明日になれば/ザ・ピーナッツ《ステレオ盤》 SS-152

SEVEVTEEN SERIES/33r.p.m.
第1面
  1. 明日になれば
  2. 悲恋
第2面
  1. 花のささやき
  2. 天使のためいき

当時の定価:450円
1966年

いつもはじっとポーズを決めてるものが多かったジャケットも、今回のは動きがあって二人の表情も素敵ですね。
これもピーナッツのベストショットの一つで大好きなものです。
収録曲はオリジナルが一曲、後は全部ヨーロッパのカバー曲になってます。
ウィルマ・ゴイック、フランス・ギャルのヒット曲は時を経た21世紀にまで頻繁に耳にする曲で良い歌と言うのは残るもんだと実感。
ピーナッツの歌唱はオリジナルや他の日本人カバーとは同類に出来ないでしょう。
ピーナッツならでは!の出来栄えです。
これらの4曲はCDで聴くことが出来ます。
良い音で是非聴いて欲しい。
1960年代半ばの日本のポピュラー界の動向を端的に表したベスト4曲だと思いますよ。



コンパクト盤一覧へ戻る