ザ・ピーナッツとは・・・

昭和34年(1959年)“可愛い花”でデビューし昭和50年(1975年)「良い状態の時に惜しまれながらカッコよくやめたい」と綺麗さっぱり引退してしまい、文字通り伝説となった歌手。

約16年間の歌手活動は日本の歌謡界の一時代を担うとともに、テレビ草創期の象徴的存在、映画“モスラ”での“小美人”役など、まさに日本の芸能史を語るに置いて欠くことのできない活躍をしてきました。

また、ドイツを中心とした幾度にも及ぶ海外公演、外国でのレコーディングなど、決して日本的エキゾチシズムを売り物にしない戦略で高い評価を得、本当の意味での国際級スターとしての地位を築きました。

引退後もその歌声、スタイルは幅広い世代に支持され続け、毎年のようにCDが発売され続けている“現役”歌手。

その永遠不滅の魅力をザ・ピーナッツと同世代はもちろん、新しく興味を持たれた方にも知ってもらおうと言うのが☆ピーナッツ・ホリデー☆です。



トップへ戻る