット

前作の『バカンスだよピーナッツ』がヒット・パレード第4集でしたが、今回のものもなぜか『第4集』になっています。
そしてこのLPからステレオ盤のみになりました。

「シャボン玉ホリデー」の一場面を思わせるジャケットでそれまでのアイドル・ザ・ピーナツツから脱却した大人の雰囲気が漂います。

選曲もなかなか渋い内容で「イスラエルの子守唄」や「アモ・ソロテ」は親交のあったカテリーナ・ヴァレンテも取り上げているものなので、それをお手本にしたと考えてもよさそうです。
「東京たそがれ」なんかはそれまでのピーナッツのイメージとはずいぶん傾向が違うなと最初聴いたとき思いました。

「あの日あの頃」は作詩:前田武彦 作曲:三保敬太郎
「二人だけの夜」は作詩:秋元近史 作曲:斎藤太郎

と言うことでシャボン玉ホリデーのスタッフ側の人たちに作ってもらったものらしい。
思うに、彼らは一度ピーナッツの歌を作って見たかったんじゃないかと。
どちらも夢のあるさわやかで清純な歌と言う印象で、ピーナッツ以外にこういう歌は歌えないと思われます。


LPレコード一覧へ戻る