KICS-2305
ザ・ピーナッツ・カヴァー・ヒッツ ナオミの夢

kics-2305.jpg

1999年5月28日発売

  1. ナオミの夢
  2. あの素晴らしい愛をもう一度
  3. また逢う日まで
  4. さすらいのギター
  5. 結婚しようよ
  6. 手紙
  7. 四つのお願い
  8. 許されない愛
  9. さよならをするために
  10. 北国の青い空
  11. 知床旅情
  12. 恋の衝撃
  13. 京都の恋
  14. 愛の終りに
  15. 愛の泉
  16. 終着駅

昭和45.46年頃にヒットした歌謡曲のカヴァーを歌ったもので、解説にもありますが、当時アポロンの8トラのみで発売されたもののようです。8トラといえばカーステレオのはしりで、そういえば家の車を買い換えたときにも、こういうカーステレオが搭載されていました。たしか4チャンネルあってエンドレスで聴くことができたような記憶があります。

このCDは素晴らしいのひとことです。
16曲すべてがこの時代のヒット曲で、オリジナルの歌手にとっても代表曲なものばかりなのでそのイメージがかなり強く残っているんではないかと思いましたが、ただ歌ったというだけでなく、みごとに全曲ザ・ピーナッツの歌として消化されていると思います。単なるカヴァーにとどまっていません。ピーナッツ・ファンだけでなく、歌謡曲ファンの方にもお薦めの一枚です。

全部良いのですが、特に「あの素晴らしい愛をもう一度」「また逢う日まで」「結婚しようよ」「手紙」などはザ・ピーナッツならではの抜群のハーモニーも聴かれ、ピーナッツの歌として出しても良いくらいではないでしょうか。また「四つのお願い」はピーナッツにしてはソフトに歌っているようで、ちあきなおみとはまた違ったお色気も感じられます。

中学時代の個人的な思いが詰まっている朱里エイコさんの「恋の衝撃」をピーナッツが歌ってくれていたんだと思うと、こみ上げるものがあります。



CD一覧へ戻る